×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

は    
▼は
【PAR】
【バーサーカー】
【バージョン違い】
【パーソナルライブゲームシステム(PLGS)】
【パーティー】
【パーティアタック】
【パーティ参加可能人数】
【パーティー編成】
【パーティをわけてください】
【ハードモード】
【ハーフ】
【PW】
【ハーレムパーティー】
【はい、いいえ】
【灰色の画面】
【バイオベース】
【売却専用アイテム】
【廃墟】
【背景変化】
【廃人】
【ハイスコア】
【ハイスピードドライヴィングRPG】
【ハイパーゴールドラグジュアリー フルオートマチック真ファイナル ヴァーチャルロマンシングときめきドラゴンマシーン】
【パイプオルガン】
【敗北条件】
【俳優】
【ハイランダー】
【バウンサー】
【バカ兄貴】
【破壊確率】
【破壊するもの】
【破壊の鉄球】
【馬鹿一】
【バカゲー】
【バカコード】
【若様、若君、若当主】
【博士】
【馬鹿なっ!】
【鋼】
【鋼の剣】
【鋼の錬金術師 迷宮の輪舞】
【墓場】
【バグ】
【迫害】
【バグゲー】
【爆死】
【爆弾】
【爆弾岩】
【バグですか?】
【バグる】
【禿】
【化け物】
【化ける】
【箱】
【バザー】
【挟み撃ち】*
【橋】
【梯子】
【バスタードソード】
【ハズレ】
【パスワード】
【裸】
【はだかの忍者】
【畑】
【場違いエリア】
【パチ物】
【爬虫類】
【発狂】
【バックアタック】
【バックアップ】
【パッケージデザイン】
【発光現象】
【薄幸の美女】*
【ハッサン】*
【初戦闘】
【バッツ=クラウザー】
【バッツヘアー】
【発動メッセージ】
【バッドエンド】
【バッドステータス】
【罰の紋章】
【発売延期】
【発売前日】
【覇道】
【波動拳】
【波動砲】
【パトリシア】
【バトル】
【パトる】
【バトルコレクション】
【バトルシステム】
【バトルスピード】
【パトロン】
【鼻】
【鼻息】
【花売り】
【話は後だ!】*
【話す】
【「話す」でアイテムをくれるNPC】
【離れ小島】
【バニーガール】
【パニゲル】
【バニシュ・デス】
【バニシュ・デジョン】
【はにわ】
【跳ね橋】
【羽根帽子】
【パネル】
【母】
【パパ】
【パパス】
【バハムート】
【バハムートラグーン】
【パフパフ】
【バブルローション】
【ハボリム】
【浜渦正志】
【はまぐり姫、蛤姫】
【ハマる】
【ハマる】
【ハムスター】
【ハメ技】
【はやくけせ】
【早解き】
【パラメータ】
【パラレルワールド】
【パラディン】
【バラモス】
【バランスブレイカー】
【バリア】
【バリア解除】
【バリスタ・カタパルト】
【PAL―神犬伝説―】
【ハルバード】
【バルバトス・ゲーティア】*
【パルプンテ】
【バロック,BAROQUE】
【パワープレイ】
【パワーレベリング】
【パワプロクンポケット4】
【範囲攻撃】
【番外編】
【バンガ族】*
【反射魔法】
【半人半獣】
【半濁点】
【ハンチ】
【パンチラ】*
【パンツ見えないかなぁ】
【パンドゥーラ】
【パンドラの箱】
【パンドラMAXシリーズ】
【万能属性】
【万能薬】
【反発】
【ハンマー】
【汎用キャラ】
【反乱軍】

●ぱー【PAR】
プロアクションリプレイの略。言わずと知れた?改造コードツール。
RPGの楽しみを根こそぎ奪われる人と、逆の人に分かれる。
もちろん使わないのが一番である。

☆関連語☆
バグ


●ばーさーかー【バーサーカー】
1)北欧神話に出てくる戦士「Berserkr」(語源は熊の毛皮を着る者、程度の意味)の英語読み。
狂ったように叫び、無敵の強さを誇ったとされる。

DQなどではモンスター、FF・オウガなどでは職業の1つなど、さまざまなRPGに登場し、
日本語では「狂戦士」の訳を与えられていることが多い。
棍棒などの鈍器や斧など、重量のあるを武器をよく割り当てられ、
また、もともと熊の毛皮というおかしな格好をしているせいか、
一般人から見るとおかしな服装をさせられていることも多い。

2)PC丸灼ンの知る人ぞ知る名(迷)作RPGネクロスの要塞の主人公の一人で
3章、6章及び選択することで最終章で使用可能。
目の焦点があっておらず作中のセリフの大半が「フンガー!」
ジャンプ/横に避ける、分身、ワープ、け止めるなど多種多様な方法で回避するこの作品で
唯一回避アニメが存在せず、その代わり攻撃を喰らうだけ喰らって
「バーサーカーはかんじない!!」の一文で
ダメージをゼロにしてしまう素敵キャラ。

3)SF小説のタイトル。太古の異星人がつくった自動兵器が作り手のコントロールを離れ
殺戮を繰り返すようになり、ついに人類と接触。
FFシリーズに登場するオメガの元ネタ。

☆関連語☆
バーサク、バンディッド、狂戦士、ベルセルク


●ばーじょんちがい【バージョン違い】
1)ストーリーなどの基礎部分は同じだが、中身が少し違う2〜3タイトルを同時発売するメディア展開のこと。
主人公が違ったり、手に入る物、入れるダンジョン等が違う。
バージョン違いのソフト同士でリンクが可能なのも特徴で、リンクしないとコンプリート不可な場合が多い。
ポケモンやメダロットが有名である。
また、ポケモンのヒット以降、携帯ゲーム機を中心にバージョン違いソフトが大量に作られた。

2)ゲームのソフトにバグが発見された時や、バランスブレイカーな要素がプレイヤーに発見された時に世に出回る、それらを修正したソフトのこと。
何故か上記した所以外も微妙に修正されていたりする。
メディアに発表され、無償ディスク交換パターンと、こっそりバージョンを変える2パターンがある。
また、バージョン違いによって中古の値段が違うソフトもあるとかないとか…


●ぱーそなる-らいぶ-げーむ-しすてむ【パーソナルライブゲームシステム(PLGS)】
スタート時に現在の時間を入力することでゲーム中と現在の時間が
同調する珍しいシステム。ぱっと聞くと「そんなのよくあるじゃん」と思って
しまう人も多いが、ゲームをプレイしなくてもゲームの中では時間が流れているのだから
よく考えると凄いことである。
主に「天外魔境ZERO」〜のシリーズに採用されている。このゲームでは各月ごとに違う場所で
お祭りや縁日、はたまた最強武器が手に入るイベントまでがおこる。故にアイテムコンプは
至難の業で、一つ取り逃すと2,3ヶ月、正月やクリスマスなどの年一行事に限っては最低一年
待たないと二度と起きないやりこみ泣かせのシステムである。

便利なことにこのゲームには、「今日は何の日」というコマンドがあり、
何年前の何月何日に何が起こったかを教えてくれる。
登校前、出勤前にこのゲームで確認して、「今日って〜の日なんだぜ」と教えてやると
下手なトリビアより「へぇ〜」と言ってくれる。


●ぱーてぃー【パーティー】
1)一緒に冒険する仲間たちのこと。
一般的には3〜5人で
勇者タイプ:万能
戦士タイプ:力馬鹿・肉の壁
魔法使いタイプ:攻撃魔法
僧侶タイプ:回復魔法
が黄金比とされている。
また、ごくまれに8人ぐらいのパーティーが組めるゲームもあるが
一度に戦闘参加できる人数は3〜4人と限られてしまう。

2)質と量の両方を要求する、贅沢な環境のこと。

☆関連語☆
馬車、1軍、2軍、ヤムチャ、ジェイガン


●ぱーてぃ-あたっく【パーティアタック】
仲間に対して意図的に攻撃を行うこと。
使い道としては睡眠や混乱などの異常をきたした仲間を正常にすることなどが主に挙げられる。
FF2では仲間のHPや盾レベルを手っ取り早く上げる為にも利用される。
力の強い者がこれを行う際には、あらかじめ武器を外すか弱い武器に持ち替えるかしないと
ダメージを与えすぎて仲間を殺してしまう危険性がある。

補足:パーティのメンバーというのは、普通何らかの目的を持ってパーティのメンバーになっているし
それぞれ物の考え方や利害がある。
が、そのメンバーの目的や物の考え方、利害が全員同じとは当然限らない。
で、目的や物の考え方の違い、利害関係等で対立し、挙げ句メンバー同士で戦闘になってしまう事がある。
そうしたものも【パーティアタック】と呼ばれる。
RPGでもCRPGには滅多に見られないが、TRPGではたまに見られる。
この意味でのパーティアタックが最も多いRPGは、恐らくPARANOIAであろう。

PARANOIAの解説ページ


●ぱーてぃ-さんか-かのう-にんずう【パーティ参加可能人数】
RPGにおいて、戦闘に一度に参加できる人数のこと。
一般には3〜4人で、時々5,6人一度に参加できるものもある。
現実の戦闘行為と比較して、RPGでは1人1人の担う役割が大きい為、
たった1人参加可能人数が変わるだけでゲームバランスが大きく変化する。
そのため、3人パーティ推進派と4人パーティ推進派との間で争いが起こることもしばしば。
なお漫画などゲーム以外のメディアでは、しばしば無視される存在でもある。


●パーティーへんせい【パーティー編成】
戦闘メンバーの構成のこと
仲間の人数が多いRPGでは、個々のステータスや特技などを考慮して
パーティーを組むことで、より効率の良い戦闘を行う必要がある。
物理攻撃型・魔法攻撃型・回復型といった、バランス重視でパーティーを組む人、
魔法でガンガン攻め立てるパーティーを組む人、
戦力度外視で、キャラの外見や個人の趣味でパーティーを組む人など、
その種類は十人十色である。
SRPGにおいては、パーティー編成は特に重要なもので、
装備・戦術・陣形・配置・スキルアップなどを上手く工夫しなければ、
勝利を掴むことは困難。
「編成画面で自分の部隊を強くしている時が一番楽しい」、という人も多いだろう
「自分が苦労して作り上げた部隊で勝利を掴む」こともRPGの楽しさの一つでもある


●ぱーてぃ-を-わけてください【パーティをわけてください】
仲間となるキャラが戦闘参加人数よりも多いRPGの場合、複数のパーティに分けて
進んでいくダンジョンがあったり、他のメンバーはお留守番という展開があったりする。
1軍で使い込んでいたキャラと2軍落ちしていたキャラをどのように分配するかが悩みどころ。


●はーど-もーど【ハードモード】
イージーモードが初心者向けの簡単なものならば、こちらは上級者向けの難解なものである。
こちらは、RPGやSRPGにも設定されている場合が多い。
通常(ノーマルモード)との違いは、
・敵が強い(味方はノーマル設定)
・物価が高い
・一部の施設などが使えなくなっている
・特技や魔法の消費MPが増加している
・レベルアップしにくい
SRPGには上記のほかに
・敵の数が増えている
・ノーマルにはない増援がある
・ステージ内セーブ不可能
等が挙げられる。
また、難易度が高い分、レアアイテムが入手できたり、通常では見られないイベントが起きたりなど、利点がある。

