×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

    ほ
▼ほ
【ボイスのオン/オフ】
【ホイミン】
【棒】
【防衛システム】
【崩壊後】
【崩壊した東京】
【ボウガン】
【方眼紙】
【忘却】
【忘却の洞窟】
【防御】
【防御攻撃】
【防御戦法】
【防御力】
【防御力無視】
【防具】
【防具派】
【防具破壊】
【防具屋】
【房ゲー】
【方言】
【冒険の書】
【方向音痴】
【謀殺】
【帽子】
【宝石】
【宝石泥棒編】*
【防戦一方】
【暴走】
【坊や】
【放浪者】
【ポーキー】
【ポーション】
【ポーション皇子】
【PAUSE】
【ボーナスモンスター】
【ボーパルバニー】
【ホームシック】
【ポーラ】
【ホーリー】
【捕獲と解放】
【北欧神話】
【木刀】
【ボクと魔王】
【ほくろ】
【ポケダン】
【ポケットステーション】
【ポケモン】
【ポケモンカードGBシリーズ】*
【ポケモン商法】
【ボケ老人】
【祠】
【星】
【補助効果抹消】
【補助魔法】
【星をみるひと】
【ボス】
【ボス、イベント放置】
【歩数】
【ボス戦】
【ボス戦開始直後】
【ボス戦のBGM】
【ボス耐性】
【ボスと一緒に戦う雑魚】
【ボストン】
【ボスに追いかけられる】
【ボスのHP】
【ボス部屋】
【ボスまでの道のり】
【ボスラッシュ】
【ボスリサイクル】
【補正】
【ボタン連打】
【墓地】
【ボツイベント】
【没収】
【坊ちゃん】
【ポップ】
【ポテトチップス】
【骨】*
【炎装備】
【炎属性】
【ホビット】
【ポポロクロイス物語】
【ホムンクルス】
【ホモ】
【ホモリオ】
【ホラーチックなダンジョン】
【ポリゴン】
【ボルタック商店】
【ボルトアクス将軍】
【滅び】
【本】
【本拠地】
【本体破壊】
【本棚】
【盆地】
【本当のシミュレーションRPGの何たるかを教えてくれるわ!】
【本編】

●ぼいすのおん/おふ【ボイスのオン/オフ】
最近の音声付きゲームのオプションなどで設定されていることもある項目。
文字通り、キャラクターの音声を付けたり、消したりする。
音声をオンにすれば、山場の臨場感も盛り上がるがディスクの読み込み回数が増える。
どのゲームにもある項目かと思えば、ないゲームも多々存在する。

文章を目で読んでゲームをする人にはありがたい項目かもしれない。
キャラ毎に個別に設定したり、まとめて設定する。


●ほいみん【ホイミン】
DQ4第1章に登場する、人間になりたいホイミスライム。
魔法を使えない戦士ライアンの相棒的存在となり、ホイミで援護してくれる。
なお、彼はDQシリーズで初めての「仲間モンスター」である。
5で仲間モンスターが重要なシステムとして導入されたのは、彼が好評だったからだろう。
5でもホイミンを仲間にしたいがために神の塔で何時間も粘ったのは、私だけではあるまい。


●ぼう【棒】
1)武器の一種。リアルでは6尺(180cmく前後)ほどの均一の太さの棒をくるくるまわしたり槍のようについたり
なぎ払ったり防御に使ったりする。棍棒と呼ぶ地方もある。これが短くなると杖と呼ばれたりするらしい。
中国では棍と呼ばれ節アリでヌンチャクもこれの一種になるとか。
松野作品のFFでの登場が印象深い、が他作品では槍と見栄えがかぶってたり打撃武器はメイス系やらにとられたりで
あんまり人気がないみたいでなかなかお目にかかれない。
アジアンファンタジーの大御所「西遊記」の主役格が使ったり武術として確立してたりするのだが・・。
ヌンチャクよろしくアジア風味(武術系)の武器は西洋世界観が使われやすいRPGではしっくりいかないようだ。

2)棍とも呼ばれる。幻想水滸伝1の主人公の武器であり、他にも使用キャラが同シリーズに多数登場する。
中国系のゲームに登場する確率が高いのは、中国では昔から王者は刃のついてない武器を使うべき、
という信念があることで使われる機会が多いかららしい。RPGとは直接関係ないが、
鉄拳チンミという漫画ではこの武器が活躍するところを存分に見ることができる。

3)一般的なRPGではクォータースタッフが六尺棒と訳される事が多いが厳密には違っている。
クォータースタッフの名前は持ち方に由来すると言う説や、
木を切り分ける方法に由来すると言う説などがあるが六尺棒は純粋に長さである。
しかし形状や使用法などが似ている事から現在ではクォータースタッフ=六尺棒で定着している。
ちなみに日本において棒は長さにより呼び名が異なり中指の先から手首までの物を「手切棒」、
中指から肘までの物を「肘切棒」、地面から腰までを「腰切棒」、地面から乳首までを「乳切棒」、
地面から耳までを「耳切棒」、そしてそれより長い物を六尺棒と呼ぶ。

☆関連語☆
ヌンチャク


●ぼうえい-しすてむ【防衛システム】
対象物を防衛するための全自動トラップ…というか全自動ガードマン。
対象物は、建物、宝、プログラム、秩序全般等と幅広い。
防衛手段は専ら、敵対者の破壊による秩序回復に尽きる。
ビジュアルはやはりメカニカルなものが主流。
時には中ボスやラスボスにまでなってしまう存在だが、独創性が無いためか、
意外に苦戦はするけれど印象には残らない。という位置に収まる事が多い。
セキュリティチェック・・・エラー。からのコンボは誰かはどこかで経験しているだろう。
また、稀に落とし穴等、本当のトラップに終始する場合もある。当然ネタにもされない。


●ほうかいご【崩壊後】
FF6で世界が崩壊した後のことだが
ここではストーリー終盤でマップや音楽などの雰囲気が変わってしまった状態を指す。
街などに行けなくなったり暗い音楽になったりするなどあまりいいことはあったりなかったり。


●ほうかい-した-とうきょう【崩壊した東京】
RPGの舞台としてはそこそこの頻度で出てくる。
東京といっても東京タワー等の名所や地名が申し訳程度に使われているだけの場合が多い。


●ぼうがん【ボウガン】
【クロスボウ】の別称。
と言うか【ボウガン】は和製英語で、正式名称は【クロスボウ】の方らしい。
RPGではしばしば【ボウガン】として登場する、威力の低めな武器。

しかし実際のところは【弓】と同程度の殺傷力があり、
固定出来ない場所で弦を引くにはかなり力も要る。
「非力タイプのキャラが良く装備している」というイメージはクロノトリガーのマールが起因か?

☆関連語☆
弓矢、クロスボウ、弓兵


●ほうがん-し【方眼紙】
現在では学校の授業でしか使う機会が無い人が多いだろう
主にwizなど3DダンジョンRPGでオートマッピングなどという便利な機能が存在しなかった頃の必需品。
かなり大きめのサイズの方眼紙を使用する。
自らの手でまっさらな方眼紙を1マスずつ埋めていくので、コンプリートにはかなりの根気が必要。
ゲームの説明書に方眼紙マッピングのやり方が書いてある場合もあった。
空白の方眼紙が段段と埋め尽くされ、自らの手で少しずつダンジョンの姿が見えていく工程は
まるで自分が本当に冒険しているかのような感覚を味あわせてくれたものだ。
方眼紙を何枚も使い、全ての階層を埋め尽くしたときには、言いようの無い喜びがある。
「近頃のゲームは便利さと引き換えに失ってしまった物が多いのかもしれない」
こんなことを言うと懐古ウザイと言われるので胸の内に秘めときましょう


●ぼうきゃく【忘却】
WILDARMSシリーズの状態異常。戦闘後に経験値が入らなくなる。
気づかずに進めてしまうと悲惨な目に・・・。


●ぼうきゃく-の-どうくつ【忘却の洞窟】
入るたびに中の魔物や宝が変わる冒険者涎垂の自然洞窟
1チャプターに一度だけ出現し、一度入って出ると消える
マイティチェックや金の卵などが手に入ることもある
また、魔物ばかりを集めた特殊な例もごくまれに出現する
序盤で場違いなほど兇悪な力を持った魔物が出現することもあり、
侵入の際には注意が必要である。

