×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   へ 
▼へ
【ベア】
【平均能力キャラ】
【ベイグラントストーリー】
【兵士】
【ベイベベイベ】
【兵力】
【平和】
【平和主義者】
【ペガサスナイト】
【ペガサス3姉妹】
【壁画】
【HEX】
【べこ】
【ベタな設定】
【ベタなダンジョン】
【ヘタレ】
【別売り説明書】
【ベッド】
【ペネテラ・ジョバンニ】
【蛇】
【ベヒーモス】
【ヘビーユーザー】
【ベヒモス】
【ペプシマン】
【ヘラクレスの栄光】
【ベルウィックサーガ】
【ベルグバウ】
【ベルゼブブ】
【ベルセルク】
【ベルド】
【ベルトコンベアー】
【ヘルプ】
【便器】
【編曲】
【返事がない。ただの○○のようだ・・・】
【ペンシルロケット】
【変身】
【変身系ST異常】
【変装】
【ペンダント】
【変なカッコウだな】
【変な武器】
【便利ボタン】

●べあ【ベア】
ロマサガ2に登場した、帝国重装歩兵の第一席キャラ。
キャラの多いロマサガ2にて指折りのネタキャラとして君臨する。
見た目や名前からしてパーティの主砲及び壁となってくれそうなキャラ(クラス)だが
見た目より腕力がなく、見た目通り素早さがなく、体力やHPは格闘家やインペリアルガードといったクラスのほうが
優秀と意外と残念なキャラ。技の面でも剣が得意というが彼(等)以上に得意なクラスは沢山ある始末。
とただたんに弱いっぽいと言った感じでネタにされる・・・と思いきやそれだけ(?)ではない。
彼の代名詞とも言える技「パリイ」がネタっぷりに拍車をかけるのだ。
パリイとは剣の基本技で敵の接近攻撃を剣で打ち払う回避技。敵の攻撃を回避するだけである。
攻撃が最大の防御であるこのゲームのバランス的にイマイチな感じをかもし出すこの技を9割近くの
プレイヤーはベアに閃いてもらうことになる。そしてベア自体長剣での攻撃がいまひとつダメージ源にならないため
とりあえず前衛でパリイ!と構えさせる。健気(?)にパーティの囮か壁かになる姿がおもしろおかしく、
そしてかっこいいためここまでのネタキャラに成り上がったのだろう。
ベアにはパリイ以外の技を装備させるのは邪道!だの前衛はいつもベア!だのへんてこなこだわりを
持つプレイヤーまでちらほらいる。
ちなみに2chのロマサガスレ・ネタスレではベアの性格や性質も設定付けられているようで、
全クラス・キャラ中最高峰の能力を持つハンニバルやコウメイをライバル視してるらしい。
今日もどこかでドハデな仲間キャラの技を横目に敵の接近攻撃をいまかいまかと待ち構えるベアがいる。

☆関連語☆
インペリアルクロス ガラハド


●へいきん-のうりょく-きゃら【平均能力キャラ】
主に仲間が沢山出てくるRPGで、たまにいるキャラ。ごく稀にだが、普通のRPGでもいたりする。
能力的にコレといって強い訳でもなく、かといって弱い訳でもない。長所もないが、短所もない。覚える魔法も、様々な属性を万遍無く。
一見、万能っぽいが結局は中途半端である。


●べいぐらんとすとーりー【ベイグラントストーリー】
スクウェアより2000年に発売されたロールプレイング・アドベンチャー。
犯罪者シドニーを追って治安維持機関のエージェントである主人公アシュレイが
魔都レアモンデを部隊に奇妙な現象や様々な思惑が交差する戦いに身を投じる。
なんといってもベイグラといえばファミ通の編集者の評価であろう。
異例の40点満点評価を下されたことで有名である。
しかし実際のところ―もちろん、PS末期の作品としてのグラフィックや洗練された演出、
ストーリー展開などは評価相応の出来栄えを持つが―
敷居の高い複雑なシステムや松野監督独特のテイストなどから40点満点はちょっと間違いなのでは?
という声が当時非常に多かった。
ちなみにゲーム内容はバイオハザードのファンタジー版といった印象。
超巨大なダンジョン内で装備や能力を集め、探索しシナリオが進んで行く。
地下坑道や下水など暗がりのマップが多く、そういうところでゾンビ騎士や
即死魔法を放つ亡霊やチャッキーやら人面鳥などに出くわすので結構な不気味度を持つ。
また周回・やりこみプレイなども考慮されているのでハマる人はとことんハマる作品である。