ノーマルに比べて、難易度が格段に上がっている分、クリアした時の達成感はひとしおである。
ハードモードをクリアした事により、始めてこのゲームを「制覇」したと感じる人も居るだろう。
もちろん、ハードモードをクリアしたことにより、様々な特典が与えられる物も多い。
絵集やサウンドテスト等の資料集的なものや、超貴重なアイテム・装備品が貰えたり、
さらには、更なる難易度をもつ新モードや、LV・アイテム等の持越しができるようになったりもする。


●はーふ【ハーフ】
主人公、ヒロインまたはキーパーソンなキャラに多い設定。
大体は「人間」と「○○」の混血であり、その「○○」の血がゲーム中重要になることが多い。


●ぱーふぇくとわーくす【PW】
「Xenogears PERFECT WORKS the Real thing―スクウェア公式ゼノギアス設定資料集」の略。
ゼノギアススレでは単に「PW」とのみ略され、質問や考察などがあったときによく引き合いに出される。
スレ内では当たり前のように多用されるが、知らない人はパスワード?などと戸惑うかもしれない。
ゲーム中で明かされなかった裏設定・設定画・バックストーリー・年表・用語設定・落書きなどなど
かなりの情報量が詰まっている、定価3,675円で303ページで30cmと高くて厚くて大きい本。
ゲーム本編が難解だっただけに、これを読んで初めてストーリーを理解したと言う人もいる。
既に絶版になっているため入手はちょっと困難。中古価格などが高騰気味である。
表紙がゲームのヒロイン「エリィ」の裸体でありちょっと恥ずかしい、ということも時々スレでの話題に上る。
購入者がほぼ確実にこのゲームのマニアでありじっくり読み込むからか、
誤植や設定ミスかと思われる部分も発見されてきているようだ。

☆使用例☆
先生が設計したのはヴィエルジュのエアッドだよ。詳しくは__の83ページ。

__持ってねぇよウワァン・゚・(ノД`)・゚・。

ねんがんの __ を てにいれたぞ

__って何?


●はーれむ-ぱーてぃ【ハーレムパーティー】
男一人に残りが全員女のパーティのこと。
女一人に残りが全員男のパーティは逆ハーレムパーティ。
固定パーティーではFF5やアンサガのマイス編、WA3(これは逆ハーレム)など。
固定でなくてもパーティ人数が少ない序盤に限ればほとんどのRPGでどちらかの状態になるはず。
(一度に数人仲間になる場合と、性別が無いか不明なキャラが混じっている場合を除く)。
また、幻想水滸伝2にはこの状態でないと仲間にできないキャラがいる。

☆関連語☆
男女比


●はい、いいえ【はい、いいえ】
NPCから質問が与えられた場合の、プレイヤーの回答分岐。
「私を仲間にしてくれる?」などと聞かれ、どちらかを選ぶ。
ただ、絶対にはいを選ばされることも多く、何のために存在するのか疑問視される場合も。
また、「私を仲間にしてくれない?」などと聞かれると、どっちが肯定になるのか迷う。

☆使用例☆
□はい
→いいえ
「そんなこと言わずに、どうかお願いします」


●はいいろ-の-がめん【灰色の画面】
ファミコンでソフトの接触が悪い時、画面は灰色一色になる。
バッテリーバックアップ形式のRPGなどはデータが消えてる可能性のある恐怖の一瞬である。
しまいこんでいたソフトなど埃が端子部分についていてこうなる可能性があり、
電源を入れる前にソフトと本体に「フー」っと息を吹きかけるのが恒例行事であった。
これの上手い奴は友人の家でも歓迎される。

☆関連語☆
冒険の書


●ばいおべーす【バイオベース】
大貝獣物語で最凶の欝ダンジョン。
ここには、敵組織に拉致された主人公を救うために仲間たちが訪れるのだが・・・
その途中で、これまた拉致されてきた大勢の人々が繭みたいなものに包まれて
ゆっくりゆっくりバイオベースと融合させられていく光景を見せられることになる。
しかもその人たちに話しかけるとさらに欝になれる話が聞ける。
(ちなみに主人公は無事なんで安心してほしい。)
二度と行きたくないダンジョンという話題が出ると、かなりの確率でここの名前がでる。


●ばいきゃくせんよう-あいてむ【売却専用アイテム】
金塊や宝石、魔物の体の一部(羽やうろこ)など、宝箱や敵からの戦利品で手に入るが、
特に役に立たず金策専用に用意されたアイテムのこと。
序盤にあると助かったり、いつも間にか貯まってていい金稼ぎになることも多い。
が、実はイベントで使用する物で、売ると後で買い戻さなきゃいけないなどというとんでもない
フェイクが紛れ込んでたりもするので注意。中には買戻し不可のものも。スタッフは鬼や。

☆関連語☆
換金アイテム


●はいきょ【廃墟】
街や城の荒れ果てた姿。
時としてダンジョンのこと。
魔王(軍)に滅ぼされた為に、この状態になっていることが多い。
また物語の重要な鍵がここに眠っている(眠っていた)のは確実。
__と化した、街や城では普通にモンスターとエンカウントすることも多く、何の予備知識も無く迂闊に立ち入ると泣きを見る。


●はいけい-へんか【背景変化】
演出の一種で、フィールドやダンジョン及び戦闘時に背景が変化すること。
放っておいても自動的に変化するものと、一定条件で変化するものがある。

 フィールド、ダンジョンの場合
昼夜や天候の移り変わり、風景の様相や距離感の変化など。
火事のシーンでは画面全体が赤らんだりと災害のための変化もある。
また、一定の条件を達成することで背景が変化するタイプの謎解きもある。
これらには臨場感や季節感、作品世界のリアリティをより高める働きがある。

 戦闘時の場合
使用中のみ背景が変化する魔法や特殊技は数多い。
他にはラスボス戦での形態変化や特殊技使用に合わせての背景変化がある。
この場合天空に飛び立つ、地下深く落ちる、闇に飲まれる、
何故か異次元や宇宙空間にいるなど、派手で突拍子もない変化が多く、
同時に音楽も変わると相乗効果で更に盛り上がることうけあい。

☆関連語☆
背景 イメージ映像


●はいじん【廃人】
1)社会生活が疎かになる程にゲームにハマってしまった人のこと。
終わりが無いネトゲーややりこみ甲斐があるゲームのファンに多い症状。
学校or職場・食事・睡眠以外の時間全てをゲームにつぎ込んでいる程度ならまだ良い方で、
悪化するとそのままヒキ-になってしまう者も。
中にはろくに食事も取らず連日徹夜、と確実に命を縮めている者も存在する。

2)ゲーム中、文字どおりの「心身の障害で通常の生活が送れなくなった」NPCがでてくることがある。
廃人NPCは惨事の影響などを表現する目的で配置されることが多く、パーティメンバーが廃人になるのはまさに稀である。
パーティメンバーが廃人になる事例は、
・敵の拷問で廃人になったランスロット(タクティクスオウガ)
・封印していた過去の暴露に加えて、長いあいだ心身ともに危険な状態に曝されたクラウド(FFVII)
ぐらいしかいない。
前者はパーティから離脱し回復することもなく終わり、後者は主人公特権?で復活した。
特に、後者はゲーム開始前に人体実験でいちど廃人にされており、廃人状態から2度立ち直った点でも稀有な事例と言える。
なお、意識がはっきりしており道具などで補助して行動しているキャラは、「廃人」とは言わない。

☆使用例☆
プレイ時間が999時間でカンストしたって?立派な__だな。

☆関連語☆
ハマる、やりこみ


●はいすこあ【ハイスコア】
昔実際にあったゲーム雑誌の名前。現在は廃刊しているが、一部では超有名。
公表を禁止されていたデータ(DQ2終盤のデータ。シドー含む)を掲載してしまい、エニックスの怒りを買う。
それによりしばらく休刊する。そして復帰後、新作レビューにおいて、FF3の記事にも関わらず、
「FF3は素晴らしい。DQ4とは大違い。DQ4を買うのは金の無駄。早く売るべし」
のような挑発的記事を掲載し、そのままハイスコアは姿を消す事になる。
無論エニックスも黙っている訳は無く、一連の事件は裁判等に発展していった。
ちなみに、エニックスはその後自社出版以外の攻略本を認めなくなり、
その公式本においても最終盤のデータが伏せられる事になってしまった。
DQの攻略本で、終盤のモンスター生息地を「その他の地域」等と曖昧にしているのはそのせいである。


●はいすぴーどどらいう゛ぃんぐあーるぴーじー【ハイスピードドライヴィングRPG】
99年にスクウェアから発売された『レーシングラグーン』に冠されたジャンル名。
ゲームの内容については割愛するが、このジャンル名も物議を醸した。
どういうわけだかスクウェアは、このゲームを断固として、
レースではなくRPGとして位置付けたかったらしい。
各ゲーム雑誌にも扱いに困ったのか、
「スクウェアのRPGだからと軽い気持ちで手を出すと泣きを見る」などと、
なんとかして「硬派」「女・子供の出る幕じゃねえ」的な言い回しを用いて、
メーカーの機嫌を損ねずに読者に内容を伝える工夫が垣間見られた。
そんな中、堂々と「これのどこがRPGか?」と書いた
プレイステーションマガジン(現在は廃刊)は、
スクウェアからの取材や新作情報提供の拒否といった圧力を受けた。
ストーリーパートとレースパート(これが一般のRPGでいう戦闘に相当する)で
構成される点がRPGらしいと言えるが、
セーブアイコンにまで「RPG」の文字を入れるあたり、
この異常なまでの執着心は恐ろしさを通り越して、もはや笑える。

☆関連語☆
レーシングラグーン


●はいぱーごーるどらぐじゅありー ふるおーとまちっくしんふぁいなる
ヴぁーちゃるろまんしんぐときめきどらごんましーん
【ハイパーゴールドラグジュアリー フルオートマチック真ファイナル
ヴァーチャルロマンシングときめきドラゴンマシーン】

ロマサガ3に登場する術戦車の名前、スーパーウルトラデラックス
ファイナルロマンシングドラゴンマシーン
のネジを1つ締めそこなった結果こうなったらしい。


●ぱいぷおるがん【パイプオルガン】
昔の教会音楽などに使われているアレ
ボス戦、またはボス戦前の曲に時々使われる。
なんとなくムードがでる

EX)幻想1,2 FF6のケフカ戦など

またパイプオルガンではないがFF5ではジョブのアビリティを充実させるため
各酒場にあるピアノを弾くという→どんどん上手くなっていく
という小ネタがあった


●はいぼく-じょうけん【敗北条件】
主にSRPGに用いられる。
例として「味方の全滅」「○○の戦闘不能」など。
特に特定ユニットの戦闘不能が条件となっていて、
なおかつそのユニットのステータスが低い場合には
そのキャラを守ることに神経を使いつつ戦わなければならない。
その上に敵陣に突っ込んでいくような習性があったら最悪。
プレイヤーから「厄介者」の烙印を押されることになる。