追記:VPに登場する


●ぼうぎょ【防御】
装備している武器や盾、もしくは素手などで防御姿勢をとる。
勿論、これをやっている間は攻撃は出来ない(カウンター技などの例外あり)。
たいていのRPGでは「敵の打撃攻撃で受けるダメージを減少」するが、
物によっては打撃はおろか魔法攻撃のダメージも減少できたり、
防御力だけでなく回避率も上昇したりすることがある。
死にそうなキャラには防御させておいてから回復を行うと危険度を下げることができる。
他にも、ボス敵の攻撃パターンに合わせて、
強力な攻撃が来るターンには全員防御を行ってダメージを抑えたり、
そのキャラに何もさせたくないときに使ったりする事が多い。

☆関連語☆
身を守る、ガード、防御攻撃


●ぼうぎょ-こうげき【防御攻撃】
FC「ドラゴンクエストV」の戦闘中のコマンド入力において防御を選択後Bボタンでキャンセルしてから
行動させたい行動を選択すると、そのターン中は防御状態でありながら行動できるというもの。
これにより敵から受けるダメージを抑えつつ攻めることが可能となる。
ただしパーティ最後尾キャラの行動を入力するとそのターンの戦闘が開始してしまうため最後尾のキャラは
この恩恵を得ることができない。本項は4人パーティ時のもの。

追記:別ゲームにも類似したものが存在し、防御戦法やキャンセル技とも呼ばれる。

☆関連語☆
キャンセル技


●ぼうぎょ-せんぽう【防御戦法】
ダメージが大きすぎて攻めていてはやられてしまう場合にとる戦法。
防御のみを考えた装備、自動回復、防御魔法に防御コマンドを駆使して全滅をさける一方、
毒のダメージやカウンター、敵の攻撃の反射などで少しずつ削ってゆく。
積極的な攻撃はしないため長期戦になる場合が多く、長時間安定して行える回復手段は必須。

基本的にやり込みなど特殊なプレイでもなければ使用する機会もめったにないが、
敵が硬すぎる場合などで防御に徹し、毒のダメージに期待する状況もありうる。


●ぼうぎょ-りょく【防御力】
RPGの代表的ステータスの一つ。
キャラの打たれ強さを表し、この数値が高いほど物理攻撃からのダメージを軽減できる。
基本的にキャラ自身の打たれ強さに防具の耐久力がプラスされたものが適用される。

☆関連☆
守備力、防具


●ぼうぎょりょく-むし【防御力無視】
防御力を無視してダメージを与える攻撃の事。ドラクエの会心の一撃や、
FFのはりせんぼん・メテオといった特殊な攻撃や一部の強力な攻撃で適用される事が多い。
また、魔法防御という概念があるゲームではほぼ全ての回復魔法がこれだったりする。

追記:相手の防御力を0で計算する技、武器など。
攻撃力自体は低かったりするが、相手の防御力に関係なく
ダメージを与えられるのは魅力。
HPは低いが防御力がクソ高い、というような敵に特に有効。
クリティカルヒットがこれに該当する作品も多い。
かなり便利のようであるが、たまに

『防御力』は無視だよ。
でも『耐性』は無視できないから、物理ダメージ75%軽減な!!
まさに外道!!

・・・なんていうのもあったりするので油断は禁物。


●ぼうぐ【防具】
冒険する上では欠かせない装備品。装備すると(魔法)防御力・(魔法)回避率が上昇する。
盾・兜・帽子・鎧・服・ローブ・小手・具足・靴など様々。
重装・軽装かで装備できる防具のタイプも変わってくる。
防具屋で購入、宝箱から入手、敵が落とすなどして入手する。
防御力だけ見るのではなく、属性・追加効果も考慮して身の守りを固めたい。

新しい町にやって来た時、ズラリと店頭に並べられている防具達。
武器よりも値段が低く設定されているとはいえ、
頭から足まで幅広いが故に、結局武器よりも金がかかってしまうことも。
そんな時は、まず防御力の高い「鎧」系統の防具だけでも新調しておきたいところである。

某RPGにおいては、重量の大きい防具を装備すると
回避率などのステータスに影響を及ぼすが故に、
なんとも微妙な立場に立たされてしまった。・・・防具屋が可哀想である。

☆対義語☆
武器 

☆関連語☆
防具派 防具破壊 防具屋 兜 帽子 フード 具足 靴 鎧 全身鎧 服 盾 ガントレット 裸 防御力 魔法防御力


●ぼうぐ-は【防具派】
金銭的な事情で武具を全て揃えられない場合、防具から買い換える人や
守備・回復の技能を真っ先に覚えようとする人、守備中心の戦術を好む人を指す言葉。
防具派的なプレイをすると全滅の可能性が下がり安定したプレイが可能になる。


●ぼうぐ-はかい【防具破壊】
味方が覚えても大して使えないのに、
敵に使われると泣きたくなるスキルの代表

ただし武器破壊なら味方でもわりと使える。


●ぼうぐ-や【防具屋】
街で防具を売っている商人。
金属製の鎧など、いかにも頑丈で身を守れるわかりやすいアイテムはもちろんのこと、
力がレベルの低い戦士を陵駕していても「非力だから重いものは身につけられない」とほざく魔法使いのため、
魔法や特殊な素材で身を守ることができる服やローブなども扱えなくてはいけない。
レオタードなどのアイテムを「着せてあげる」防具屋も存在する。どのように着せたのかは不明。
一般に接客業という仕事は臨機応変な対応が求められる職種であるが、
一人で身につけることが不可能な鎧という納得のいくものから女性の肌に密着する衣類まで、
このように機械的、画一的な対応をとることで、
スケベなプレイヤーという一部のお客様のハートをつかめる職業でもある。

☆使用例☆
いらっしゃい。ここは___だよ。

☆関連、類似語☆
武器屋、道具屋、よろず屋(武器屋、防具屋、道具屋全てを兼ねた店)


●ぼう-げー【房ゲー】
ぐぐっても出てこない謎の単語。そのため発生時期、使用地域も不明である。
およそ以下のような特徴を持つ作品のことであると言う。
1□固有名詞に格好のよい単語を多用したため、結果としてユーザー側には「安易なネーミング」と思われてしまい、深みを感じさせられない作品。
2□キャラクターデザイン、およびイベントが「萌え」や「燃え」あるいは「流行」に流されすぎてしまった作品。
3□システム周りが実は他社作品の模倣であり、しかもオリジナルより劣化している作品。
4□いわゆる「クリア後のおまけ」が充実している反面、本編の出来に粗が目立つ作品。
・・・むろん、これらはすべて主観によるものであり、他者と意見を同じくするものではない。
しかし自分の主観を他者に押し付けなくては気がすまない人がいる。いわゆる「厨房」と呼ばれる人種である。
そして彼らがプレイするゲームと言うのは、上記条件を備えたと(彼らが)思い込む作品が多い。
「このゲーム、厨向けの糞だな」とか嬉々として書き込んでる者は、かえってモニターの向こう側からは「そんなものをやってるお前が厨だ」と思われていることに気づいていない。

☆関連用語☆
トライエース、ナムコ、スクウェアエニックス、信者


●ほうげん【方言】
1)各地で独特な口調を表す言語。
RPGでは何故か関西弁が使われることが多い。次に多いのは東北・九州あたり。
関西弁をしゃべるキャラは、例え美形であっても
ムードメーカーだったり、お笑い担当だったりして、
にぎやかなイメージのキャラが多く、物静かなキャラはほとんどいない。
これも関西地方の人々の人柄のせいだろうか。ちょっと先入観が入ってる気がする。

2)世界中を旅するRPGなら色々な方言があるはずだが、標準語オンリーのRPGの方が多い。
世界中で一つの言語が使われている、というRPGが圧倒的多数なので、
方言がない方が自然なのかもしれない。
関西弁は商人orお笑い系のキャラ、東北弁は田舎者キャラが使うことがある。
前者はともかく、後者はちょっとまずい気がしないでもないのだが、
DQのような大作RPGでもよく使われる。東北のプレイヤーの皆様の心境はいかばかりか。

3)RPGの世界は言語が統一されているのが普通だが、それでも訛りは存在するようだ。
だが、「〜だべ」など北海道・東北弁の比率が異常に高いのは何故だろうか?