☆関連語☆
松野 ファミ通


●へいし【兵士】
1)主に中世RPGに登場する存在。王城を守っている番兵か、
ラスボスを倒すために出兵して逆にやられている役立たずかの二種類が主。
仲間になるとたいてい重装備キャラ。

2)町の門番や城の中にいたりする事が多い。
敵の襲撃などが起こってもまったく役に立たず
ひたすら敵に倒されてるだけの場合が多く兵士の役目を果たせていない事
が大半である


●べいべべいべ【ベイベベイベ】
ペルソナ3の通常戦闘曲の通称。正式名称Mass Destruction。
外人のラップ・ディスコっぽいボーカルメイン。
相当オサレ。とりあえず聞いたら忘れられない中毒系の曲。

マス ディストラクション・・
ウゥイェイ、ダ・ザラッタッタ、ザラッタッタオゥ♪
ベイベベイベ、ダ・ザラッタッタ、ザラッタッターウゥ♪

          ,へ ● へ
   o    o    /           o
  オ   オ    \    ォ゚   オ
           //
ウゥイェイ、ダ・ザラッタッタ、ザラッタッタオゥ♪
ベイベベイベ、ダ・ザラッタッタッタートゥ♪
            へノ
   o    o     /        o
  オ   オ    ●     ォ゚   オ
           /  \
ベイベベイベベイベベイベベイベベイベベイベベイベベイベベイベ、
ベイベベイベベイベベイベベイベベイベベイベベイベベイベベイベ♪     
          \/
   o    o    \/            o
   K    k     ●      λ    K
            」
アァ〜ウゥ〜♪


●へいりょく【兵力】
1)RPGに登場する国や軍事組織が武力を示す際に語られる指数。
特に、兵士の数に関しては数万〜数百万程度であることが多い。
しかしながら、実際にその一部とエンカウントする機会があるゲームでは、
一般兵に関しては事実上無限大である可能性が高い。

2)SRPG、特にFEでは、ユニットと兵士が1対1対応してる場合が多く、
城内制圧までの兵力をカウントしても百人に満たない場合が多い。
しかし、どんな大国も、数人〜十数人の部隊で制圧できる。

☆関連語☆
軍隊 兵士


●へいわ【平和】
RPGの中で、かならずと言っていいほど失われるもの。


●へいわ-しゅぎしゃ【平和主義者】
RPGで出てきた場合、中ボス以上の敵か主人公の前で惨殺される役割の人。
プレイ開始から20時間以内に死ななかった場合は、まず敵となって現れる。
そんなときは、たいてい主人公よりも強く、おまえ平和主義者って嘘だろ!と突っ込みを入れたくなる。
ちなみに、グローランサー2では「平和主義で剣では主人公にとてもかなわない政治家志望の友人」が最後にラスボスとして登場。


●ぺがさす-ないと【ペガサスナイト】
翼の生えた白い馬に乗る騎士。FEをやっていると女の子しか乗れない様なイメージがある。
地形効果を無視するので移動力が高いが、地形効果のボーナスが得られないのが難点。
能力は素早さと魔法防御に優れ、弓に弱い。また、この職業のキャラは全員可愛い。

☆使用例☆
海に銀の斧を持った海賊がいるから_______のシーダに銀の槍を装備させて倒そうか。

☆関連語☆
トライアングルアタック


●ぺがさす3しまい【ペガサス3姉妹】
SRPGファイアーエムブレムのキャラクター。ドラゴンナイトミネルバに仕えミネルバが仲間にいる場合加入する。
第1作暗黒竜と光の剣、その続編に当たる紋章の謎、同時代の別な大陸の物語を書いたFE外伝、
サテラビューのサウンドリンクゲームであるBSファイアーエムブレム アカネイア戦記の4作に登場。(何気に一番登場作が多い)
その名のとおり飛行系ユニットペガサスナイトの姉妹でその容姿・性能から非常に人気が高い。