●はいゆう【俳優】
話題づくりなどのためにあえてCVに声優以外を配役するゲームはたまに見られる。
そのような場合においてもっともよく起用されるのはやはり俳優である
(声優も俳優の一部であるが、ここでは声優ではない俳優の事をさす)。
他ジャンルと比較してけっこう長い台詞をしゃべる必要が多かったり
必要とされる台詞も多かったりするジャンルであるRPGにおいては、
やはり専門ではない声のみの演技を行うのは難しいのか、ユーザーから厳しい評価をされてしまう事が多い。
有名どころの俳優では、唐沢寿明、池畑慎之介(ピーター)、倍賞千恵子、
小雪、玉木宏、若村麻由美、相武紗季、上戸彩など。

☆関連語☆
井上


●はいらんだー【ハイランダー】
Highlander=高地人、高地民族のこと。
生育環境が厳しい高地に住む人々なので、屈強な肉体を持つ戦士(の一族)として描かれることが多い。
SRPGのクラスや、特定の民族や亜人の名称としてしばしばRPGに登場する。

例)SO1のシウスやBOF2のステンの種族、伝説のオウガバトルやラングリッサー3のクラス

☆関連語☆
民族 クラス 称号 亜人


●ばうんさー【バウンサー】
スクウェアがPS2ソフトとして出した、自称「ロールプレイング・アクションゲーム」。
イースシリーズなどは「アクション・ロールプレイングゲーム」なのでお間違えのないように。
その内容はバリバリの3D格闘ゲームであり、RPG要素といえるのはマルチシナリオぐらいである。
スクウェアらしくムービー部分が凝っており、派手なアクションや演出がウリ。
エンディングテーマに有名アーティスト野田麗子さんを起用していたり、若本御大を始め豪華声優陣揃い。
「インディペンデンス・デイ」、「ダイハード2」、「ビッグ・リボウスキ」などの映画のパロディが入っているので、
それらの作品のファンなら買う価値あり。
しかし格闘ゲームとしてはバランスが悪い・・・というか、従来の格闘ゲームには程遠い出来。

☆関連語☆
ファンなら買い、若本規夫


●ばかあにき【バカ兄貴】
ファイアーエムブレムシリーズに登場する妹を持つ一部の寝返りキャラの通称。
妹が自軍ユニットで彼らは敵軍ユニットとして存在、そして彼らは「最後にもう
一度会いたかった」等と言いながら目の前にいる妹に攻撃を仕掛けてくるという
恐るべき性質を持つ。彼らの一撃で妹が撃破されてしまったプレイヤーの中には
怒りのあまり、そのユニットを一度殺してからリセットしたり、二軍行きを命じた
人もいるらしい。
キャラクター像としては愚兄である場合が多いが(マチス、マカロフ等)、ファ
バル、クレイン等エース級ユニットやしっかり者である場合もある。
なお、由来は「紋章の謎」第二部でのマチスの後日談中の『レナのバカ兄貴マチス』
との記述から。

☆関連語☆
ファイアーエムブレム


●はかい-かくりつ【破壊確率】
スターオーシャンに登場する装備品の一部に設定されている確率で、
その装備品が効果を発揮した時に一定の確率で壊れてしまうというもの。
主にステータス異常を防御する装備に設定されている。
壊れた場合でも特にメッセージ等は出ないため、知らない間に壊れていることが多い。
終盤〜隠しダンジョンに石化能力を持つモンスターが多く登場し、
また自然回復が不可能(しかも前線4人が石化したら交替できずに全滅扱い)なために
おそらくもっとも多用されるであろう石化防御アイテム「ストーンチェック」の破壊確率は15%。
比較的簡単かつ安価に作成できるアイテムではあるが、戦闘中は敵よりも
せっかく防御アイテムを装備しているのにそれが壊れるかもしれないという
恐怖と戦わねばならないストレスを作り出してくれた。
そもそも石化防御率が75%と完璧でなく、それなのに壊れまくるこの装備品に殺意を覚えながらも
他に手がないので渋々アイアン大量購入→「さいく」コマンドを繰り返したプレイヤーは多いはず。


●はかい-する-もの【破壊するもの】
ロマサガ3のラスボス
かなり強くいやらしい攻撃が多い
直前に居る四魔貴族を倒しているかどうかで大きく能力や攻撃パターンが変化する
倒した後の演出がやられた時の演出と最初の30秒ぐらいがまったく同じで
倒すのをせかすような台詞も出るため(「アビスの力が世界にあふれる」「もう僕達には抑えきれない」)
倒しきれなかったと勘違いするプレイヤーも多かった
引き返し不能の場所に居るために絶対に倒せない状況に陥り
初めからやり直す羽目になった苦い経験をもつ者も多い


●はかい-の-てっきゅう【破壊の鉄球】
DQ5以降に登場している、伝説の武器よりも攻撃力が高いただの鉄球。
往々にして手に入るのはラスト前後なので攻略本にも載っていないことが多い。
時にはカジノの景品だったりして何個も手に入ったりする。


●ばかいち【馬鹿一】
「馬鹿の一つ覚えな設定・展開」の略で、
文字通りいろいろな作品で使われる典型的な設定や展開のこと。
上手く使えばストーリーの魅力を何倍にもし、下手に使えば激減させる諸刃の剣。
RPGではワイルドアームズシリーズなどが馬鹿一を上手く使っている例だろうか。


●ばかげー【バカゲー】
バカな雰囲気のゲームのこと。
クソゲーと同じ意味で使われることもあるが、ゲームとして面白くてもバカっぽい内容ならバカゲーである。
制作者が意図的にバカっぽく作る「真性バカゲー」と、
制作者は大真面目だが文章力がなかったり、キャラがDQNだったりして結果的にバカゲー扱いされる「仮性バカゲー」がある。


●ばか-こーど【バカコード】
プレイヤーにとって特に役に立ちそうにない改造コードのこと。


●ばかさま、ばかぎみ、ばかとうしゅ【若様、若君、若当主】
名家旧家に生まれてはいけなかった人の典型例にして、
カネと権力を持たせてはいけなかった人に持たせてしまった典型例の人物。
他国の侵略やら甘言につられるやらで地位を失うことが非常に多く、早い。
彼らが中年期までその地位についていられることは少ないし、
同じ名家旧家の若き跡継ぎで有能な人々とは影で区別して
プレイヤーが脳内で「若」に「バカ」とルビをふることが可能。
現代、SF世界なら若社長、和風世界なら若殿という同類の人種がいる。

例 サガフロ2 ワイド侯


しかしながらごくまれに例外も存在する。
半熟英雄の主人公はプレイヤーが戦略面だけは操れるため、
さまざまな相手を打ち負かすこと、地位の維持が可能となった。
おちよしひこ作のコミック版では見事に「若」に「ばぁか」とルビを振られていたが。


●はかせ【博士】
博識で科学や工学、世界観によっては古代の歴史や魔法に通じている人物。
研究所で発明品を作ること、その発明品による主人公のサポートが主な役割。
中高年の男性が多く、一人称は「わし」、語尾は「〜〜じゃ。」が口癖である。
大学院の博士課程を取ったか否かはさておき、
温厚でなんでも教えてくれるその人柄によって周囲から博士、博士と慕われやすい。
他人のためになる発明を心がける、
または良心の呵責を感じつつ非道な研究に手を染めていたが裏切るなど、
いいおじさん、おじいちゃんキャラに徹している。
マッドサイエンティストとは異なって清潔な白衣を愛用している。
スーパーロボットものの世界では主役メカの開発を手がけ、
主人公がピンチになると
「こういうこともあろうかと・・・」のセリフとともに新兵器を授けてくれる。


●ばかなっ!【馬鹿なっ!】
1)主に悪役、特にナルシストな性格のキャラが敗北・死亡時に良く使う台詞。
 自分が負ける筈がないと思っている為、敗北したという事実が受け入れられない
 ままこの台詞を言って倒れる(死亡する)。この台詞の後に少し言葉が続く場合もある。
 
☆使用例☆
「馬鹿なっ!…この私が…負ける…だと…」(SO2ルシフェル)

2)TOD2の影の主役と呼ばれるジューダスの戦闘不能時の台詞。
 一見よくある台詞なのだが、聞く機会が問題となっている。
 実は彼には秘奥義を使用した後に決め台詞を言って一時的に硬直するという
 戦闘における欠点があり、その間全くの無防備な為台詞の途中に攻撃されて死亡
 ということがよくあり、その姿があまりにも滑稽な為よくネタにされている。
 
☆使用例☆
「塵も残さん!いくぞ!浄破滅焼闇!闇の炎に抱かれて馬鹿なっ!」


●はがね【鋼】
鉄の加工形態の一種。通常の鉄よりも多く炭素成分を含み,酸素を混合して練
成した金属。極めて高い剛性と加工のしやすさから剣や鎧,はてや建築物の支
柱等使われている例は枚挙に暇がない。RPGでこれが出てきたらもう中盤に
差し掛かっていると考えてよいだろう。なお鋼よりも多く炭素を含み,硬度を
重視したが反面ややもろい鉄を鋳鉄といい,反対に炭素を少なめにして加工し
やすくしたものを単に鉄という場合がある。

☆使用例☆
「金もたまったことだしそろそろブーメランから_の剣に買い換えるか。」

☆関連用語☆



●はがねのつるぎ【鋼の剣】
1)ドラクエなどではおなじみの中盤の主力武器。鉄よりも強いのはお約束。
ちなみに鋼を英語になおすとsteel、スチールである。

2)サガフロンティア2の主人公の一人、ギュスターヴが着目した武器。
特に彼が作成したギュスターヴの剣はとても強力で、術が使えない彼にとって大きな力となった。
この剣は後にグスタフという者が継承するのだが、彼はファイアブランドという剣も持っている。
共に最強の名を冠する剣。武器の持つ性質上、彼にしか使えないのだが欲張りだとか言ってはいけない。


●はがね-の-れんきんじゅつし-めいきゅう-の-ろんど 【鋼の錬金術師 迷宮の輪舞】
同名コミックのGBA化。
ストーリーは最初だけ原作にそい、9割がオリジナル仕立て。
ある程度原作、アニメを知らねばハア?なキャラ説明。
作品の人気により売上は良いようだ。
システムはカードの属性、数字を組み合わせる(練成する)事で技を生み出したり
話をすすめたりするRPG
しかし、最高の6枚カードを混ぜるより2,3枚の方が攻撃力が強かったり
全く使えない単品カードが戦闘中に混ざる→UZEEEE!な事になるなど
惜しいゲームに尽きる。
内容は目をつぶっててもクリアできる位簡単。
が、作中集める野良猫(全30匹)が29匹で全体に600ダメージ
30匹で1200ダメージ与え(主人公は良くて500ダメージ位)
練成しない方が強いなど、ゲームバランスが著しく狂うデキ。
内容に幻滅した香具師が猫集めに走るゲームとなっている。


●はかば【墓場】
故人の遺体を安置して置く場所…なのだが、超レアで物語のキーとなる遺品が
ごろごろしているため、RPGにおいては十中八九主人公パーティに荒らされる。
しかも「九龍妖魔学園紀」に至っては墓荒らしそのものがメインとなっている。
つーか、ンな仕掛けばかりの墓なんか作るなよ故人…