追記:商人系のキャラが関西弁を喋る(BOFのマニーロ)
モンスターが名古屋弁を喋る(ロマサガ2)


●ぼうけん-の-しょ【冒険の書】
DQでのセーブの名称。ファミコン時代はたまに消えたりした魅惑のセーブ。
わざと消そうとしてカセットを叩きつけても案外消えず、本体にささっている
状態の時ちょっと足で引っ掛けたりした時の方がしっかり消えてくれたりもした。


●ほうこう-おんち【方向音痴】
3DダンジョンのRPGをプレイする上で最大の敵。自分自身。
特にWIZ系は相性が悪く、プレーヤーを苦しませる足枷。
プレーヤーの嗜好に関係なく、特定のゲームを楽しめないという点では、
3D酔いにも似ている。
また、3Dダンジョンに限らず、マップ非表示の洞窟や砦や、
ワープポイントが連続する場所ではパニックに陥ったりもする。

☆使用例☆
「そこは右だろ? なんで真っ直ぐ進むんだよこの____」
「わかんねんだよこの馬鹿!!!」


●ぼうさつ【謀殺】
1)陰謀に巻き込む形で人を殺すこと。これを行う大まかな理由としては
・自身のライバルである人物を消して自身の立場を向上させる為。
・自分にとって何らかの不利益な情報を握っている人物の口封じをする為。
・何らかの見せしめとする為。
などがある。
相手を何らかの方法で油断させている事が多く、暗殺の一種の形態でもある。
シナリオ的には重要な伏線やターニングポイントとなっており、物語の見せ場として重要である。

謀殺例
・FF6のレオ将軍(皇帝に化けたケフカによってナイフで刺される)
・FE聖戦の系譜のシグルド(アルヴィスの騙まし討ちによってファラフレイムで焼かれる)
・TOD2のスタン(息子達を人質にとられ、バルバトスに斬殺される)

2)用の無い人物にわざと死んでもらうこと。
主にサガシリーズで度々行われる。以下具体例。
・能力値の低い仲間を殺してアドベンチャーズギルドで交換する(サガ1)
・ゾクのはちまき4個入手のためそうちょうを4回殺す(サガ1)
・アイスソード入手のため、あるいは冥府に行くためにガラハドを殺してでもうばいとる(ロマサガ1)
・死の剣、死の鎧入手のため仲間キャラをデスの生贄にする(ロマサガ1)
・助けると嫌味を言われるので、いけにえにされた人を見捨てる(ロマサガ1)
・陣形修得・技能レベル底上げ・イベントの都合などのため皇帝をルドン送りにする(ロマサガ2)
・助けても褒美をくれない仕事なので、いけにえにされた人を見捨てる(ロマサガ3)
・仲間から外せないキャラをLP0にして強引に外す(ロマサガ2・3)
・アイスソード入手のため、あるいはサルーインの信仰値を上げるためガラハドから手っ取り早く奪い取る(ミンサガ)

これらを行うも行わないもすべてプレイヤー次第。
上級者になるほど謀殺を行う回数が多くなる傾向にある。

☆関連語☆
暗殺 サガシリーズ ルドン高原 ガラハド


●ぼうし【帽子】
防具の一種。兜が戦士やナイトなど重戦士にしか身につけられないのと違い、
シーフなどの軽戦士や魔導士なども身に着けることができる。
防御力は低いが、その分すばやさやMPなどをアップするなど各種特殊効果があることが多い。
また、「風の帽子」などのように道具として便利な効果を持つものもある。
装備箇所は違うが、靴と似た位置にある装備と言えよう。

☆関連語☆
兜、三角帽子、山彦の帽子、風の帽子


●ほうせき【宝石】
様々な色や形をした光る石。
しかし掘り出したばかりの原石はあまり光沢がなく、
磨いてこそ本当の輝きが生まれるもの。
アクセサリーの一部になっていたり、
アクセサリーそのものだったり、
キーアイテムだったりする。
種類は現実世界で言う誕生石のほかにもいくつかある。

☆使用例☆
これは我が家の家宝の__じゃ。

☆関連語☆
○○石


●ほうせきどろぼう-へん【宝石泥棒編】
聖剣伝説LOMのエスカデ編、ドラゴンキラー編と並ぶ中核シナリオの一つ。
美しい容姿と永遠の命、胸に核である宝石を持ちながらも
涙を忘れたせいで滅び行く種族・珠魅を巡るシナリオ。
(※珠魅は涙を流すことで自分の命を削るが、その涙からできた涙石で仲間を癒す)
物語のテーマは「相手を思いやる気持ち」である。

珠魅の一組・瑠璃と真珠姫と共に、珠魅殺し(=核の宝石を奪う)を重ねる宝石泥棒サンドラを追ううちに
珠魅はなぜ滅んだのか、サンドラはなぜ珠魅を殺すのかが次第に判明していく。
全シナリオ中で完結までの道のりが一番長く、アレクサンドルやフローライトなど
宝石にちなんだ名前が各イベントに付けられているのが特徴。
また最大の特徴として、完結イベント「ティアストーン」で今まで喋らなかった主人公が
一言だけだが喋るということが挙げられる。

ちなみにシナリオ担当は色々叩かれている生田美和氏だが、
この宝石泥棒編は話や設定が深く練られており、なかなか面白い。

☆関連語☆
聖剣伝説シリーズ エスカデ編 生田美和 ドラゴンキラー編 種族


●ぼうせん-いっぽう【防戦一方】
1、膠着状態の悪化版。毎ターン放たれる敵の攻撃で体力の大半を持っていかれ、
こちらのターンでは回復しか選択する余地がない状態。
魔法力か回復アイテムが底をついた時点で、決着がつく。
これもイベントかレベル上げで解決する場合が多いが、こちらの場合、
レベル上げで解決したなら単なるレベル不足だった可能性が高い。

2、敵の攻撃の激しさゆえに自分たちの回復と防御に手一杯で殆ど攻撃できない状態。
ボス戦で誰か倒された時などに起こりやすい。
そんな時はいっその事、倒れた奴を放置して攻撃に転じるのが最善の策だったりする。
その理由は、1つは「相手も瀕死で、死に物狂いである」場合が多いから、
もう1つは「そもそも勝てない相手である」場合があるから。
後者の場合にアイテム全て使い切ってしまうと激しく鬱。

☆関連語☆
負けイベント

☆使用例☆
いくら回復しても画面が真っ赤になるよ…__か…。


●ぼうそう【暴走】
プレイヤーに手っ取り早く敵キャラやモンスターが強くなった事を見せる為の演出。また、機械が制御不能になること。
RPGとは関係ないが、某チーム形式格闘ゲームにも多用される。


●ぼうや【坊や】
1.幼い男の子を親しんでいう語。江戸時代は男女両方に用いた。
2.世なれていない若い男を親しんで、または軽んじていう語。「いつまでたっても__で困る」

RPGにおいては2の意味で使われる事が多い。
クールな仲間が主人公をこう呼んだり
性格の悪い敵将が主人公の事を坊やと嘲る。
この手の発言をするキャラによっては
キャラ萌えへとつながる可能性も秘めている。

☆使用例☆
お礼をさせてもらうよ!__ッ!
やれやれ困った__だ。

☆関連語☆
お嬢様、譲ちゃん、小僧、坊主、少年、ショタ


●ほうろうしゃ【放浪者】
当ても無く各地をさまよい歩く人のこと。
ある程度名の知られた人物だと、肩書きや異名で呼ばれる事が多い。
大抵、人には知られたくない過去があったり、
元々は身分の高い人物であったりする。


●ぽーきー【ポーキー】
MOTHER2で登場した主人公の隣の家の子供。
自分勝手でわがままで悪趣味でどうしようもない悪ガキで、
見た目は名前の通りとてもピザデブなやつ。
いつのまにかラスボスの片腕となって主人公の前に立ちふさがるが、
ラスボスが倒れたエンディング後に姿をくらます。
そして続編のMOTHER3で彼の末路が描かれた。
因果応報とはいえそのあまりの結末に多くのプレイヤーは衝撃を受けた。
最後まで改心することなく悪役に徹した姿に意外とファンが多かったりする。


●ぽーしょん【ポーション】
主にFF等で有名な一番安価で最低ランクの回復アイテム。
序盤では大変重宝する。むしろ無いと死ぬ。

☆使用例☆
今のうちに____で回復しとけ!