おしとやかな長女パオラ、しっかり者の次女カチュア、元気いっぱいな三女エスト
(いかんせん会話が少ないので受け取り方は人にもよるがここでは箱田版の漫画の解説より)
髪は順に緑のロング、青のショート、ピンクのショートと性格的、絵的にもバランスは取れている。

性能は高く、特に次女、三女は女性キャラのなかでもトップクラスの成長率を誇り、
さらには3人で敵の周囲を囲んだとき発動するトライアングルアタックは確実クリティカル(通常の3倍ダメージ)のため
同じ飛行系ユニットであるミネルバ、シーダの両王女の地位を危うくする。

その一方で、パオラとエストは騎士アベルを挟んでの三角関係、カチュアはマルス王子に横恋慕(ヒロインはシーダ)しており
恋愛関係に関してはかなり濃いものがある。(ストーリー上ではあまり触れられない)
前者二人にかんしてはEDで語られる「その後」やシリーズ間での相違もあり論争を巻き起こし、
カチュアについてもシーダ王女を謀殺するというゆがんだプレイヤーも出た。

☆関連語☆
シーダ ジェイガン ファイアーエムブレム


●へきが【壁画】
古代遺跡などにある。
世界の真理やら古代戦争やら破壊魔術やら超危険なバケモノ(ラスボス)やらが描かれている。
現実の壁画のように全員横向いてたり人間が棒人間だったりと雰囲気もばっちり。
薄暗い遺跡の中でたいてい恐ろしい事が描かれてあるので夜一人で見るとなんか異様な威圧感を持つ。

☆関連語☆
遺跡


●ヘクス【HEX】
SRPGなどで用いるマス目単位。

追記:Q、HEXって六角形のマスの事だけを言うと思ってたのは俺の勘違いでしたか?
A、隙間無く敷き詰めることが出来て、最も辺の多く(移動可能な方向が最も多い)、各辺への距離が等しい(各方向への移動距離が等しい)
図形として正六角形がありまして、それをSLGで使ってたわけで。だからヘクス。四角はスクエアとか枡とか呼ばれてた。
┌┐┌┐┌   そこで、MSX1とMSX2の信長の野望全国版ですよ。
┤├┤├┤   MSX1の画像能力の低さから、六角形を使うのが厳しかったのか(移植元は六角形)、
├┤├┤├   四角をずらして敷き詰めた、機能的にはヘクスと同じに扱えるスクエアマップ
┤├┤├┤   が登場。でも呼称は「ヘクス」のまま。ファミコン版も、この「四角ヘクス」だったかと。
ファミコンに採用とあっちゃ知名度アップです。
で、これが定着して、SLGで使う「升目」を形にかかわらず十把一絡げに「HEX」と呼ぶようになっちゃったんではないかと。


●べこ【べこ】
サンサーラナーガの世界における牛のこと
神聖な動物と扱われる一方、
肝を目当てに乱獲する人が絶えない

そして、お持ち帰り「牛丼」はクリア必須アイテムゆえ・・・


●べた-な-せってい【ベタな設定】
大抵のRPGはあてはまる、お約束のような設定達。
所謂「主人公の両親は死んでるor行方不明」「世界規模の宗教は実はペテン集団」
「主人公orヒロインには未知の力が宿ってる」「裏切る仲間は美形で強い」
「大昔に大戦争があった」「後半で頭角をあらわす第三勢力」など。


●べた-な-だんじょん【ベタなダンジョン】
進め方を知らないと永遠にループする「迷いの森」、
封鎖された街や城に入るための「下水道」、
巨竜や巨鳥がすむ「霊峰」、○○の神殿など。


●へたれ【ヘタレ】
1)能力がかなり低く、持っている技や魔法などもショボイ物ばかりでどうにも役に立たないキャラ。
レベルを上げても能力改善が期待できないキャラは仲間になってから永久的に二軍に落とされることも多い。
「こうすれば使えるようになる。あんたらの使い方が下手なだけ」と必死に擁護するプレイヤーもたまにいるが、
結局は多人数の「こいつより使える奴はいくらでもいる」という言葉に押しつぶされる羽目になる。
日本という国では、多数派の力の前に愛は勝てないのだ。