☆関連語☆
九龍妖魔学園紀


●ばぐ【バグ】
システム上の不具合でゲーム進行において支障をきたすもの。
製作者のミスによるものが多い。
被害例として、画面が暗転したまま停止したり、
プレイヤーの動かすキャラがどこかにはまったまま動けなくなったり、
ダンジョンから抜けられなくなったり…などが挙げられる。
これらの場合リセットしか解決策はない。
また、このバグを利用して、死別したキャラをパーティに組み込んだり、
アイテムを無限増殖したり出来る便利な「バグ技」が存在する。
しかしこれを使うと、ゲームが途中で進めなくなったりデータが壊れるという諸刃の剣でもある。
ゲームを有利に進ませてくれる「裏技」とは似ているようで一線を画す。

☆使用例☆
1・うわぁ、_____った!!どうしよう、セーブしてなかったのに…
2・_____技でレベル1600まで上げたんだ。凄いだろ。

☆関連語☆
フリーズ(画面が停止したまま何をしても動かない状態)、裏技


●はくがい【迫害】
多数の人間が少数の人間を差別し、心身的に圧迫すること。
その原因は外見とか種族、宗教の違いであったり、あるいは力の強弱や数の多寡、貧富の差などいろいとある。
苦しめられる弱者たちのために主人公たちが力を貸すというのはRPGの中盤でのお約束的なイベントとなる。
場合によっては、強大すぎる力を持っているために、かえって他の人々から疎まれ、迫害されるケースもある。
必然的に、その描写が生々しかったり残酷だったりして不快感をもたらすことが多いため、
このイベントがあると往々にして2ちゃんではシナリオが叩かれることになる。
主人公たちがこの問題を解決するための手段はさまざまで、双方を話し合いのテーブルにつかせたり、
魔物のすむ洞窟から秘薬や秘宝を手に入れてきたりする。
武闘派の主人公だった場合は、迫害を煽る街の有力者の屋敷に乗り込んで皆殺しにした挙句、街に革命を起こしたりすることさえある。
が、場合によってはどうあがいても欝展開を免れない場合がある。
ドラゴンクエストZのレブレサックの村のように、イベントをクリアした後に徒労感と不快感しか残らないシナリオもあり、一筋縄ではいかない。


●ばぐげー【バグゲー】
バグの数が異常に多い、または致命的なバグがあるゲームの総称、及び蔑称。
バグのためにまともにプレイすることが難しく、そのほとんどがクソゲー扱いされる。
ゲームの内容自体は面白いのに、バグのせいでバグゲー認定された場合、
多数のファンからリメイクやバージョンアップが待望される。

☆関連語☆
バグ バグる フリーズ


●ばくし【爆死】
1)爆発して死ぬこと、または爆発に巻き込まれて死ぬこと。
とはいえ大爆発を起こす技なんてのは腐るほどあるので、いちいち爆発程度で死んでいたら身が持たない。
ある意味RPGキャラに最も縁遠い死に方。

追記:しかし「トルネコの大冒険」では、爆弾岩の爆発を一度受けても死ぬことはないが
他の爆弾岩の誘爆にも巻き込まれるとジ・エンド。
トルネコの死に様語りがあると必ず出るほど、割とよくある話らしい。

2)ソフトが売れないこと。発売初週の売上が奮わないとアンチに「○○爆死wwwwwwwww」と煽られる。
爆死とされる基準はタイトルによって違い、10万で生還のソフトもあれば100万売れても大爆死のソフトもある。


●ばくだん【爆弾】
1)全体にダメージを与えるアイテムというよりもダンジョンの壁等を破壊するために用いるアイテム。
隠れた財宝や新しい道を切り開く。戦闘で使える場合は強力な全体攻撃が出来るアイテムだ。

2)一般的にはダンジョンの壁等を破壊するために用いるアイテム。
隠れた財宝や新しい道を切り開く。戦闘で使える場合は二つの場合が考えられ、
ものすごく威力が弱い、または中途半端で役にたたない物と、強力で使える物とがある。
どちらにしろ全体攻撃である事が多い。なお、アトリエシリーズのテラフラムは味方も含めた
全体攻撃であり、戦闘中に何の対策も立てずに使用すると確実に全滅する。

☆使用例☆
此処、なんかアヤシイ…_____を使って壊してみようか。

☆関連語☆
ダイナマイト、手榴弾


●ばくだん-いわ【爆弾岩】
DQに登場するモンスター。
岩に目と口が付いただけというシンプルなデザイン。
見かけによらず防御力は低いが、HPはとても高い。
戦闘開始直後は眠っていたり、様子を見ていたり、笑っていたりして積極的に攻撃してこないが、
HPが減ると自爆の呪文「メガンテ」を唱え、主人公達を道連れにしようとする。
運良く効かないこともあるが、確実に防ぐ手段が乏しく、大抵壊滅的な被害を受ける羽目になる。
自爆する前に倒すのがベスト。
シリーズによっては岩に擬態していて(主人公が見分けがつかないだけ?)触ると襲ってくる場合もある。

☆関連語☆
自爆、メガンテ


●ばぐ-ですか?【バグですか?】
このような質問の仕方をする奴は間違いなく初心者である。
一度体験したことがある人ならバグか仕様かの区別がつくため、このような発言はしない。
本当にバグであれば「バグだよ」と優しく教えてあげればいいが、
予想外の出来事をすぐバグだと決め付ける勘違い野郎は適当にあしらうのが良い。
お前、バグって言いたいだけちゃうんかと。

☆使用例☆
Q.エアリス死んじゃいました!バグですか?
A.お前も一緒に死ねばよかったのに。


●ばぐる【バグる】
何かの拍子でプレイ中にバグが発生すること。バグの動詞形。
ほとんどの場合、プレイを中断せざるをえなくなる状態となる。

☆関連語☆
バグ バグゲー フリーズ


●はげ【禿】
>(1)頭髪が抜け落ちた状態であること。また、抜け落ちた部分(goo国語辞典)
主におっさん、老人、僧侶などの身体的特徴として使われる。
なぜかネタキャラには結構な比率でこの髪型のキャラがいる。
「殺してでも奪い取る」で有名なロマサガのガラハドは、
リメイク時に禿げさせられ、ただでさえ高いネタ分が余計に増えてしまった。

ハゲキャラの例
イリスのアトリエ1,2 ハゲル、ドラクエ6 チャモロ、初代FE リフなど

☆関連語☆
髪型 髪切りイベント チャモロ リフ ガラハゲ


●ばけもの【化け物】
圧倒的強さを持つ者に与えられる呼称。
主にストーリーで重要な役割を担うボスとかが、こう呼ばれる。
人間離れした戦闘能力を有する者が呼ばれるため、
人間であっても化け物呼ばわりされることがある。

意外と主人公サイドのキャラが、化け物呼ばわりされることもあるが、
この場合は、人種差別や異能力が原因であることが多く、
敵サイドの「化け物」とはニュアンスが違う。

☆使用例☆
「ふん、弱すぎて相手にならんな」
「…く!化け物め!」


●ばける【化ける】
最初は弱かったり使い勝手が悪いキャラが、成長したり一定条件下に置いたりすると非常に使えるようになること。
大器晩成やポップといった類の名詞が動詞化した言葉と思っていい。

☆関連語☆
大器晩成 ポップ


●はこ【箱】
1)物を入れる直方体の器。中にアイテムが入っていたり、ミミックが入っていたりする。
また、これを押したり引いたり壊したりするのが謎解きの定番である。

2)ゲームソフトの箱。これがあるかないか、保存状態がよいか悪いかで買い取り価格が大きく変わる。
PS以降の機種ではほとんどのゲームの箱がプラスチック製なので無くしたり壊したりして失うことは少ない。


●ばざー【バザー】
商売の盛んな町や行商人たちが定期的に開くもの。
普通の店では買えない貴重なものを売っていることも結構あるのだが、
ある程度ストーリーが進むともう終わっているということも多いので注意。


●はさみうち【挟み撃ち】
標的を両側から挟む形で攻撃する事。
RPGでは主に戦闘での不意打ち方法の一種として使われる。
FF6のサイドアタックなど味方が敵を挟み撃ちに出来るゲームもあるが、
大抵の場合(テイルズ、SOなど)は味方が敵に挟み撃ちにされる。
敵に挟まれた場合は前の敵と戦うと同時に後衛の打たれ弱い味方も
守らないといけないので結構苦労させられる。

☆関連語☆
不意打ち バックアタック


●はし【橋】
1)RPGのフィールドマップ上に存在する重要な陸路。
これを渡り、川を隔てた隣の土地などに移動できるが、橋をわたると敵の強さが
ガラリと変わることから、敵の強さの違いの境界線の意味も含まれている。
また、五条大橋よろしく何かの重要なイベントなどが発生することも多く、
場合によっては何らかの理由で通行不能になり、遠回りをして目的地に向かわねばならないことも多い。

2)敵分布の分かれ目、よく壊れる。
必ず通るのでフラグを立てる場所にしやすい。

3)川を渡るための設備。
RPGを世に広めたドラクエ1では橋を越えるごとに強力な敵が出てきていた。
場所によっては建物になっていたりするが大抵は通過するだけである。

4)6割の確率で修理中である建築物。
いくら待ってても修理は一行に進まないため、遠回りorその地域でのイベント消化を余儀なくされる。
まれに対岸への渡し舟が用意されている場合もある。

5)何故か、高確率でそのシナリオ中の名・迷シーンとしてプレイヤーの記憶に残る事が多い。
例)
ファイナルファンタジー5 ビッグブリッジ
ファイナルファンタジー8 ホライズン・ブリッジ
ポケットモンスター赤緑青黄 ゴールデンブリッジ
ファイアーエムブレムトラキア776 トラキア大河
ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡 オルリベス大橋

☆関連語☆
ビッグブリッジ 虹の雫

☆使用例☆
「この__は工事中だよ」


●はしご【梯子】
上り下りの道具として階段と並んでよく使われる道具。主に山や崖で使われる。
ダンジョンなんかの梯子では上り下り中でも容赦なく敵が襲ってくるが普通に応戦できたりする。


●ばすたーどそーど【バスタードソード】
両刃の剣で、長さは120cmから140cm程度。
柄が長めに作られており、片手でも両手でも使用可能。
RPGではロングソードより高性能の片手剣として、
または実物同様片手持ちも両手持ちもできる剣としてしばしば登場する。

☆関連語☆



●はずれ【ハズレ】
一部もしくは完全に不確定(ないし不可抗力)の影響を受ける選択において、
プレイヤーから望まれない結果を指す言葉。
運がからみ、努力や注意だけでは回避できない点で一般的な過失とは区別される。

・敵から入手できるアイテムが複数ある場合、いわゆる「レアアイテム」でない方のもの
 →おそらく一番多いタイプ。アイテム収集は苦痛ではあるが、反面楽しみでもある。
・効果が一定しない特殊な技や魔法で、何も起きなかったり有害だったりする結果
 →ドラクエのパルプンテやFFのスロットなど。下手すると一瞬で全滅するので怖い・・・
・多くはミニゲームなどで、くじ引きのような運試しの類
 →カジノのルーレットなど。他には宝箱の中身が完全に別物だったりするタイプ。
・購入したゲーム自体が(ry
 →泣くしかない。