●ぽーしょんおうじ【ポーション皇子】
FF12に登場するアルケイディア帝国の四男、ラーサー皇子の愛称。
ハイポーション皇子、略してハイポ皇子とも呼ばれる。
ゲーム中、数度ゲストとしてメンバーに加わり、12歳の坊ちゃんとは
思えないほどの剣の腕を披露する。しかし、彼の凄いところは
『ポーション、ハイポーションを無限に使用できる』ところだろう。
帝国の財力の成せる技なのか、とにかくポーションを使いまくり、
資金不足になりがちな本作では回復役として大いに役立ってくれる。


●ぽーず【PAUSE】
一時的な休止という意味の名詞、あるいは休止することを示す自動詞。
もともとはアクションゲームで、スタートボタンなどを押して
ゲームを一時停止させるときに画面に表示されるもの(あるいはその機能)。
RPGにおいては、アクションバトルやATBなどリアルタイム制を導入しているバトルで
一時的に時間の流れを止める機能として使われることが多い。
場合によっては、イベントシーンでこれが行えることもあり、
その際、ポーズ画面で更に特定の操作を行うことでイベントスキップが行える場合もある。

追記:アクションRPGは勿論
フィールド上で視覚的に敵が動くゲームにおいても
次の行動を見極めたい時に頼りになる
追記2:「ぼーず」と言う駄洒落も時々出てくる。


●ぼーなす-もんすたー【ボーナスモンスター】
倒すと、異常なほど経験値や金がたくさんもらえたり、
レアなアイテムを落とす敵モンスターのこと。
やけに体力が低いが防御力はやたらと高い、
素早い、逃げる、出現率が低い、などの特徴があげられる。
ドラゴンクエストのメタルスライム系、
ファイナルファンタジーのサボテンダー系など、
主にスクウェア・エニックスの作品に多く見受けられる。

☆関連語☆
メタル系、レアモンスター


●ぼーぱる-ばにー【ボーパルバニー】
低階層で出現する愛らしいウサギの姿をしたWizardryシリーズを代表するモンスターの一つ
しかしながらその意味するところはDQのスライムやFFのチョコボのようなマスコットとは大きく異なる
この見目可愛いウサギは冒険者達の首を容赦なく刎ね飛ばす恐怖の象徴としてプレイヤーの心に深く刻み込まれている
比喩や冗談などではなく、本当に首刎ねウサギとして怖れられている
元ネタは映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」の殺人ウサギと言われているが
ゲームでは笑って済まない大損害を与えられる
名前のボーパル(vorpal)とは、元はルイス・キャロルの造語でその正しい意味は不明
「鏡の国のアリス」の作中詩「ジャバウォックの詩」に登場する怪獣ジャバウォックを倒す少年が持つ剣が
『vopal sword』、『vopal blade』と呼ばれていることから、『必殺の〜』など攻撃や武器の鋭さを表すものだと思われる


●ほーむしっく【ホームシック】
1)故郷を離れた人間が、遠く離れた故郷や家族を恋しく思って心寂しくなっている状態。
住み慣れた故郷を離れて一人暮しを始めた新大学生や新社会人がかかりやすい。

2)MOTHER2で主人公・ネスがかかる異常ステータス。
この状態になると戦闘中ママが恋しくなったり、好物が食べたくなったりして行動しなくなる。
治すには僕の場所をクリアするか、ママに電話してそのセクシーな声を聞いて元気を出すしかない。
いくら地球を救う少年と言えども、まだまだ子供という証拠だろう。


●ぽーら【ポーラ】
任天堂から発売されたSFC専用ソフトMOTHER2のヒロイン。(後にGBAソフト・MOTHER1+2。)
ツーソン在住の11歳の少女で両親は幼稚園(ポーラスター幼稚園)を経営している。
不思議な力(PSI)を持つ少女として、ちょっとした有名人でもあるが、
その所為で、ハッピーハッピー村のカーペインターや、
フォーサイドのデパートのモノトリーと、本編で2度も誘拐されてしまったりする。
救出後、その産まれもったテレパスや予知能力は、ネスの冒険を幾度となく助ける事となる。
そういう設定も有ってか、PSIだけでなく、祈りという彼女専用の戦闘コマンドが有ったりする。
ランダムで有利か不利な効果が発生するが、不利な効果の時のデメリットが凄まじく
封印しがちなプレイヤーも少なくなかったと思われる。
が、最後の最後でこのコマンドが、主人公であるネスの活躍を奪ってしまったりする。
ちなみに元のゲーム版では穏やかな優しい少女に描写されているが
小説版・当時出た4コマやアンソロジーの漫画・同人誌等の大半で
感情の起伏が激しい気の強い少女に描写されている。

成長率は、PP・IQ・スピード・ラックが高めで
HP・体力(バイタリティ)・防御力(ディフェンス)は最低クラス。
意外と攻撃力(オフェンス)は、そこそこ上がり、
武器なしの比較では、ジェフより上だったりする事が多い。

武器はフライパン・ヨーヨー・スリングショットを使用。
得意な超能力は、PKファイアー・PKフリーズ・PKサンダーの攻撃系を始め
サイマグネット・サイコシールド・オフェンスアップ・ディフェンスダウン等を使用。
特に、PKフリーズやサイコシールドは、かなり有用かつ使用頻度の高いPSIと思われる。
状況にもよるが、サイコシールドをより活かす為に、高めな素早さをより高めるおまもり系を装備するのが良い。


●ほーりー【ホーリー】
holy。神聖な、聖なるの意。
光属性魔法や武具に使われる単語。
FFなどでは強力魔法である為この名を冠するものは
終盤で出てくることが多い。


●ほかく-と-かいほう【捕獲と解放】
ファイアーエムブレムトラキア776に登場したコマンド。
通常よりも威力と命中率が低い攻撃で敵にとどめを刺すと、敵の持っているアイテムを奪うことができる。
あとは解放することで敵を抹消するも、そのまま連行するも思いのまま。
仲間に出来るキャラの中には、捕獲したままの状態でマップクリアするのが加入条件である者もいる。
タクティクスオウガにおける、説得して引き入れたキャラの身ぐるみを剥いですぐ除名する行動もある意味これに近い。


●ほくおう-しんわ【北欧神話】
RPGにおいて設定、名前などがよく流用されるものはギリシャ神話、アーサー王伝説、シャルルマーニュ伝説、そしてこの北欧神話である。
そもそも指輪物語すらその設定の源流をたどれば北欧神話に至ると言われるため、RPGにおいて北欧神話の引用が多いのは必然か。
オーディン、ヴァルキリー、グングニール、スレイプニル、ファフニール、ミッドガルド、ラグナロク…
といった単語が全く出ないRPGの方が少ないほどである。 北欧神話を一躍有名にしたのが田中芳樹氏の銀河英雄伝説なら、
コンピュータRPGで最初に北欧神話を取り入れたのはフリーシナリオRPGのさきがけ「ティル・ナ・ノーグ」である。
最近の作品では、トライエースのヴァルキリープロファイルが北欧神話を題材としたRPGとして有名。
ラグナロク・オーディンといった単語はFFの武器・召喚獣の名前の定番として親しまれてきた。
関連性の強い作品である指輪物語が映画化されたことで、こちらに触れる機会の出来た人もいるだろう。
しかし長年に渡って使い古されてきた単語・設定であるため「もう飽きたよ」という人が多いのも事実である。
なお、現在では図書館に行けば手ごろに北欧神話の和訳は見つかるので、一読するのも悪くない。

☆関連語☆
指輪物語、ファイナルファンタジー、トライエース


●ぼくとう【木刀】
1)RPGで剣をメインに使う主人公が最初に持っている武器として代表的な剣のひとつ
木製なので威力も無く、すぐ買い替えて捨てられそうな武器なのだが、
経験値にコンボボーナスがあるゲームだと敵を倒さないためにあえてこういった類の弱武器を使う場合もある

コンボボーナス例)
サモンナイトエクステーゼ、テイルズシリーズ等

2)鬼神降臨伝ONI(SFC)での主人公「北斗丸」の初期装備
終盤で「ふうりんかざん」と言う最強武器を入手する為に
絶対必要となるので決して売却/投棄してはいけない
ちなみにONI5(GB)では主人公「琥金丸」の初期装備
「たけみつ(竹光)」が中盤で強力武器に変化する

追記:テイルズオブシンフォニアでは主人公の初期装備。
このまま一度も装備を変えずに進めると途中のボス戦で「永遠の練習生」という称号がもらえる

追記2:「仙窟活龍大戦カオスシード」でも、刀系の最弱武器として登場するのだが、
シナリオ間でアイテムの持ち越しをするには倉庫に入れておく必要がある為に
使い捨て前提で木刀が使われることも。
他種類の武器に比べて使い勝手が良く、ボス相手ならともかくザコ相手ならこれで充分。
また、カオスシードにおいてボスの能力はボス出現時点の主人公
の強さにあわせて決まるが、このとき装備込みの強さで計算する。
そして戦闘中に装備持ち替えが可能なので、木刀で出現させ
もっと強い武器に持ち替える技が有効。
木刀抜きで強い武器だけ持っていくのは損。