例:ナナリー(TOD2)、テリー(DQ6)、トラキア776以前のFEでの三枚目キャラの大半

2)ストーリー上ろくに活躍できないどころか、逆に醜態を晒し続けていくキャラ。
戦闘能力においては上記のヘタレよりもさらに絶望的であることが多い。
愛すべきネタキャラになるか、プレイヤーの憎しみを一身に背負うかは紙一重。
あの手この手で嫌なことから逃げようとするが、大抵の場合は酷い目に遭って反省する。
まれに死ぬ場合もある。

例:スノウ(幻想水滸伝4)、チャゴス(DQ8)


●べつうりせつめいしょ【別売り説明書】
サガシリーズの異色作アンリミテッド・サガの攻略本「解体真書」のこと。
ソフト同梱の説明書がさっぱり説明不足のためこう呼ばれる。
難解なシステムやゲーム内でほとんど説明がない技・術の解説など
ネット情報無しでアンサガをプレイする者には必携の書である。
真書のお約束として、イラスト集やベニー松山のオリジナル小説なども完備。
クソゲーとして投げ売りされたゲーム本体の方が安い場合も多い。
また表紙の白字タイトルの内「真」の字だけ赤色で印刷されており、
読み込んでいくとここだけ磨耗で消え失せる。
このため「解体 書」と呼称される事もある。

双方合わせてもかなりの安価で手に入るので、
ヒマな人はこれを片手にアンサガをプレイしてみると
今までの先入観がくつがえる……かもしれない。


●べっど【ベッド】
RPGの民家にほぼ確実にある家具の一つ。
調べると「休みますか?」と文字が出て無料で宿屋の代わりになるもの、
ただのインテリアにすぎないもの、の二つのパターンがある。
前者は主人公の家、山小屋、廃墟などによく見られる。
資金繰りに苦しむ序盤にうまく活用することで、宿屋代を節約することができる。
貧乏性が真っ先に覚える御用達ポイント。

補足:特例として、とあるRPGでは空飛ぶ乗り物として登場し、
プレイヤーを驚かせた。

補足2:某赤毛の少年が主人公のゲームでは一部女性キャラのこれに潜れたりする。
他人の家に無断であがった挙句、勝手にベットに潜り込み悶える様は
女神に選ばれた勇者ではなく、ただの変質者にしか見えない。

使用例:おひめさまのべ〜っど!


●ぺねてら・じょばんに【ペネテラ・ジョバンニ】
ストーリーには何も関係の無いチョイ役なのに何故か苗字と名前がついている謎の男。
名前の由来は1964年の東京オリンピックの自転車の選手という実在する人物。
糸井重里が、「ペネテラ・ジョバンニ」という名前(だけ)をえらく気に入ってしまったため、
マザー2のフォーサイドという町のパン屋の2階に居候していて、
砂漠で祖母の形見のコンタクトレンズを落とし、見つけてやると5年間使っている靴下をくれるありがた迷惑な男として登場させた。
当の本人はゲームに名前を使われたことなど知る由も無い。


●へび【蛇】
現実世界にも存在する動物。RPGでは主にモンスターとして序盤から終盤まで幅広く使われる。
極普通の蛇、猛毒を持っている、身体の一部分、あるいは半身が蛇と同化している合成獣、
頭が2つにも3つにも分かれているなどなど、見た目が複雑なほど強い。
邪悪の象徴でもあるため、「蛇のように残酷」などと形容に用いることもある。

しかし古代史を見ていくと蛇はむしろ神聖な生き物として崇められることも多かった、
日本では古くから「白蛇は神様のお使い」と言われたりしたし南米の3大文明(マヤ、インカ、アステカ)の神話には
必ずケツアルコアトルあるいはククルカン等と呼ばれる「翼持つ蛇神」が登場する。
ギリシャ神話でも医術の神アスクレプオス(へびつかい座のモチーフ)は一匹の蛇が巻き付いた杖を持った
姿で描かれこの「アスクレプオスの杖」はWHO、世界保健機関のシンボルマークにも使われてる。
同じくギリシャ神話のヘルメスは二匹の蛇が巻き付いた「カドゥケウスの杖」を持つとされる
(こちらの杖は現代では商業のシンボルとして使われている)