☆関連語☆
レアアイテム パルプンテ カジノ ミニゲーム 地雷


●ぱすわーど【パスワード】
1)セーブシステムが普及されていない時代(1990年代前期くらいまで)はデータを起こすのに
30文字ほど_____を合言葉として打つ必要があった。
記録する時にこれを何度も見直しながら紙にメモする人は多かったはず。
何故なら1文字違うだけでもうダメだからだ。
最近のソフトは、半永久に保存出来るEPROMが主流となってしまった。
しかし、意外なところに使われていたりする。

2)ゲーム中において、「合い言葉」として使われるもの。
入力方法は”直接入力”、”選択肢から選ぶ”、”勝手に入力”など。

☆使用例☆
_____が正しくありません。「何処が間違っているんだよぉ…あんなにやったのに…チクショー!」

☆関連語☆
冒険の書


●はだか【裸】
1)文字通り、何も着ていない状態。もしくは戦闘用の防具をつけていない状態。
守備力は自らの肉体からの恩恵しかなく、イベントなどでこの状態になることが多い。
ちなみに初期のRPGでは基本的にこの状態から始まることが多かった。
現時点で裸で最強なRPGキャラはウィズの高レベル忍者くらいだろうか。

2)FF6主要メンバーの1人「ロック」がサウスフィガロという街に潜入するイベントで
ロックが変装するためにバトル中に商人や兵士からアイテムを盗むと、ついでに服も盗む。
そうすると敵のグラフィックもパンツ一丁のはだかの男になる。
このとき敵キャラ名の欄には「はだか」と表示される。
この裸男はやはり身包み剥がされて恥ずかしいのか「ヒ、ヒィィ−−−−!」と言って逃走する。
ロックは盗んだ服に一瞬にして着替えることができるようだ。
商人の服はちょっと小さく、兵士の服はちょっと大きめらしい


●はだか-の-にんじゃ【はだかの忍者】
RPG初期の名作ウィザードリィの忍者の別名。
このゲームの忍者は何も防具を装備しないほうが防御力が高くなるため、裸でいることが多い。
当然様々な4コマ本、アンソロジーでこのネタは使われまくられた。

☆関連語☆
忍者


●はたけ【畑】
土を耕し、そこに作物の種などを蒔き、
毎日肥料や水などを与え世話をし、作物を育てている場所。
大抵、小規模な町や村にあることが多い。
また、ややブラックなネタだが戦争などでは容赦なく焼き払われ、踏み荒らされる場所。
戦場における兵士たちにとってはただの地面となんら変わらないらしい・・・。


●ばちがい-えりあ【場違いエリア】
初期RPGの陸続きの世界や、船などを手に入れ自由に世界を渡れるようになった場合、
遭遇する可能性があるエリア。
こちらのレベルに合わない強力な後半モンスターが出現する。
正攻法ならば、ストーリーを進めれば相応のレベルで攻略するエリアなのだが
先に述べたように陸伝いなので迷って入ってしまったり、船などで自由なのをいいことに
シナリオ展開でまだ触れられていない大陸などに行ってみたりするとザコでも一撃で殺られたり
殴っても殴っても倒せなかったりして、たいてい死ねる。
ちなみに「場違い」とはこちらの弱いパーティのことを示す。
やり手のプレイヤーになるとレベルアップ場所になったりすることもしばしばある。


●ぱちもの【パチ物】
別の(強力な)装備品やアイテムに類似した名前を持つが、まったく使い物にならないアイテム。
まったく使えないという潔さが好まれるため、多少使えたりするとインパクトが落ちる。
不思議のダンジョンではこのような紛らわしい名前をしたアイテムが複数種あるので、
該当するアイテムを手に入れたら、よく目を凝らして名前を確認すること。

☆例☆ ()内が本物
トライエンプレム(トライエンブレム)
エクスカリパー(エクスカリバー)
聖城の巻物(聖域の巻物)

☆関連語☆
ネタネーミング ネタ アイテム 贋物


●はちゅうるい【爬虫類】
モンスターなどの種族のひとつ。
分かりやすいのはカメやワニ、蜥蜴(とかげ)、蛇など。
ワニはイメージどおりパワーが強いのが多くカメはタフ、蛇は毒に蜥蜴はスピードや小技と
種類によって長所のイメージがばらつく。冬眠するので冷気に弱いことが多い。
またワニや蜥蜴は亜人のモチーフとしても使われやすく「リザードマン」なんかはモンスター以外に
シナリオキャラの種族としてもよく見かける。

ちなみに太古の王者恐竜もこのカテゴリに一般的には属される。
でも強力だからかたまに竜族なんかに当てはめられることもしばしば。


●はっきょう【発狂】
1)プライドをズタズタにされたナルシストな敵キャラや
強大な力を手に入れたはいいが耐えられなかったキャラや
目の前で凄まじい惨劇が起こったキャラなどが起こす。
「うわあああ」とかさけんだり「殺してやる!!」とか危険な台詞を連呼したり
下品な笑い方をしたりと尋常じゃない行動をとる。
それを止める為にバトルしたりすることも多い。
ついでにいつもより凶悪な戦闘力を出したりする事も多い。
ちょっとキャラに電波な感じが出てしまう。

2)敵のHPが減ってきたり、残り一体になったりして攻撃パターンが変わること。
死亡寸前なので大抵強力な攻撃を繰り出してくる。また行動回数も増えたりする。
戦況を有利に進めていても、突然強力な発狂攻撃が来て全滅しかねないので、最後までスリルある戦闘が楽しめる。
うまく発狂しない程度にダメージを調整しつつ、補助魔法などで準備を整え一気に倒すのがコツ。
「本当の力を思い知れ!」とか言って発狂合図を教えてくれる親切な奴もいる。

3)クソゲー過ぎて発狂する。


●ばっくあたっく【バックアタック】
1)→不意打ち

2)真女神転生IIIにおいてたまに発生する戦闘の始まり方のこと。
必ず相手が先制+一発目の物理攻撃がクリティカル という悪夢のような効果が付与される。
プレスターンバトルではクリティカルが出ると行動回数が一回増えるため、場合によっては
相手悪魔の数+四回の攻撃を食らう羽目になることもあり、気付いたら天使の螺旋が
迎えに来ていたということも少なくない。

チンパト、劇場、ムドハマに並ぶ主なパトの原因の一つである。
イケブクロのモムノフによるバックアタック気合突撃はギャグを通り越して最早芸術の域にすら達している。


●ばっくあっぷ【バックアップ】
データが消えたり攻略が詰まることに備え、あらかじめセーブデータをコピーしておくこと。
RPGは他のゲームと比べて攻略に長い時間をかけるので、バックアップを行う頻度が多いと言える。
バックアップの更新はまめに行ったほうが後々面倒が少なくなるが、
フラグを誤って立てたり、立て忘れていることに気づかないまま行うと、
バックアップデータにもそれが反映されてしまうため注意が必要。


●ぱっけーじでざいん【パッケージデザイン】
ソフトの包装にあしらわれたイラストやタイトルロゴのこと。
ゲーム店でこれが見えるようにディスプレイされているとき、
これの出来がよい場合に限るが、ノーチェックだったゲーマーにも訴求力を発揮し、
いわゆるジャケ買いをしてもらえる可能性が高まる。
以前からゲーム雑誌などでチェックしていた人に対しては、
どんな演出で世界観やキャラが表現されるのか、
中盤以降はどんなストーリーが展開するのかなどとワクワクさせる効果をもつ。

ファミコン時代には堂々とラスボスまで登場していたこともあるが、
王道な魔王退治以外のストーリーも増えたために
見方側の人物だけが登場する集合絵やシンプルにタイトルロゴだけのデザインなど、
現在では非常に多様化している。
ただし、以下のような法則がおおむねみられる。

・画面中央近くに位置し、アップか全身像で多くの面積をとる人物が主人公
・バックでニヤリ、と不敵に笑う人物はライバルや黒幕
(ドラクエ4では例外的に男勇者がこの扱いなので、悪役みたいだと感じた人もいたほどである)
・画面の上のほうにいる人物、空にうかびあがるような感じで描かれる人物は故人または劇中で死を迎える人物
・目を閉じて祈るような表情の人物は、世界観と密接にかかわるような特別な能力の持ち主


●はっこうげんしょう【発光現象】
1)古の血の力か親から託されたペンダントの力か、はたまた知らない間に勝手に授けられた力のなのか、絶対絶命の瞬間秘められた力を発揮し奇跡が起こる前兆現象。
発光量と奇跡の力の度合いは比例しないが、イベント的には大いに盛り上がるためにやたら盛大に発光する場合が多い。
ちなみにヒロインの場合、発光→奇跡(回復浄化)→気絶が多いのに対し主人公の場合、発光→奇跡(破壊活動)→気絶でしかも大惨事になった揚句周りから責められるのはやる瀬ない。

2)机の上本棚の中イベントが起こった後誰かが落としたなど、宝箱を置けない場所にあるアイテムの存在をプレイヤーに知らせる為に光る現象。
あくまでさりげなくキラリと光るのがポイントだが、暗い部屋で光る違和感は否めない。さらに金属鉱石類ならまだしも紙類薬品なんかも光る。開発者の優しさとして受け取っておこう。


●はっこうのびじょ【薄幸の美女】
次から次へと不幸が襲い掛かってくる美人の女性キャラをさす。
原因は様々だが
・自らが過去に犯した過ちの報い、つまり自業自得
・ストーリーの重要な秘密を持っている為ボスに狙われてる人
・ゲームを作った製作者の都合

これこそまさに!不幸のブラックホールや〜


●はっさん【ハッサン】
ドラゴンクエスト6に登場するキャラクター。
自称武道家だが、ダーマの神殿(転職する場所)を利用していないので無職扱い。
大工の家業を継ぐのが嫌で家を飛び出し、レイドック城の兵士に志願、採用試験で主人公と出会う。
肉弾戦では人間キャラの中でトップクラスの能力を持ち、終止パーティの戦力の要となる。
特技も「せいけんづき」「とびひざげり」「におうだち」など利用価値の高いものが多い

パーティ参入時に「かっこよさ」が0なのは多くのプレイヤー達に衝撃を与えた。
ハッサン信者はこれをオーバーフローによるものだと語る。
         __
         //  ,ィ
     ト、 ./ /-‐'´ .|
     | V   .⊥,.ィ /'7
     | / // / ./ /
     | // | / //  /.        
   ,. '"        ヽ
   |           } 
   |__ r=_ニニ`ヽfハ  } 
   ヾ|!   ┴’  }|トi  }. 
     |! ,,_      {'  }. 
    「´r__ァ   ./ 彡ハ、      
     ヽ ‐'  /   "'ヽ  
      ヽ__,.. ' /     ヽ. 
      /⌒`  ̄ `    ヽ\_.   