☆関連語☆
初期装備


●ぼくとまおう【ボクと魔王】
2001年にZENER WORKSが製作、SONYが発売したRPG。略称『ボク魔』。
あまりにも平凡で家族の中ですら影の薄い少年にある日大魔王(自称)がとりつき、
少年は魔王の下僕として、世界征服を目標に(?)旅をしながら
お笑い女勇者や変態科学者、高飛車王女様などを仲間にしつつ、
次第に世界の仕組みそのものに挑んでいくというストーリー。
とことん凡庸で影が薄い、という設定が肝なので主人公は喋らないが、
事あるごとに選択肢が出て終盤のイベントへと影響する。
独特の世界観とキッチュかつ可愛らしいグラフィック、
個性的なキャラクターと深いストーリーで今でも根強いファンが多い。

豊富なミニイベントやNPCのセリフの変化など話は細部まで作り込まれている反面、
・戦闘のテンポが悪い
・ダンジョンが単調だが無駄に複雑で長く、さらに視界が悪い上に
 立ち止まっていても敵に会うためゆっくり辺りを見回すこともできない
・アイテムを見つけたときやレベルアップしたときの効果音を飛ばせない
等々システム面は評価が低い。

アメリカでは『Okage』というタイトルで発売され、主人公の名前も変わっている
…のはいいとして、何故か主人公の顔が激しく劣化している
(デザイン画に忠実な大きい猫目から、いかにも欧米人の考える東洋人的な細長い一重に)。


●ほくろ【ほくろ】
1)色っぽいお姉さまの目元か口元についているもの。
胸元についていることもある。

2)行方不明だった人物を探し当てる手がかりのひとつ。
子供のころにいなくなった人物だと、
容貌だけではいまひとつ決め手にかけるときの決定的な証拠となりうる。
服で隠れる位置にあることが前提なので、
大怪我をおったり溺れて助けられでもしない限りは発見されない。
特に、本人でもわかりにくい背面にあることがほとんど。
ペンダントや形見の品と同程度の決定的な証拠であるために、
非現実的な星型のほくろ、二連や三連になったほくろが多い。
コミカルな演出の場合にはおしりにある。

☆関連語☆
ペンダント


●ぽけだん【ポケダン】
「ポケモン不思議のダンジョン」の「赤の救助隊」「青の救助隊」を
まとめて略した言葉。


●ぽけっとすてーしょん【ポケットステーション】
通称ポケステ。対応するゲーム内で特殊なセーブデータを本機に記録する事によって
ミニゲームをプレイする事ができるメモリーカードの一種。
FF8と同時期に発売され、人気シリーズである同ゲームがこの製品に対応していたために
発売当初は品薄が続いた。が、「どこでもいっしょ」などの秀逸な作品も数あったものの、
RPGに於いては出来るミニゲームの内容の微妙さや操作感の悪さも手伝ってか
ただのメモリーカードとして使用していたユーザーも多かったようだ。
ハードがPS2に移行するにつれて対応ソフトも少なくなり、2002年に生産を終了した。

☆関連語☆
パワーメモリー


●ぽけもん【ポケモン】
ポケットモンスターの略称。
末期といわれたゲームボーイを救ったといわれ讃えられた。
内容はモンスターを集め、育て、戦わせるRPG。
携帯機の利点である「手軽にどこでも通信」をゲームの主幹に置き
またカートリッジの色違いにより集めるモンスターが違ったりするなどして
多くのコレクター・チビッコの心をくすぐった。
テキストもシンプルで良い。


●ぽけもんかーどじーびーしりーず【ポケモンカードGBシリーズ】
一時期ブームとなったポケモンカードをゲーム化。ゲームボーイで発売されていたシリーズ。
現在、無印と2の2作が発売されている。
基本的に初期ポケモンカードのルールで、手軽かつ、テンポ良く
ポケモンカードを楽しめるため、一部では今だにプレイしている者もいる。
無印はスターターセット、第一弾拡張パック、ポケモンジャングル、化石の秘密、GBオリジナルのカードを収録。
2は上記のシリーズに加え、ロケット団(悪いポケモン)、拡張シート等、
約400種類のカードが収録されており、やり応えがある為、中々評価は高い。
だが一方で、GBオリジナルカードのサンダーが強すぎる、エネルギーリムーブが強すぎる、
赤外線通信をしないと手に入らないカードがあるのは如何なものか、といった批判もある。
だが、今ではワンコインでお釣りが来る価格で売られているので、90年代後期を懐かしんでプレイしてみるのも良いだろう。


●ぽけもんしょうほう【ポケモン商法】
1)それぞれのバージョンでしか入手できないデータがある複数のバージョンを発売すること。
ポケモンやDQMなどユーザー同士の通信をメインとするゲームが、それぞれのソフトに違いを出すために行う。
しかし、両方のバージョンを買う人がいるので儲かるからやっていると思えないことも無い。
それぞれのバージョンでしか入手できないデータといっても、重大なものであることは少なく、
多くの通信相手を持つプレイヤー、兄弟プレイヤー、限定データを残しておくためのサブロムを持つプレイヤー
などにとってはその微妙な違いがうれしいが、通信相手を持たないコレクターにとっては不満の元である。

2)限定データをゲームとは関係の無い関連商品のおまけにすること。
主に、RS以降のポケモンで配布データを映画の前売り券の特典にしていることをさす。
コレクターにとっては悩みの種であり、非難の対象。

☆関連語☆
ポケットモンスター 石原恒和 コーエー商法 ファルコム商法


●ぼけ-ろうじん【ボケ老人】
伝説の大魔法使いが序盤〜中盤あたりに仲間になると、
年のせいでボケてしまっているため、強力な魔法は例外なく忘れている。
ゲームバランスを考えてのことだろうがなんか納得いかないぞ。

例)アークザラッド ゴーゲン、FF4 テラ、、DQ4 ブライ

☆関連語☆
魔法使い 老人 忘却


●ほこら【祠】
1)人工的な建造物。大抵、神々などを祀っている場所。
RPGにおける祠は誰か重要な人物が住んでいたり、
別の大陸などへ行くための通路があったりする。

2)神仏を祭るために建てられた小さな社。
人里離れた森の中や岬にポツリと建てられている。
セーブポイントであったり、冒険者が休息地としても利用している時もあり、
情報を入手できる場所でもあったり、その役割は様々。


●ほし【星】
1)物語の舞台。見た目は地球そっくりだが、
その星独自のメカニズムがあり、それが物語に大きく関わってくることもある。

2)武具・魔法・技に広く用いられるもの。
武具の場合「星の加護を受けた〜〜」など抽象的だが、
総じてその性能は高い。特殊効果があることも多い。
魔法・技の場合、星の輝きで攻撃したり、星の雨を降らせたり、
そのエフェクトは様々。低威力のものから高威力のものまで幅広い。

3)クリアした証に、セーブデータに☆のマークがついてるゲームもある。


●ほじょこうか-まっしょう【補助効果抹消】
攻撃力上昇やスピード上昇など、相手にかかっている能力補助効果を消し去ってデフォルトの状態に戻す手段。
ドラクエシリーズの凍てつく波動や天空の剣、FFシリーズのディスペルなどが代表的。
この手段を頻繁に使用してくる敵は多くのプレイヤーからチキン野郎と罵られることになる。
(大体2ターンに一度は凍てつく波動を使うドラクエ8のラスボスなど)

☆関連語☆
補助効果、補助魔法


●ほじょ-まほう【補助魔法】
味方をパワーアップさせたり敵を弱体化させる魔法。サポート魔法。
攻撃魔法のように派手さはないがうまく使えば一気に戦いが楽になること
間違い無し。強力な能力を持つ、ボス戦などでは結構重要な存在だろう。

補足:ただ、大抵後半のボスは、補助魔法を無効化してくる技を
使ってくるので頼り過ぎは禁物。補助魔法をかけた直後に
解除されるとかなりむなしい。


●ほし-を-みるひと【星をみるひと】
もはや語る必要はないほどの伝説のゲーム。
若い人たちのために説明すると、このゲームには今までにない
斬新なシステムが採用されているのだ。
まずキャラが成長するとグラフィックが変わる、
ファミコンでそこまでやっているのである素晴らしい!!
他にもフィールドを1歩進むのに1秒かかる、最初の街が見えない、
重要なアイテムが普通に落ちている(勿論見えない)
戦闘中逃げれないコマンドキャンセルができないなど
書ききれないほどの量がある。
興味がある人はgoogleで検索してもらえば
このゲームの素晴らしさがよくわかるだろう。