●べひーもす【ベヒーモス】
1)ベヒモスの項を参照。FFなどスクウェア作品ではこの呼び方が主流である。
ちなみにサガフロでは銃の名称として登場する。

2)LIVE A LIVE SF編に登場する地球外生命体。
惑星マシーナから軍関係者のダース伍長の管轄のもと、宇宙船コギトエルゴスム号で地球へ搬送される。
しかし航行途中に檻から脱走。船内をうろついて乗員たちを襲う。
SF編ではこの危機的状況を打開すべく、プレイヤーは主人公キューブを動かして船内を奔走するのであるが、
こいつに接触すると問答無用で即ゲームオーバーという仕様にもかかわらず、
必ず行かなければならない部屋の前で待ち構えていたり、塞がれた通路でこいつと二人きりにされたり、
イベントでいきなり物凄い勢いで突進してきたりするので多くのプレイヤーを恐怖に陥れた。
このため経験者にLALで怖いものは? と聞くと、大抵はベヒーモスか近未来編の液体人間のどちらかが返ってくる。
なお、最期はダース伍長によって倒される。

☆関連語☆
LIVE A LIVE LIVE A LIVE SF編 恐怖シーン デストラップ なあ‥‥そうだろ 松ッ!!


●へびーゆーざー【ヘビーユーザー】
ゲームを生き甲斐にしている人たちのこと。悪く言えばゲーオタ。
古くからゲームを続けている者が多く、その分ゲームにかける情熱、知識量、ゲームに費やす時間は半端ではない。
中には自らのプレイに異常な難易度を科して、普通じゃ考えられない記録を出す人までいる。(レベル1の主人公一人でラスボス撃破など)
素人のクセに妙にプロ意識みたいなのを持ってる奴が多い。
大抵ライトユーザーに敵意のようなものを持っており、やれ「知識不足」だの「こんなのもクリアできないの?」だのと罵倒したがるが
「そんなの覚えても何の役にもたたん」「そこまでゲームごときに熱中できないよ」等と反論されるとぶちキレたりする。

☆関連用語☆
ライトユーザー、ゲーマー、古参


●べひもす【ベヒモス】
ベヒーモス・ベヘモットとも呼ばれる。旧約聖書に登場するカバによく似た巨大な生物。
レヴィアタン(リヴァイアサン)の弟分で六副官の一匹に数えられることがある。支配領域は土星。
レヴィアタンは水界王アリトンの密命を受け、アラビア半島とアフリカ大陸を分断しシナイ山を孤立化しようとしたが、最強天使ミカエルにインド洋に追い込まれ封印されてしまった。
そのためベヒモスは兄貴分の敵討ちのため、ルシファー軍に参加したらしい。
中世ヨーロッパでは闇を支配する魔物と捉えられていたが、性格自体は温厚な魔物である。
ベヒモスをアラビア語読みするとバハムートになるため、
ベヒーモスとバハムートが同一作品内で別個に登場するのはおかしいというツッコミを受けることが稀にある。
(ちなみにスペルは バハムート…Bahamut ベヒモス…Behemoth)

☆関連語☆
バハムート、リヴァイアサン


●ぺぷしまん【ペプシマン】
FF9のラスボス、永遠の闇のこと。
その全身筋肉&銀色のメタリックな外見が某有名コーラブランドの
宣伝キャラ「ペプシマン」にそっくりなためこう名づけられた。