☆関連☆
ドラゴンクエスト、ドラクエ、オーバーフロー


●はつ-せんとう【初戦闘】
ゲーム開始後はじめて行う戦闘。
オープニングイベントに組みこまれてるか、自由に動けるようになった後普通のエンカウントをするかにわかれる。
前者の場合は旅の途中飛び出してきた魔物と戦闘、武道会で試合、逃走中に追っ手と遭遇、
今まで平和だったのに突然魔物が出現、師匠と戦闘稽古や練習、兵士になっての初出陣、
いきなり大ボスとの戦い、謎のキャラが勝負を挑んでくる、ライバルがおもしろ半分で挑んでくる、
などなどなどなど。
戦闘システムが複雑なゲームではこの初戦闘で戦い方やシステムの詳細をレクチャーしてくれる場合が多い。
仲間キャラ(特に年上)がいる場合はそのキャラがこう戦え!だのなんだの口を挟んでくる。


●ばっつ=くらうざー【バッツ=クラウザー】
FF5の主人公。相棒のチョコボ、ボコに乗って旅していたが、
クリスタルを巡る冒険に巻き込まれて光の戦士としてエクスデスと戦った。
このゲームの特徴であるジョブチェンジシステムのため、特に主人公特有のシステム的特長はない。
また、一応「暁の4戦士」という過去の英雄の一人の息子でもあるのだが、
他の仲間キャラが全員王族の中、一人だけ冒険者という不安定な職業。当然、ED後も冒険者のままである。
さらに、途中で仲間キャラが全員女性になるのが、その内の誰一人とも恋愛イベントがない。
フラグも選択肢も匂わす台詞も何にもない。仲間としての気遣いは忘れない、いい人で終わる。
他のFF主人公たちが過剰なまでのラブラブイベントやら必殺技やら暗い過去やらを与えられている中、
どこまでも地味で欲のないキャラであった。


●ばっつ-へあー【バッツヘアー】
80年代後半〜90年代前期のスクウェアRPGの主人公に良く見られた逆立ったボサボサな髪形。
名前の由来はFF5主人公のバッツからきている、
ちなみに、年代的に彼は最後の方であるが知名度が一番高いため彼の名で呼ばれる事がほとんど。
代表的なキャラはFF1、3の戦士やナイト聖剣1のヒーロー、ミスティッククエストの主人公など。

☆使用例☆
「新約でもヒーローは_____の方が良かったなぁ」


●はつどう-めっせーじ【発動メッセージ】
何らかの強力な技が発動する際、または直前ターンなどに表示される技名ではないメッセージ。
主にラストボスや山場のボスなどが使う攻撃に良く見られる。
直後に必殺技が来るので防御対策などを打っておきたい。
また味方の必殺技発動の際にもみられることがある。

例)宇宙の法則が乱れる(FF5・ネオエクスデス)
  カオスを超えて終末が近づく(FF6・ケフカ(最終))
緋炎の揺曳(TOS・クラトス・アウリオン)
  ココロガ ココロヲ クダク〜(TOD2・ジューダス)
お茶請けに次元ビームでも呼ぶ4(半熟英雄対3D・四次元皇帝(笑))


●ばっど-えんど【バッドエンド】
エンディングの一形態。
世界が救われたり平和が戻ったりするものと異なり、救われない、悲劇的な終わり方をするエンディングを差す。
トゥルーエンドと呼ばれる、ハッピーエンドと異なるものを呼ぶが、最近はバッドエンドしか存在しないRPGや、トゥルーエンドが実は一番鬱だったりするものも存在する。
この事態は製作者が悲劇の方が高尚だと勘違いしたときによく起きる。
古くは「ファンタシースターU」の地球人の生き残りと主人公たちの最終決戦から、最近では「ドラッグオンドラグーン」の東京タワーまで、その幅は広い。
鬱エンドと言う人もいる。


●ばっど-すてーたす【バッドステータス】
ステータス異常及び状態異常の中で、特に悪い影響しか与えないものをいう。
一般的には毒、麻痺、睡眠、混乱、石化、呪い、魅了など。
分身や魔法反射など味方にとって有利なステータス異常はバッドステータスとは言わない。

☆関連語☆
ステータス異常 状態異常 状態異常回復魔法 状態異常回復アイテム 毒 麻痺 睡眠 混乱 石化 呪い 魅了


●ばつのもんしょう【罰の紋章】
幻想水滸伝の世界の核を成す真の27の紋章の一つ
紋章を使うたびに所有者の命を削り、所有者が死ぬと近くの誰かに取り付くという迷惑極まりない紋章
イベント発動時の威力は凄いのだか通常戦闘で使うととてつもなく使えないかったりする困った子
ある条件を満たすと赦しの期間に入り命を削られなくなる


●はつばい-えんき【発売延期】
RPGタイトルにはよく現れる現象で、作品のクオリティアップを目的にメーカーがとる措置。
実際にはバグ問題や、キラータイトルと発売日が被る事を避けるなど
色々な理由で行われる。

補足:ドラクエシリーズで発売延期は標準装備であり、DQ7が発売されるときには
これをネタにしたCMも作られた。(今年中に発売されますようにと神社で拝むもの)
また、極めて珍しいがFF9のように発売日が予定より早くなることもある。

☆使用例☆
編集:では更に新しい要素も加わるということでしょうか?
H井:ええ、そうなんです―更なるクオリティアップのため___という形で…ええ。


●はつばい-ぜんじつ【発売前日】
ゲーム発売日の前日。
何ヶ月も前から公式サイトやゲーム誌を見て期待を膨らませたゲーマーなら、
ついフラゲの誘惑に負けてしまいそうになる日。
インターネットの掲示板に参加する場合はネタバレを警戒しなくてはならない。


●はどう【覇道】
武力や権謀術数で世界を支配する方法・理念。
RPGの主人公は大抵人々の自由意志による協力を得て大きな力を得るタイプなので、
敵側の将軍などの理念となることが多い。その場合、王道主人公に撃破される。
たまーに、覇道を突き進み、逆らう元仲間を皆殺しにする主人公も存在する。

☆関連語☆
ルカ・ブライト
デア・ラングリッサー独立ルート


●はどうけん【波動拳】
某大人気格ゲーの日本人格闘家の必殺技が元ネタになっているであろう特殊技のこと。
オーラ、気孔、生命エネルギーなどを使ってエネルギーの弾丸を放つ。
その時のモーションは両手首を曲げた状態で合わせ、腰から正面に向かって押し出すというもの。
某人気漫画の「かめはめ波」もほぼ同じモーションで、こっちの名称を好む人もいる。

ドランのスパイラルムーン(聖剣伝説3)
ミュウツーのサイコキネシス(ポケモンスタジアム2)
ランガーのメラミ(DO7)


●はどう-ほう【波動砲】
主にFFシリーズに登場している敵専用攻撃。
初出は3のラスボス。ターンごとにバンバン撃ってきて
マトモに喰らうと大ダメージを受けるが、プロテスで軽減できる。
その他には5のオメガや6の鬼神などが使用。スリップ効果がついている。
元ネタは言うまでも無く宇宙船ヤ○ト。
白い光線なのでガンダムのHMLやコロニーレーザーを思い起こす人もいるかもしれない。

補足:ちなみにGB版サガシリーズでも「はどうほう」がある。
こちらは味方の武器として登場しているが、
効果は半端ではなく敵全員を消し去る最終兵器。
さらに1ではそれを店で売っているという豪快さ。
2では一個のみだがメカに装備させる事で無限使用も可。
逆に3では艦載武器として最弱、かつての面影は無い。


●ぱとりしあ【パトリシア】
ドラゴンクエストVの馬車を引っ張る馬。
会話コマンドで初めて名前を知ることが多い。
ダメージは小さいが、パルプンテを唱えた時に敵を攻撃してくれることもある。
たった一頭で巨大なモンスターを含む8名もの要員を
どこまでも運んでくれる彼女(雌なのか?)に、
もっと日の目を見させてあげよう。

追記:IVの馬車馬の名前も同じくパトリシアである。
こっちはちゃんとイベント中に名前が出るので知ってる人も多いかも。


●ばとる【バトル】
戦いのこと。これを「戦闘」と称するか「バトル」と称するかはゲーム次第。
基本的にRPGはバトルが全体の半分くらい(またはそれ以上)
を占めるので極めて重要な要素。
バトルが不評だとストーリーが良くても高い評価を受けることはない。
武器や魔法を用いた殺伐とした争いが大半だが、
たまに全くバトル要素がないものもある。それはそれで味わい深い。
他にもカードバトルなど血が流れない健全なバトルをメインとしたRPGも多い。


●ぱとる【パトる】
真女神転生3にてプレイヤー側が死亡すること。
アニメ「フランダースの犬」の最終回に酷似した映像が
流れることから名づけられた。
近年RPGにおいて全滅という現象が発生するのは稀に
なる風潮の中、地道なレベル上げや攻略情報をもって
しても全滅が多発する本作品においていつしかこう呼ば
れるようになった。

☆関連語☆
パトラー、パトリスト、プレスターン


●ばとる-これくしょん【バトルコレクション】
SO3のオマケ的要素。
専用の別データを作る事で、戦闘中の特殊な事象ややりこみが記録される。
その数は300種類あり、ボス1分撃破から戦闘不能○○回など名誉な事から
不名誉な事、へんてこなことと様々。
集め出すと楽しいが、詰まり出すと「なんじゃこのアホな入手条件は」とか
「完全に製作者のオナニー」みたいな声も多少上がってた。
○○モードレベル1ラスボス撃破などもあるため全て集めるには複数周こなさなければならない。
無印版には○月○日にのみとれるといったものもあった。(DC版では消えている)


●ばとる-しすてむ【バトルシステム】
かつてムービーのない頃、戦闘はRPGの2/3を占めるとすぎやまこういちは言った。
それだけに戦闘システムは皆工夫を凝らし、オリジナリティを主張し、パクリ、焼きなおす。
そして大抵名前が長い。そしてアルファベットの頭文字をとる。そして憶えてもらえない。
アクティブタイムバトル(FF)マルチライン リニアモーションバトルシステム(TOS)
ダイレクトコマンドバトルシステム(里見の謎)今日も新しいバトルシステムが生まれる……

☆使用例☆
画期的な____エンハンスト・プログレッシブ・アクティブ・ウェイト・アルティメット・ダイレクトリンク・
リニアモーション・マインドシフト・フォース・レバガチャ・ターンバトルシステム(EPADWARMFRTB)を搭載!