☆使用例☆
こんな所に宝箱が!?だが___で鍛えた私の目を誤魔化せるものか。

☆関連語☆
里見の謎


●ぼす【ボス】
大半が「戦いは数」の法則の前に敗れ去る者


●ぼす、いべんとほうち【ボス、イベント放置】
必須ではないイベントや、倒さなくても進めるボスを一旦放置しておくこと。
装備やレベルを整えて後から戻ってくると、拍子抜けするぐらい簡単になるからである。
どの程度進めてから戻ってくるかはプレイヤーの自由。自分の腕に相談しよう。
まれに、「この俺の挑戦を無視したな!」と放置しておいたボスから怒られることもある。


●ほすう【歩数】
プレイ時間などが記録されるRPGの中には、これがカウントされるものがある。
2Dでスケールが違う場所(フィールドと町など)でも1マスの歩数が同一だったりするのに突っ込んではいけない。
歩数に応じてダメージを与える攻撃があったり、歩数に応じてアイテムがもらえたり、
○○から何歩という謎解きがあったりもするが、歩く(走る)行為が基本となるRPGにしては地味な扱いのような気も。
また、これがカウントされるRPGでは低歩数クリアがやりこみの一つに挙げられる。


●ぼす-せん【ボス戦】
「質より量」であること。


●ぼすせん-かいし-ちょくご【ボス戦開始直後】
ボス戦に突入した直後に行う行動のこと
おそらく長丁場になるであろうボス戦では、
ボス特有の強力な攻撃に圧倒されないためにも
防御力を底上げする必要があることから、
普段はあまり使用機会の無い支援魔法の数々を使用してから
本格的に攻撃を始めることが多い。
ボス戦では「如何にダメージを与えるか」ではなく、
「如何にこちら側の被害を少なくするか」が重要である。
しかし終盤のボス戦では、魔法効果を無効化してくる厄介者もいるので、
結局は力押しになるケースも多い

☆使用例☆
____はマイティガード+リジェネで完璧!


●ぼすせんのびーじーえむ【ボス戦のBGM】
ボス戦の時に流れる戦闘曲のこと。
最近では、ストーリーに深く関わる人物がボスの場合、専用の曲が用意されていることも少なくない。
基本的にテンポが速く、イントロ(つかみ)が特徴的な曲が多いため、印象に残りやすい。
また、名曲認定されることが非常に多いため、初プレイでの必聴BGMの一つである。


●ぼす-たいせい【ボス耐性】
ボスとしての役割を果たすために必須の耐性の事。
「攻撃封印」「行動不能」「戦闘離脱」に属するステータス異常の耐性が中心。
これらの攻撃はボスには絶対効かないように設定される場合が多い。
個性を出すため、プログラムのミス等の理由でこれらの耐性を持たないボスも稀にいる。
(ゴーレム、かみ、ツインタニアなど)


●ぼす-と-いっしょ-に-たたかう-ざこ【ボスと一緒に戦う雑魚】
ボスとの戦闘のさい登場する雑魚敵。
最初からいたり、戦闘の途中で、ボスの援軍として現れたりする。

雑魚の働きは、肉の壁、回復、補助までさまざま、そして、過酷である。
持ちうる限りの最大火力の全体攻撃で、焼かれるエリート兵や親衛隊。
主人に特攻を強いられるペット。
生まれた瞬間に潰される幼虫。

彼等もまた、戦いの犠牲者である。


●ぼすとん【ボストン】
ロマンシングサガ3に登場するロブスター族の戦士。
仲間になる人外キャラが多いロマサガ3では一見すると特になんという事もないキャラ。
しかし他の人外キャラはようせい、雪だるま、ぞうといったように単純な種族名が名前となっており、人外キャラで名前があるのは彼だけである。
さらにこのゲームでは人間の子供が仲間になるがその名前は「少年」である。
これによってロブスター族は人間であるが少年は人間ではないというロマサガ3独特の世界観を浮き彫りにすることに成功している。


●ぼす-に-おいかけ-られる【ボスに追いかけられる】
巨大で頑丈なボスが、主人公パーティーを追撃するイベント。
基本は ボスが登場し戦闘突入→全く手に負えない→仕方なく逃げる→
→追いつかれる→再び戦闘→ひるんだ隙にまた逃げる(戦う→逃げるの繰り返し)→
→ボスが通り抜けられない所まで行く→なんとか逃げ切る というパターン。
ゲームによっては普通に倒すこともできるが、
その時点ではかなりの強敵だったり、コテンパンにしてもすぐに復活することが多い。
また、逃走ルートの途中に罠や仕掛けが設置されていることもある。

例:サガフロ2 メガリスビースト、デュープリズム スカルビースト
   FF8 X−ATM092、FF9 アーモデュラハン、アバタールチューナー2 クヴァンダ


●ぼす-の-ヒットポイント【ボスのHP】
デフレ日本にあって数少ない、現在でもインフレを続けているもの。
トライエース製のRPGにおいて特に顕著。
このまま行けば、ラスボスのHPがギガウィング(スコアが億単位の2DSTG)
並みになるのもそう遠くは無いのかもしれない。

参考:
ディスガイアのアイテム神2 HP1000万
LV9999のプリニー魔王バール 1200万
デア・リヒター 1200万
FDモード・フレイ 59999996


●ぼす-べや【ボス部屋】
ボスのいる部屋。基本的にダンジョンの最深部や最上部にある。
一例として出口前、王の間、山頂、屋上、祭壇、コントロールルーム、橋の上、宝の間など。
左右対称の構造で、中央に台座や王座、クリスタル、宝箱、ボス本人などが据えられていることが多い。
また、セーブポイントや回復ポイントが手前にある部屋はほぼ確実にボス部屋であると見たほうがいい。
とりあえずこの部屋に入る前に装備やステータスを万全にしておき、決戦に臨むこと。

☆関連語☆
ボス 王の間 橋 祭壇 コントロールルーム セーブポイント 回復ポイント


●ぼす-まで-の-みちのり【ボスまでの道のり】
ダンジョンの探索も終わり後はボスを倒すだけ。
回復アイテムを揃えHP・MPも満タンで万全の体制・・・という時に限って
やたらエンカウント率が高くなったり強めの雑魚が集団で現れたりする。
実際は体感的な物に過ぎないのだろうがイライラしてしまうのは確か。


●ぼす-らっしゅ【ボスラッシュ】
ゲームの終盤になって連続してボス戦が起こる現象。
これまで登場したボスが出てくる場合と新キャラが出てくる場合とあり、
前者は能力値がそのままの事が多く「復活怪人は弱い」というお約束に忠実で、
後者もそこまできた主人公の前ではほとんど脅威にならずかませ犬と化す。
ただ、ボスラッシュという単語自体RPGで用いられる事はまれで
アクションやシューティングで主に使われる。

古くは『ロックマン』『グラディウス』シリーズなどでおなじみの
そこまでに倒したボスが連続して闘うシチュエーション。
RPGではプレイヤーの成長に合わせて、大抵秒殺されない程度に能力が強化される。
倒して無いボスと連続で闘うシチュエーションもある。


●ぼす-りさいくる【ボスリサイクル】
既に倒したボスやライバルと、忘れた頃にもう一度戦わされること。
邪悪な力によるパワーアップや改造、更なる修行などによって能力が上昇していることが普通だが、
以前の対決が絶対倒せないイベントバトルの場合は倒せるように弱体化している。
何でこんなことをするかというと、主人公達の成長を表現したり、敵との宿命をにおわせるためである。
そのため上手くリサイクルされたボスとの戦いはなかなか燃える。
また生死問わず隠しダンジョンのボスとして使われることも多々ある。(AAA製RPGに顕著)
中には同シリーズや複数のゲームにわたってリサイクルされるボスもいる。
ボスリサイクルの場合、多用してもあまり叩かれないようだ。

☆2回以上リサイクルされているボスの一例☆
ロマサガ2 クジンシー、WA3 ジェイナス、TOD2 穴子 など 


●ほせい【補正】
足りないところを補うこと。
能力を上げる補助特性が多いが、能力を下げるものはマイナス補正と呼ばれる。
また、ゲームの仕様とは関係ないが、製作者が都合良くキャラを強くしたり、
殺されたはずなのに、必ず生き返ったりすると、皮肉を込めて「このキャラは補正が掛かってる」といわれる。

☆使用例☆
1、「このキャラは補正が掛かってるから絶対死なないよ」
2、「この武器、プラス補正が凄いな。」

☆関連語☆
ご都合主義


●ぼたん-れんだ【ボタン連打】
1)メタル系モンスターを攻撃する際コマンド選択終了後「死ね死ね死ね死ね」の
かけ声と共にとる行動

2)「ゆ・しに・しに・しに」の状態で敵と遭遇した際「にげる」の選択終了後
「死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ」のかけ声と共にとる行動