●へらくれす-の-えいこう【ヘラクレスの栄光】
FC(1〜2)、SFC(3〜4)、GB(外伝)で計5作発売された、今は無きデータイースト社のRPG。
1作目発売は1987年。
タイトルにもなっているヘラクレスは
1作目と外伝で主人公、それ以外では仲間として登場。
ギリシャ神話をモチーフにしているが、全体的に妙な世界観を築いており、
戦闘中にキャラが叫ぶ、町の人が一言多い等独特の個性を持っている。
だが、1〜2作目、外伝は、殆どドラクエのパクリ同然のシステムな上に
戦闘のバランスが悪く、グラフィックもへぼいため
糞ゲーの名を欲しいままにしていた。
しかし、3作目のあまりにも衝撃的なシナリオが話題となり、
SFCの隠れた名作と呼ばれるようになった。現在もリメイクを望む声が多い。
ちなみに3作目以降のシナリオは、
後に■社に引き抜かれてFF7等を手がけた、野島一成氏が手がけている。
(余談だが、彼がいなくなった為ヘラクレスは5以降作られなくなった)


●べるうぃっくさーが【ベルウィックサーガ】
ファイアーエムブレムとの類似が問題になり、裁判にも発展した
ティアリングサーガ 英雄戦記の続編なのだが、ゲームシステムの面で前作とは大きく異なる。
例えばスクエアではなくヘックスに、味方と敵のターンが交互する同時ターン制、傭兵を雇うなど、
ファイアーエムブレムとの差別化をはかるためだと思われるが、このあまりの変更ぶりにファンは混乱し、
これに加え、ランダム性の高さ、良くも悪くもSFC時代と変わらないグラフィック等、突っ込まれる要素がふんだんに盛り込まれていた為、
発売当時は雑言罵倒があちこちから飛ぶとなった。
勿論、ドップリハマったフリークも存在する。
ちなみに、正式名称はティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ。


●べるぐばう【ベルグバウ】
第3次スーパーロボット大戦α、リアル系男主人公クォヴレーの前半の乗機。
女神転生シリーズのイラストライター、金子氏がデザインした。
正体はアストラナガンなんだが、その姿はどう見てもゴキブリ。
ロボゲー板では、ゴキブリの隠語として使われる。


●べるぜぶぶ【ベルゼブブ】
ベルゼブド、ベルザブル、ベルゼビュートともいう。
キリスト教ではサタン(ルシファー)に次ぐ強大な悪魔とされ、七つの大罪のうち大食を司るとされている。
その名は「蝿の王」を意味し、RPGではかなり高位の悪魔や昆虫系のモンスターとして登場する。
名前の通り蝿の姿であることが多く、上級魔法やステータス異常を伴う攻撃を得意とする。

元々はペリシテ人の神で、バアル・ゼブル(館の王)という名であったが、
ペリシテ人と敵対していたユダヤ人がベルゼブブ(蝿の王)と読み替えて貶め、(つまり直良をオナラと呼ぶようなもの)悪魔にされた。
そのため、後世ではその名の通り蝿の姿をしているという風に誤って伝わってしまった。

☆関連語☆
七つの大罪 悪魔 昆虫モンスター


●べるせるく【ベルセルク】
"熊の皮を着た人間"の意味。
英語のバーサーカー[Berserker 狂戦士]の語源となっている。
オーディンの加護の力で、たとえ傷を負っても神の力により死ぬ事はないとされた。
戦場では興奮でトランス状態なり、敵の攻撃をものともせず、
息の根を止めるまで狂ったように戦い続けるという。
そのため、獣の皮をかぶった姿か半獣半人の姿で描かれることが多く、
また戦いでは、熊に変身するという伝説も残されている。

☆関連語☆
バーサーカー


●べるど【ベルド】
ファイアーエムブレムトラキア776のラスボス。
ロプト教団のトラキア教区責任者。

・序盤〜中盤のボスで出てきても違和感無さそうな顔グラフィック。
・所詮、肩書きは偉そうでも中間管理職。
・ステータスは、一応ボスなのでそれなりの能力を有している。
・装備している武器が、闇の基本魔法である「ヨツムンガンド」。
・専用武器「ストーン」(喰らうと石化状態になる)も所持しているが、石化状態を回復できる杖がある。
・魔力をあげたティナの「シーフの杖」で武器を奪い丸腰にできる。
・そして、このマップに出てくる魔戦士ツヴァイの方が遥かに強い。