●ばとる-すぴーど【バトルスピード】
システム面に於ける、戦闘の展開(敵やプレイヤー側の行動)の速さのこと。
FFのATB等、戦闘がリアルタイム式のものでは、初心者救済とやりこみ派のためか、
これを自分好みに調整することができたりする。
低レベルクリアや強いボス等の攻略では、地味に無視できない存在。


●ぱとろん【パトロン】
芸術家や、芸人または特定の団体などを経済的に援助する人。後援者。(goo国語辞典)
RPGでは主に武装勢力や地下組織に資金や情報を提供する人物、集団のことを指す。
金を出しているだけならまだしも、時には出資先の組織を金の力で意のままに操り、
黒幕と化した挙句ラスボスを生み出したり、ラスボス化したりするのでたちが悪い。
味方であっても黒幕の可能性はあり、そうでなければ途中で空気化するのが大半である。

例:TOD ヒューゴ 幻水W グレアム・クレイ WA2 アーヴィング など


●はな【鼻】
1)顔の中央にあるはずであり、においをかぐための器官。
ほのぼのしたお話の登場人物の容貌からは省かれていることが時折ある。
そのため、キャラクターに鼻の無いグラフィック、設定画のゲームを
ほのぼのとした内容のゲームだとプレイヤーに錯覚させる可能性もある。

2)盗賊などのお宝が大好きな強欲者が、財宝のありそうな雰囲気を察知するさい、
儲かりそうな予感をあらわすために用いられる単語。

☆使用例☆
「ここの神殿はお宝のにおいがプンプンするぜ、俺の鼻は確かだ。」

3)盗賊以外のキャラがこの器官に頼ることで、
音と画像以外の情報を伝えてプレイヤーには察知できない危機を警告する。

例)・甘い花のような香り→麻酔毒などで眠らされる危険性
・血のにおい→重傷者や死者が近くにいるか、最悪の場合虐殺などがあって最寄りの人里が全滅している
・火薬のにおい、きな臭い→いまいる建物やダンジョンが崩壊する予兆


●はないき【鼻息】
1)鼻から出る呼気

2)ファイナルファンタジーY前半のボスキャラ、テュポーンの得意技。
強烈な鼻息で味方キャラの一人を吹き飛ばし戦闘から強制退場させる、
飛ばされたキャラを復帰させる手段が無いため即死攻撃よりもタチが悪い
それ以上に「はないき」と言うふざけた技名でキャラが画面外へ消えてゆくのが悲しい。
なおテュポーンはストーリー後半の闘技場でも登場し、価値の低いアイテムを
賭けて戦おうとする者を容赦なく鼻息で吹き飛ばす。

追記:テュポーン以外にも「はないき」を使う敵はいるが、その場合戦闘終了後に
メニューを開いてみると飛ばされたキャラは退却扱いで無傷のままである。
よって、テュポーンと戦うのはイベント戦及び闘技場なので勝手が違うものの、
他の敵の場合は残っていた味方が全滅してもゲームオーバーにはならない。
これはFF7のミドガルズオルムに飛ばされた場合なども同様である。
ちなみに「デジョン」「融合」「スパイラルソウル」は退場&戦闘不能なので注意。

☆関連語☆
バニシュ・デジョン


●はなうり【花売り】
花を売る主に若い女性の職業
花が女性性や女性器の象徴であるため、しばしば売春婦の隠語として用いられる
もちろんRPG用語ではない
が、某対策RPGのヒロインの名乗りが「スラムの花売り」であったために争論の種のとなり
・スラムで花売りなんて完全に売春婦だよ派
・一回一ギルは安すぎるから本当に花を売ってるよ派
・一ギルは手付け金でその後に本当の金額交渉してるよ派
・ポーション(一般人なら致命傷から万全まで回復できる回復量)が50ギルだから本当の花一輪にしては高すぎるよ派
・ミッドガルでは花は貴重なんだよ派
・スラムでは誰も花なんか買うわけないよ派
などなど、様々な派閥に別れて争いは続いている
これは、処女信仰に根付いた男のファンタジーと
花魁との心中悲恋物に代表される退廃的男の浪漫がぶつかり合った熱い戦いである


●はなしは-あとだ【話は後だ!】
主人公達に不意の助っ人として登場し、話をする時間もないような切羽詰った場合によく出る台詞。
この言葉の後は「来るぞ!」「逃げるぞ!」「行け!」等様々。他の人物が代わりに言ったりする。
この際登場する人物は主に
・死んだと思っていた仲間
・敵国にいるけど主人公達の良き理解者
など、プレイヤーが一度会った事のある人物が多い。
また、本人もこう言っている事からボス撃破後、ダンジョン脱出後にかなりの確率でこの後仲間になったりする。


●はなす【話す】
1)読んで字のごとく。
村人なり王様なり敵なり思い思いのキャラに話しかけましょう。
大概のRPGにおいて必要不可欠な行動で
作中の登場人物たちに話しかけていくことにより
彼らの他愛も無い話を聞く事ができ、
時として情報を得、戦闘が起こり、話が進んでいく。

2)むかしのRPGは
話をしたいキャラの前で一度ボタンを押して
ウィンドウを開き「はなす」というコマンドを選択しなければ
会話できなかった。
酷いものになるとウィンドウを開いている間にも(開いている間は当然こちらは動けない)
対象が動いてしまうため会話するのも一苦労、というゲームもあった。
最近はボタン一発。便利になったものだ。


●「はなす」であいてむをくれるNPC【「話す」でアイテムをくれるNPC】
町でたまに見かける人型宝箱
「こういう良い事があるんだからお前らもっと町人に話しかけろよ」
という意味合いで設置される。
大抵小銭か回復アイテムをくれる。
「拾ったんだけどいらないからあげるよ」と
ガラクタを押し付けられた場合は、意外と貴重品だったりするので注意


●はなれ-こじま【離れ小島】
1)陸地から離れてぽつんと浮いている小島。なぜかこういう地形にダンジョンやほこらがあることが多い。
一見何も無いようでも、レアなモンスターが出現したり、アイテムが落ちていることもある。
近くの陸地から建物シンボルを見ることができるものの、序盤だと移動手段がなくて行けないため、
後々絶対にここに行ってやろうという気にさせてくれる。

2)SRPGでは長距離射程の魔法使いやバリスタを使う弓兵などが配置されていることが多く、
大陸側にいる味方ユニットに向けて一方的に攻撃してくる。
対処法は、こちらも長距離射程の攻撃を使うか、防御対策を万全に施した飛行ユニットで倒すこと。


●ばにーがーる【バニーガール】
一昔前は酒場やカジノ等で男性サービス、お色気担当の重要な役割を担っていたが
最近は萌えメイドにその座を奪われ絶滅種になりつつある。


●ぱにげる【パニゲル】
サモンナイト2における最強の裏技の略称。パニック召喚ゲルニカの事。
登場キャラクターのミニスが使うコマンド「パニック召喚 獣」を
ミニスの称号を幻獣界の姫君にしてLUCを90以上にした状態で
使用すると高威力広範囲の召喚獣ゲルニカを確実に召喚することができるというもの。
ゲルニカを通常召喚するには多量のMPを消費するのだが、この方法で召喚すると
半分以下の消費で済むためバランスブレイカーとなっている。
これに同作品に登場するアメルの豊穣の恵みを組み合わせると更に拍車がかかる。


●ばにしゅ-です【バニシュ・デス】
ファイナルファンタジー6に出てくる魔法バニシュで透明化したときの
「物理攻撃に対して無敵になるが、副作用として魔法が必ず効くようになる」という効果を利用した、
「敵にバニシュをかける→透明化した敵にデスをかける→(゚д゚)ウマー」な裏技のこと。
ボスに対しても有効であるため、多くのボス戦をこれでやり過ごすことが可能。


●ばにしゅ-でじょん【バニシュ・デジョン】
ファイナルファンタジー6に出てくる魔法バニシュで透明化したときの
「物理攻撃に対して無敵になるが、副作用として魔法が必ず効くようになる」という効果を利用した、
「敵にバニシュをかける→透明化した敵にデジョンをかける→(゚д゚)ウマー」な裏技のこと。
ボスに対しても有効であるため、それなりにボス戦をこれでやり過ごすことが可能。
しかし、デスゲイズに対して使用すると魔石「バハムート」が取れなくなると言う諸刃の剣

補足:その原因はデジョンによる敵の消滅が「逃走」扱いになっていることと、
魔石の入手がデスゲイズのドロップアイテムではなく戦闘後のイベントであることが原因。
デスゲイズは戦闘が長引くと逃走することがあり、当然その場合は魔石入手イベントが発生しないのだ。


●はにわ【はにわ】
1)知る人ぞ知る、SaGa2に出てくる最強の敵。
高いステータスを持ち、最強魔法フレア、ダメージ1000オーバーのしちしとうによる
猛攻に加え、1000ポイントの自動回復まで備えている。
限界まで育てたパーティーでも全滅させられる可能性大。
ラストフロアにて普通にエンカウントするので出会ってしまうと速攻逃げる
…と言いたいところだが、はどうほうやモンスターのクリティカルで一撃なため実はそんなに怖くない。
むしろ最強武器しちしとうのために乱獲される。
レアアイテムを落とす強敵のさきがけかもしれない。

2)サガ2秘宝伝説に出てくる敵で、目の中が赤く輝いている埴輪。
HPが10000、全能力が90とかなり高い能力をもち、攻撃もフレアや七支刀など強烈なものばかりである。
さらに防御能力も高く、全異常と全属性魔法を無効化し、毎ターンごと1000近くのHPが回復する。
一見すると隙がなさそうだが、抜け道はありチェーンソーや波動法、クリティカルをうけると一撃で倒れてしまう。
ちなみにこれを倒すと七支刀を落とす事がある。普段は1500くらいが与えられるダメージの限界であるこのゲームで、
20000以上のダメージを与えられるという強力な武器であるため、狙う人も多いという。


●はねばし【跳ね橋】
城の入り口や大型船が通行する川などに設ける橋で、敵襲や船舶の通行の際に跳ね上げることができるもの。
通行止めや障害物の一種としてよく登場する。
障害物の場合は、鍵を使ったりスイッチを押したりして橋を上げ下げすることができる。


●はねぼうし【羽根帽子】
頭部用の防具の一つ。名前から想像できるように大して強いものではないが、
最も印象に残るのはDQ4の第五章冒頭で手に入る、いわゆる「シンシアの羽根帽子」。
彼女の悲壮な死に様と相まって、勇者には装備できないにも関わらず決して手放そうとしない
ロマンチストなプレイヤーが続出した


●ぱねる【パネル】
おいてある場所によって、様々な効果があるオブジェクト。たとえば…
1.ダンジョンの途中で。複数設置。
 全部光るのではなく、一つ一つ順番に光る場合が多いでしょう。
 貴方は、その光るパネルを光った順に踏んでいくことを、求められます。
 
2.部屋に一つだけ。
 複数に光るパネルがあるのではなく、部屋の中央に光るパネルが一つだけ。
 明らかに何かがある証拠です。変なところに飛ばされ、真ん前のボスと戦闘という可能性もあるので、
 不注意に踏むのはオススメできません。また、なんかの起動スイッチという事もあります。
 この場合でも大きなイベントが発生することがあり、不用意に踏むことはオススメできません。

追記:一つの部屋もしくはダンジョン各所に複数合って、
全部光らせるとイベントが起きたり次のエリアに進めるようになる奴もある


●はは【母】
兄よりは死亡率が低いが、仲間になる可能性はかなり低い。
父とともにモンスターに改造されてたり、敵の人質に取られて死亡する事もある。
はっきり言ってお産の地獄に耐えたのが報われない役。

☆父兄の方へ☆
貴方のご子息あるいはご息女がある日突然「目覚めた」とか言って冒険に飛び出し、
あちこちで犯罪に近い行為を犯し、そして敵の幹部に狙われる事があっても慌てず、冷静に対処しましょう。
運がよければ「勇者の母」で、一攫千金のチャンスです。
良き勇者の母親像を挙げるなら、グルグルのニケの母親が最も理想的だといわれています。

☆使用例☆
____さん!?____さーん!…うう、は、早くここからお逃げ・・・・ガクッ。


●ぱぱ【パパ】
1)いい年こいて父親のことをこう呼ぶタイプのキャラは
たいてい権力者や金持ちの子供である。

2)MOTHER、MOTHER2に登場する主人公の父親。電話の声のみで登場する。
次のレベルアップに必要な経験値を教えてくれたり、
戦闘に応じて銀行口座にお金を振込んでくれる。
長時間プレイしていると休憩を促す電話をしてきてくれたりもする。
ちなみにモデルはシナリオライターの糸井重里氏自身とのこと。