3)ヴァルキリープロファイルの戦闘終了後に決してやってはいけない行為
これをするとフリーズする確立が格段に上がる


●ぼち【墓地】
複数の人の遺骸、遺骨などが眠る場所。当然のごとく墓石がたくさんあり、
昼間でも不気味な雰囲気を漂わせていることが多い。
RPGにおける墓地はアンデッドの巣だったり、何か重要なアイテムがあったり、
隠し通路の出入り口だったりする。一昔前のRPGには墓石に他の社の有名ゲームの
主人公の名前を書くということも流行った様だ。

☆使用例☆
最近、夜になるとあの__から不気味な声が聞こえてくるんだ。


●ぼつ-いべんと【ボツイベント】
開発段階では入れられていたにも関わらず、発売に際し
容量不足や開発時間の不足など様々な理由により削られたイベントの事。
痕跡までキレイさっぱり削除されてるのならまだしも、下手に発売前情報でその存在を漏らされてたり
削除されたイベントの名残らしき台詞・施設を目にしたりするとやり切れない想いにかられる。
運が良ければリメイク作で補完されることもあるが、過度の期待は禁物。

☆使用例☆
初心者「○○の先っていつ行けるようになるんですか?」
熟練者「あれは______だから放置汁」


●ぼっしゅう【没収】
イベントで重要アイテムや財産を没収されること。
序盤にありえないほどの大金や、強力な装備品などを持った場合、高確率でこうなる。
また、シナリオ中に重要アイテムを敵に奪われたりすることも。
後で取り戻せるか否かは、基本的に盗られた物の実用性・金額が大きいほど確率が減少する。

取り戻せる例) ロマサガ3 カタリナ編 マスカレイド、ドラクエ5 ゴールドオーブ、WA 涙のかけら
取り戻せない例) 幻想水滸伝 地方領主からの賄賂10000ポッチ、ベルウィックサーガ 仲間全員分の馬

☆関連語☆
おっとごめんよ


●ぼっちゃん【坊ちゃん】
幻想水滸伝1の主人公の愛称。由来は彼の忠実な付き人であるグレミオの呼び方から。
幻水1の舞台となる赤月帝国の将軍、テオ・マクドールの息子として生まれるが、
生と死を司る紋章とも呼ばれる「ソウルイーター」という紋章
(身につけた人間の周りの人間の魂を喰らう厄介な紋章)を受け継いで以来運命が大きく変わり、
祖国・赤月帝国に対する反乱軍に参加、反乱軍初代リーダーの死後跡を継ぎリーダーとなってしまう。
その後も紋章の呪いによって親しい者たちが死んでいったり、自らの祖国や親に刃を向けることになったり、
平和になった後は隠遁生活を送るが、(プレイヤーによってはだが)その3年後の
ジョウストン都市同盟vsハイランド王国の戦争(幻水2) にも駆り出されることになったりと、
過酷な人生を送ることになる苦労人。
ちなみに、選択肢の内容などから、実は腹黒という噂も流れている…。


●ぽっぷ【ポップ】
漫画ドラゴンクエストダイの大冒険の登場キャラ
初めのころは主人公ダイにくらべだらしなく決して強いとは言い切れなかったが、
話が進むにつれ様々な試練を乗り越え。
いつのまにか、ダイに肩を並べるキャラクターとなった。
そのため、「初登場は弱いが、後半めちゃくちゃ強い」キャラを指す言葉として使ってみては。
これをゲーム中に表現するには
「レベルアップの値を初めのうちは少なくし、一定レベルから極端に増やす」(マジバケのピスタチオ)
「トラウマがあったなどの設定をつけ、序盤は弱くストーリー中にそれを乗り越えたらステータスを修正する」(第二次αのアイビス)
共通部分としては「初めのうちは役立たずなくらいに弱くする」こと、これをやらないと、ただしらけるだけである。

☆対義語☆
ヤムチャ


●ぽてとちっぷす【ポテトチップス】
RPGのような「〜しながら…する」ゲームの定番食品かつ必需品。
片手で十時キーを操作しながら、もう片手は袋に手を突っ込む。
大半の人は経験するだろう。
しかしコマンド入力式のRPGはともかくLMBのRPGでこれをやると
全滅の恐れがでるのでお勧めできない。
ちなみにどのお菓子でも同じなのだが、食べたあとマメに手を拭かないと
コントローラーが大変なことになるので要注意。

☆使用例☆____のうす塩を食べていたらコントローラーが汚れてしまった。


●ほね【骨】
脊椎動物の体の中にある硬くてカルシウム分の多い組織。

時にはガラクタや材料アイテム、または竜や聖人のものは重要アイテムとして、
またあるときは返事が無いただのしかばね的存在として横たわり、
でもやっぱり基本はアンデッドなモンスターとして
ファンタジーな世界にはよく出てくるものである。
電撃を食らうと生身の人間の骨格が見えるのもご愛嬌。

また、ボーン○○とかスケルトン○○というものは骨と略されるのが常である。

☆関連語☆
スケルトン


●ほのおそうび【炎装備】
刀身が燃えてる剣や炎をかたどった盾・鎧、炎の精霊を封じた指輪など。
だいたい中盤〜後半ででてくる。対として氷の同種や雷の同種などがある。
炎シリーズが先に出やすい。


フランベルジュ
フレイムシールド
フレイムアーマー
炎の指輪

たいてい防具類はシリーズそろえるとやたら炎に強くなるので消防士装備といわれることもある。


●ほのお-ぞくせい【炎属性】
炎の属性。かなり一般的。
植物や虫や死者、寒冷地の魔物が嫌う。


●ほびっと【ホビット】
トールキンの指輪物語・シルマリル・ホビット物語に登場する
成人でも人間の子供ほどの身長で食事が好き、安泰な生活を好む
欲の少ない(そのため、一つの指輪の誘惑に対してけっこう耐性があった)種族
足の裏の毛が生えていて足音を隠す事が出来、盗賊・偵察に向いている
エルフやドワーフと比べて、ゲームではそのものズバリの名前で出ることはすくないが
それは、ホビットはトールキンが創作した物で版権が
トールキン及びその関係者にあるため、この名前を使うには金が掛かるからであるw
ハーフリングやグラスランナーというのはホビットを使いたかったが
版権料を支払うのが嫌だったから名前とちょっと性質を変えて使っている
ものがほとんどである。


●ぽぽろくろいす-ものがたり【ポポロクロイス物語】
アニメチックロマンチックRPGとして新しい方向性を生み出し、
随所に織り込まれるアニメーションムービーがキャッチフレーズの通り『なみだがぽぽろ。』にさせる名作。
アニメ化も既に2度なされており、1stシリーズがピエトロ王子。2ndシリーズがピノン王子の物語となっている。
ちなみに原作本もあるが、まったく絵が違うのでアニメ、ゲームで入った人は注意するように。
シリーズは純正が4本、外伝が1本がPSで3本、PS2で2本
ファンの間ではPSシリーズ以外認めない方向性が生まれている。というのは。

自分を犠牲にしてまで王子ピエトロを助け、
魂を氷の魔王に奪われた王妃サニアをピエトロと愉快な仲間達が救う心温まる物語。(PS#1)
ピエトロが新しい仲間と共に父を救う親子の絆を感じる物語。(PS#外伝)
ピエトロが世界を救いつつ恋仲のナルシアとくっつく優しい気持ちになる物語。(PS#2)
駄目なゲームシステムと我侭なピエトロのガキ"ピノン"と主線のはっきりしないポリゴンで
ファンを失望に落としいれた物語。(PS2#3,4)
このゲームは私達に、「下手にPS2の性能を使わないほうがよい」という事を教えてくれる存在である。


●ほむんくるす【ホムンクルス】
錬金術によって生み出される人工生命体。またはそれを作り出す技術のこと。
比較的人間に近い姿を持った人造人間として登場する。
雑魚敵だったり醜男だったり美少女だったりと様々だが、
寿命や容姿など何かしら人間に劣っている部分があったり、
存在そのものが神に背く所業として迫害されたりすることが多く、
悲劇やお涙頂戴的な展開に繋がりやすい。
一部のRPGでは人権を認められていないらしく、アイテム扱いされることも