たいていの場合は武器を全てシーフの杖で奪われて
捕獲→解放または無抵抗状態の彼を好きなキャラで殺される「期待はずれのラスボス」


●べるとこんべあー【ベルトコンベアー】
ベルトを架け渡した複数のローラーを回転させることで、上に乗せた物を運搬する装置。
ダンジョンの仕掛けとして多用され、ここに乗ったキャラや物体は一定の方向へ自動的に運搬される。
スイッチを切り替えることで流れの向きを変えたり、起動・停止したりする。
主に工場などの人工的な施設に存在するが、似たような機能の仕掛けは様々なダンジョンで見受けられる。
(矢印床、水流、吹き付ける風など)


●へるぷ【ヘルプ】
システム。アイテムや魔法、メニューコマンド等の説明の表示。
画面下方、上方、また項目に合わせてセレクトボタンや短時間待つなどで表示される。
昔は単にアバウトな効果・機能説明だけだったがPS世代以降、ちょっとした設定なども
伴って表示される事が多くなった。
またアイテムなどではたまにウケ狙いのはっちゃけた説明なども多い。


●べんき【便器】
1)トイレが存在することがほとんどないRPGの中では、
見受けられることが少ない稀有な存在。
ある意味、天然(?)記念物。

2)「女神異聞録ペルソナ」の「ブキミちゃん」、「はなこさん」の事。
便器のグラフィックというコミカルなフォルムとは裏腹に
複数体での即死魔法の連発は知らない人間にはトラウマになること請け合い。
ゲーム中で初めての全滅がここである人間は多いであろう。
このゲームにおける最初の難関であるのは間違いない。


●へんきょく【編曲】
一つの楽曲を元に楽器やフレーズを変え別の楽曲を作ること。
RPGではラストダンジョンやラスボス戦がメインテーマや主題歌の編曲であったり、
強敵と戦う際のBGMがその敵のテーマ曲の編曲である場合がある。
またゲーム内で使われるかなりの数の音楽が一つの曲の編曲であるという、
めずらしいものも一部存在する。


●へんじがない。ただの○○のようだ・・・【返事がない。ただの○○のようだ・・・】
最初はDQでお骨やご遺体に話しかけた時に必ず聞ける名ゼリフだったが
最近はご遺体以外の物を調べても聞くことができ、その場合は○○の部分が変化する。
例:返事がない。ただのかかしのようだ・・・
最近は他のゲームにパクられつつあり、スクエニ社以外のゲームでもまれに聞くことがある。
また某巨大掲示板サイトのデフォルト名無しでも使用されている

☆関連語☆



●ぺんしるろけっと【ペンシルロケット】
MOTHER1〜3に登場する攻撃用アイテム。
1・3においては大した威力は無いものの、
2では鬼のような威力を持つ攻撃手段へと変貌。
大抵コレを連発していれば楽に勝ててしまうため、
マザーファンによくネタにされているバランスブレイカー。

また、ペンシルロケットを仲間内で唯一使うことの出来る「ジェフ」は
基本パラメータが軒並み低い上にこれを発射する以外に特にやる事が無く、
「ペンシルロケット要員」「発射台」と呼ばれたりして良くいじられている。


●へんしん【変身】
1)主にボスキャラが行うパワーアップの手段。
大抵は変身前よりかなり強くなるが、稀に変身後の方が弱い者もいたりする。
ラスボスが変身すると背景やBGMが変わったりして演出上かなり盛り上がる。
しかし、ここ数年のRPGのラスボスは変身しない者も多く、
期待していたプレイヤーをガッカリさせる場合も。かと言って、
10回、20回も変身されてもそれはそれで困る。

2)RPGにおいてキャラが別の姿に変身すること。
主に敵側のキャラクターが真の姿を現す、などの場合に使ってくる場合が多いが、
味方側も使う場合がある。
@キャラ性能大幅アップ (サガフロのレッド、WA2のアシュレー、BOFのリュウ)
Aキャラ性能変化 (FF7のヴィンセント、ラ・ピュセルのエクレール)
B制限付きでキャラ性能アップ (FF6のティナ、幻想水滸伝2のボブ)
@の場合、使用するキャラは問答無用で強力になる場合が多いため、
大抵は主人公が使用することになる。
A、Bはそこまで強力にならない場合が多いため、主役以外のキャラも使用する。
が、その分変身させる機会も少なくなるため、「変身後の姿を見たことがない」という
事態も起こりうる。時々でいいから変身させてあげてください。