例)VP ベリオン、イリスのアトリエ リイタ&アーリン、SO3 合成用アイテム

☆関連語☆
錬金術 錬金術士 人造人間


●ほも【ホモ】
1)グラフィックがホモっぽいキャラやインパクトのある外見のキャラ、微妙に怪しいイベントなどがあったキャラは、
2chスレの方でウホッなネタキャラとして弄られる事になるが、そういったキャラは決して多くない。
一方、RPG本編に露骨なホモがエキストラ以上の立場で出てくることは、
客層やニーズ、規制、シナリオとの関連性、等の様々な要因により、ほぼ無いと言っていい。
その例外がフロントミッションで、セカンドにて仲間のロッキーが主人公アッシュに告白するイベントがあり、
続いて発売されたオルタナティブでは仲間の女性キャラのチャミリが性転換した男であることをカミングアウトする。
この二作のおかげで、フロントミッションスレでは新作の情報が出る度に、
あのキャラはホモだ、元男だ、と囁かれることになる。

2)「くそみそテクニック」の山川純一ことヤマジュンや、
「アッー!」でおなじみのTDNが2chで大ブレイクしたため、
2chのガイドライン板などを中心としたRPGスレで
台詞改変ネタとして上記のヤマジュンネタやTDNネタに絡めて使われる。
この場合、普通の男はおろか、台詞の流れによっては女子供でさえホモにされてしまう事もしばしば。


●ほもりお【ホモリオ】
「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」の仲間のひと(♂)。
正式名称は「セネリオ」だが、主人公(♂)にハァハァしすぎるのでこう呼ばれるようになった。
「ホモ軍師」「ホモ」も同義語。
これが女だったら!と嘆く住民も多かったであろう。

名(迷)台詞「ひどいありさまです」


●ほらーちっく-な-だんじょん【ホラーチックなダンジョン】
ダンジョンの一種
過去に人体実験が行われていた研究所跡、地下墓地のような
一般人ならあまり足を踏み入れたくないような、「いわく」つきのダンジョン
出現する敵の種類としては、亡霊・ゾンビなどのアンデッドが多いため、
火・光属性の技や魔法が大いに役に立つ
雰囲気はおどろおどろしく、
不気味で重苦しいBGMを使う・ホラー映画さながらの演出を盛り込むなど、
開発側はプレイヤーをビビらせるために試行錯誤するダンジョンでもある
真夜中に一人でゲームをやってて、驚きの余り
思わず声を挙げてしまったプレイヤーもいることだろう


●ぽりごん【ポリゴン】
1)多角形のこと。3DCGでは多角形(おもに三角形)を組み合わせることで立体を表現する。
2)ポケットモンスターに登場するモンスターの一種。
3)カクカクしてる


●ぼるたっく-しょうてん【ボルタック商店】
RPGの原点ウィザードリィの伝説的なよろずや。
城下町と迷宮しか存在しないウィザードリィの世界における唯一の商店である。
迷宮から帰還した冒険者のあらゆるものの売買と鑑定をしてくれる事まではまともだが
売却した品物を目の前で売値の二倍の値をつけ即座に販売する事に始まり
自分で鑑定できるくせに絶対買い取らない未鑑定品の鑑定料は必ず売値と同額、
つまり未鑑定品は持って帰っても金にならないという極めてあこぎな商売をやらかすため
ボッタクル商店、ボッタクリ商店のあだ名がある程だが、持てるアイテムの数には限りがあるため
全アイテム収集したいならどんな下らないものでもここまで運んで売りつけるしか方法がなかったりする。
これがRPGの世界に店が一つしかないタイプのモデルともいえる商店であるが
それ以外にもたいていのRPGのアイテムの下取り価格が買値の半額であるのは
この商店によるところが大きいといわれている。

☆関連語☆
Wizardry


●ぼるとあくす-しょうぐん【ボルトアクス将軍】
ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡の25章に登場する敵将、グローメルのこと。
クラス、スキルに恵まれているにもかかわらず、
ボルトアクスという威力を魔力に依存する斧しか持っていないせいでそれを生かせず、
さらに地形、味方に恵まれているにもかかわらず、
自身の攻撃範囲内に自軍ユニットが入ると「うぬ、ここまで登ってきたか!ならばここから叩き落してくれる!」
というセリフをのたまいつつ、味方に落石を誤爆されたりしながら突っ込んでくるせいでそれも生かせない。
そのあまりの悲惨さっぷりに、尊敬と畏怖の念を込めて「ボルトアクス将軍」と呼ばれるようになった。


●ほろび【滅び】
よくラスボスや重要な敵キャラが唱える言葉。
またラスボスや裏ボスが使用する専用攻撃などにも含まれる。

例)滅べ!滅べ!滅べ!滅べ!(以下略
  俺がこの手で滅ぼしてくれよう!!

まあ結局自分が滅ぶわけだが。


●ほん【本】
情報が書かれていたり、使う事により呪文を憶えたりする。また、隠し扉のスイッチだったりもする
職業によっては装備して攻撃に使う事もある
やはり角で殴ってるのだろうか?


●ほんきょち【本拠地】
幻想水滸伝シリーズにおける重要要素の一つ。
シリーズの元ネタとなった「水滸伝」の梁山泊と同様に、主人公が率いる軍の活動の拠点となる場所であり、
ここを中心に敵軍との戦争に備えたり、敵の支配下にある地域を解放していくことになる。
基本的に湖のほとりにある城を本拠地として構えるが、海を舞台とする4のみ船を本拠地としている。

本拠地内では集まった仲間たちが日々の生活を営んでいるだけでなく、
道具屋、宿屋などのRPGに欠かせない基本的な施設や、
お風呂、ミニゲームなどといったお遊び的な施設など多くの機能があり、
(ただし、それぞれの機能を使うためにはその施設担当のキャラを仲間にする必要がある)
この本拠地の雰囲気、ゲームとしての利便性ややりこみ要素、仲間たちとのコミュニケーション要素が、
ゲーム全体の評価を決定付ける一因となっている。

☆関連語☆
町が一つしかないRPG


●ほんたい-はかい【本体破壊】
もはや二度とゲームオーバーの心配をする必要をなくすための行動。
また、その結果としての状態。
度重なる挫折を強いられた短気なプレイヤーは、衝動的にこれを行う。


●ほんだな【本棚】
本を入れるところ。
ほとんどのRPGでギッシリと本がつまっているが、どうも主人公達が興味を示す物は少ないようだ。
タンスや壷に比べて地味な存在で稀に何かあるといえばスパイ映画のごとく隠しスイッチがついていたり、
中にモンスターが入っていたりと本来の使い方をされない可哀想なオブジェクト。

*エッチな本を普通に本棚に入れておいてはいけません


●ぼんち【盆地】
1)周囲を山に囲まれた地形。周囲から隔絶した地形の場合、独特な生態系や文化が形成されやすい。

2)RPGの場合、たいてい盆地内には何かがある。ダンジョンや隠れ里、特殊なモンスターや宝箱、ダーマ神殿など。
到達するには、周囲の山にあるダンジョンを抜けるか、特殊な移動手段(鳥や飛空艇など)を手にいれるか。
いずれにせよ、ちょっと苦労する。

絶海の孤島にある山に囲まれた__で、何もなかったら、かなり鬱になる。

☆関連語
島 隠しダンジョン 移動手段


●ほんとう-の-しみゅれーしょん-あーるぴーじー-の-なんたるか-を-おしえてくれるわ!
【本当のシミュレーションRPGの何たるかを教えてくれるわ!】

日本一ソフトウェアの出したファントムキングダム宣伝ムービーにて主人公の魔王・ゼタが言った迷言
このゲームのどの辺が本当のSRPGなのか?結局その何たるかってなんなの?
謎は尽きない
ちまみにこの台詞はゲーム内ではまったく出てこない


●ほんぺん【本編】
1)ゲームスタートからスタッフロールを見るまでのこと。
2)一部のRPGの中には、1の意味での本編は比較的短く、クリア後の隠しダンジョンの方が長くてやり応えがある作品がある。
このような場合、スタッフロールが流れた後の隠しダンジョンのことを「本編」ということがある。
その始まりは、ワードナを倒した後も延々と村正をもとめて彷徨うことになるウィザードリィと思われる。
ダンジョン探索や戦闘重視系のRPGでは、クリア後にやたら力のこもった隠しダンジョンが用意されていることが多いが、
中にはシナリオ重視系の癖にスタッフロール後が本編というRPGも存在する。
かつてメガドライブで発売された「LUNAR・エターナルブルー」という作品においては、
スタッフロールが流れるまでのストーリーは、実はクリア後の隠しシナリオのオープニングにすぎなかった。


戻る