3)姿、形が変わり、パワーアップすること
最近のラスボスが変身し、パワーアップするのは常套手段
RPG初出は多分ドラクエ1の竜王
FC版ドラクエ4のデスピサロ変身シーンは当時感動したものだ
ワイルドアームズ3のラスボス ネガ・フラルガイアは変身しすぎ(10段階)でうっとうしい感じがある

☆関連語☆
ラスボス、中ボス、大ボス、パワーアップ


●へんしん-けい-すてーたす-いじょう【変身系ST異常】
キャラクターの姿形が全く別の存在に変わってしまうST異常。
例)
FF カエル、豚、カッパ
マリオRPG キノコ
アークザラッド ヘモジー
風来のシレン おにぎり

技や魔法のほとんどが使い物にならなくなったり、能力値が大幅にダウンしたりと、(あるいはその両方)
他のST異常と比べても凶悪な効果を持つものが多い。
しかも、不利なST異常の場合は確実にマヌケな外見になってしまうので、ある意味最悪の状態変化である。
ただし、広義では竜化や透明化もこれに含まれる。

☆関連語☆
竜化魔法 豚 カエル ステータス異常


●へんそう【変装】
姿や服装を通常と変えること。
敵地に潜入するのに敵の目をごまかしたり、表立って協力できない相手に力を貸したり、
密かに味方の命を狙っていたり、RPGでの用途は色々ある。
特殊なアイテムや装備品を使用していることが多いが、実際のグラフィックが変化することは少なく
またグラフィックが多少変わったところで最も基本的な特徴が隠れていなかったりするので
「いやどう見ても同一人物だろ!」というツッコミをプレイヤーから受けることもしばしば。
仮面で顔を隠しているのに愛用の手甲は着けたまま、という間抜けな諜報部員も世の中には存在する。


●ぺんだんと【ペンダント】
1)宝石などを金属の鎖につなげて首にかける装飾品。
RPGにおいては重要アイテム率が非常に高く、
生き別れの肉親かどうかの判別に使われる事もしばしば。
また、テイルズオブシンフォニアの「父のペンダント」に至っては、
所持しているとそこに矢が刺さって主人公の命を助けるというベタベタな役割まで果たしている。

2)紐やチェーンで首からぶら下げて使う装身具。
装備品として登場することはあまり多くない。
RPGで同じペンダントを身に着けているキャラクター同士は
高確率で生き別れの兄弟である。

☆使用例☆
その____はもしかしてお兄様!?


●へん-な-かっこう-だな【変なカッコウだな】
異国や異世界などを訪れたときに、その土地の世界観や住人の感覚を一発で表す便利な台詞。
主に、住人達が主人公達に向けて使用する。

“この言葉を発した人物の感覚で”変、という意味で使われるのだが
プレイヤーの感覚からすれば「いや、お前のほうがよっぽど(ry」とツッコみたくなるのが定番。
もっとも、いずれにせよ主人公達の出で立ちは現存し得ない変な恰好であることが多いのだが。


●へん-な-ぶき【変な武器】
RPGの世界には変な武器を使っている人がいっぱいだ。
例えばパワータイプのキャラが好んで使う鉄球は、たとえ怪力の持ち主でも構造上非常に使いにくい。
他にも構造の面でどう考えても使いにくい武器はたくさんある。
それどころか日用品や調理器具など明らかに武器では無い物で戦う偉人までいる。
しかもそれが意外に強かったりするのである。RPGの世界は謎に満ちている。


●べんりぼたん【便利ボタン】
ドラゴンクエスト5で初登場したボタン。元祖はSFCのXボタン。
DQでは一々コマンドを選択する必要があった「はなす」「しらべる」を、
ワンボタンで全て処理してくれるという正に便利なボタン。
これによって、プレイの快適さが格段に向上した。
現代のRPGではワンボタン処理は常識だが(昔のFFもだが)、当時はかなり歓心されていたものだ。


戻る