☆関連語☆



●ぱぱす【パパス】
ドラゴンクエスト5に登場する重要人物。主人公の父親で、グランバニアの国王でもある。
高貴な身分の出自であるが、魔界に連れ去られた妻マーサを救うため、
幼い主人公と召使いのサンチョを連れて勇者を探す旅をしていた。
戦闘時においてはプレイヤーによる操作を一切受け付けないNPCだが、
1ターンに2回攻撃する桁違いの攻撃力を持っており、鬼のような強さを発揮する。
また、戦闘後に傷ついた主人公をホイミで回復する姿は、
頼りになるお父さんという印象をプレイヤーに強く植え付けた。

しかし悲しいかな、父親キャラの宿命として彼にもその時がやってくる。
旅の途中でラインハット王家に召抱えられるが、
折りしもその日、ラインハットの王子ヘンリーが誘拐されてしまう。
彼は単身で敵の本拠地に突入し、ヘンリーを救出するも、
逃げる途中で敵の首魁であるゲマに主人公とヘンリーを人質に取られ、
無抵抗のまま焼き殺されるという悲劇的な最期を迎えた。
その時の断末魔である「ぬわーーっっ!!」という台詞は、不謹慎ながらもよくネタにされる。

追記:オープニングにおいてまだ赤ん坊の主人公に「トンヌラ」と名付けようとする。
また、名前入力画面で主人公の名前を「トンヌラ」にすると「サトチー」と名付けようとする。
どちらにしてもネーミングセンスには恵まれていないようだ。

☆関連語☆
ドラゴンクエスト5 DQ5の主人公 ぬわーーっっ!! 父 NPC ゲマ


●ばはむーと【バハムート】
1)アラビア神話に登場する、世界を支える巨大魚。
これをドラゴンの名前としたのはTRPG"Advanced Dungeons&Dragons" で、
背景世界上で善龍の王とした(ちなみに悪龍王がティアマット)。
D&Dの影響が強い「ファイナルファンタジー(T)」では主人公達をクラスチェンジ
させるキーパーソン、V以降では最強の召還獣として毎回登場。
FFシリーズの代名詞のひとつとなっている。
あまりにバハムート=FFのイメージが強いため、他社作品で目にすることは少ない。
いっぽうスクウェアは龍を題材としたSRPG「バハムートラグーン」も製作した。
有名な話であるが、ヘブライ神話の巨大獣ベヒモスとバハムートは語源を同じくする。
しかしそれぞれ別個の存在であり、ベヒモスとバハムートが同時に登場することは何も
おかしくは無い(おかしいと言うなら、違う神話体系が混ざっていること自体が変)。

2)FFで有名なドラゴン。竜王、竜神等の修飾がされるように、龍族のトップクラス。
FF7では、バハムート、バハムート改、バハムート零式と3ランクのバハムートが登場。
それぞれ、メガフレア、ギガフレア、テラフレアと、PCの知識が多少ある人なら
ピンと来る名前の必殺技を持つ。
3種のバハムートの名前を見るとわかると思うが、普通のバハムート以外
人間によって作られた存在。零式なんて、ロボットです。
FFの続編が出る毎に、どんどん地位が下がってきている保護すべき存在。
かつて、最強を謳われた彼も、もはや、最強の召還獣までの階段の一段に過ぎない。
保護動物として、大切に扱い、くれぐれも改造することの無い様、各自心がけましょう。

☆使用例☆
彼女「ウホッ!イイ男!」
彼「バカムード台無しだろ!」


●ばはむーと-らぐーん【バハムートラグーン】
1)自分では大体の命令しかできないドラゴンと自分で直接操作できる人間の2種類のユニットがあるSRPG
難易度は非常にゆるゆるで何も考えずにクリアできるぐらいに簡単
背景グラフィックは非常に綺麗でSFC最高クラス、一見の価値ありかもしれない
このゲームのドラゴンは物を食べさせて強くしていくのだが武器、防具まで食べてしまう悪食である
だが、一番の特徴はそんなシステムではなく
「 ヒ ロ イ ン を 敵 の 将 軍 に 取 ら れ る 主 人 公 」
というRPGでも類を見ないストーリーにある
自分で名前までつけられるヒロインが寝取られるというのは前代未聞であろう
ちなみに一本道で回避する術はない
密かに好きな子の名前を付けてプレイしていた人間には消えないトラウマとなって残ったことだろう

2)SFC後期にスクウェアが出した名(迷)作S・RPG。
グラフィックの面では同時期に開発したFF6の流用が多いが
グラフィック・サウンド共にSFCでは最高レベルの逸品。
また元々はFFTとして開発され、FF7にもゲーム中にポスターが登場している。
また、仲間一人一人のキャラがきちんと立っており、
それぞれがホモ老人、薬中、ストーカー女など強烈な個性を持っており
セリフ回しなども秀逸であるために今でも根強い信者が存在する。
ヒロインはスクウェア三大悪女の一人に数えられる王女ヨヨであり、
主人公のビュウとヒロインのヨヨのみ名前を変更可能であるため
実名プレイ&好きな女の子の名前プレイをしてしまった
悲惨なプレイヤーが少なからず存在する(合掌)

☆関連語☆
スクウェア三大悪女、ヨヨ、バハムート、スクウェア


●ぱふぱふ【パフパフ】
1)子供には刺激が強すぎる男の夢のひとつ
がドラクエにおいては実は男にやられている悲しい結末

2)ドラクエ究極のコマンド。
どんなに経験を積んだ冒険者も誘惑には勝てない。
中年男の指圧だったりただのお化粧だったり実はオカマだったり・・・と痛い目を見ることも多い。

☆使用例☆
*「あら ステキなお兄さん! 『ぱふぱふ』する?」


●ばぶるろーしょん【バブルローション】
スターオーシャン2ndに出てくる戦闘補助アイテム。
戦闘中に使用すると、殴った敵を低確率で即死させることができる。
これの真に恐ろしきは、
・エターナルスフィア、昂翼天使の腕輪を装備すると一撃で10〜15Hitくらい叩き出せる
・あらゆる敵に効果がある。
これによって、ガブリエルだろうがガブリエ・セレスタだろうがイセリア・クイーンだろうが1分以内に屠れてしまう。
同様のアイテムにビターローション等もあるのだが、いつも引き合いに出されるのはバブルローション。

☆使用例☆
A「___さえあれば怖くないぜ」
B「いや…お前、エターナルスフィア持ってないだろ」

☆関連語☆
チェーンソー、エターナルスフィア、バニシュ→デス、霧隠れ→死の舞い


●はぼりむ【ハボリム】
TOに登場したキャラ。どのルートでも敵の手から救出する事で仲間になる。
暗黒騎士団という主人公と敵対している組織に昔入っており、剣聖と謳われている存在なのだが、
能力は速さと器用さ以外低く、まともに戦う事はとても出来ない。下手したら即二軍落ちという可能性もある厳しさである。
しかし、彼の真髄は補助魔法を使うときに発揮され、他のキャラだと成功率が60パーセント程度しか成功しないものをほぼ確実に決める事が出来る。
相手を石にする魔法であるペトロクラウドとのペアはかなり有名であり、ゲームの難易度も劇的に変化する。
使い方によって、価値観が大きく変わる伽羅の一人といえる。


●はまうず-まさし【浜渦正志】
スクウェアサウンズの一人。ドイツのミュンヘン生まれで両親共に音楽家という筋金入りの作曲家(?)である。
「チョコボの不思議なダンジョン」や「サガフロンティア2」、「ファイナルファンタジー10」などでその手腕を
存分に発揮している・・・はずなのだが、(一部の)古参サガファンには「何でイトケンじゃねーんだよ!!」と、
(一部の)古参FFファンには「何で植松じゃねーんだよ!!」とまあ理不尽極まりない理由で叩かれまくっている。
そして「アンリミテッド:サガ」でも相変わらず名曲揃いであったがやっぱり(一部の?)古参ファンに叩かれている。


●はまぐり-ひめ【はまぐり姫、蛤姫】
天外魔境弐の越中国(現:富山県)にあったといわれる幻夢城の城主でヒーロー達と対立する。
この世とは思えぬ美女で、幻術を操るのが得意だが、
あまりにも美しいので倒すのが勿体ない男性ユーザーや、
幻惑ストリップに見とれすぎて我に返ったらすでにゲームオーバー画面になった男性ユーザーが続出しただろう。
しかし、これらのユーザーはすでに彼女の幻術にハマッてるので、男性ユーザーにとってはある意味最強のボスだろう。
しかし、ある程度ダメージを与えると突然見解不能な怪獣に変身するので、
裏切られた気分で殺意が沸いたユーザーもいたらしい。
ちなみに幻夢城は富山湾の蜃気楼の中にあるらしい。

☆使用例☆
_____に会いに富山湾沖に行くのか?くれぐれも北の工作船には気をつけれ


●はまる【ハマる】
ゲームに熱中すること。

☆使用例☆
DQ3には絶対____よ。

☆関連語☆
信者、廃人、やりこみ


●はまる【ハマる】
ゲームバランスやシステムおよびイベント上の特性などの
要因が絡み合うことで特定の状況からどうやっても抜け出せなくなること。
単にゲームのデザイン上の問題で起こる場合と、
システム上のバグによって引き起こされる場合がある。

☆使用例☆
あのイベント中にセーブしてしまうと____可能性がある。

☆関連語☆
バグ、リセット、ウィーグラフ クリア不可能


●はむすたー【ハムスター】
1)ペットとして人気のある、げっ歯類の小動物。

2)ヴァルキリープロファイルの隠しダンジョン・セラフィックゲートに出現するレアモンスター。
一見ただのハムスターだが、HPが400000(本編のラスボスと同等)もあり、常に4体同時に出現する。
「ダダをこねる」というまったく意味の無い技を使ってプレイヤーを和ませるものの、
キラーシード(一人のHPを1にするか1ダメージ)やカモンレミング(全体に数万以上のダメージ)等、凶悪な攻撃を繰り出してくる。
また、体が小さいため非常に攻撃が当てにくく、しかも回避率が異常に高いので通常の攻撃は当たらず、
普通に戦うと簡単にこちらが全滅してしまう。
一応、魔法使い3人で大魔法連発という攻略法もあるが、予備知識無しでは全滅必至である。

☆関連語☆
ヴァルキリープロファイル ラスボスより強い雑魚


●はめ-わざ【ハメ技】
1)元は格闘アクション用語だが、
ある特定の技や魔法を使うことにより、敵を行動不能状態にしたままノーダメージで倒す技
通常はボス戦でたまに使える場合があるが、天外魔境弐とロマサガUには特定の戦術により、ラスボスにハメ技が使えてしまうらしい。

2)ターン制のRPGではかなり特殊な技ではあるものの、
テイルズ・SOのようなアクション要素の強いRPGでは普通のテクニック。
格ゲーに近いのだから、当然と言えば当然だけど。


●はやくけせ【はやくけせ】
真・女神転生T、SFC版のプレイヤーの間で囁かれる話だ。
SFCにROMをぶちこみ、勇んで電源投入。……すると、画面いっぱいに……

はやくけせはやくけせはやくけせはやくけせはやくけせはやくけせはやくけせ
と出る。
プレイヤーの間では、メガテン等オカルトなゲームははほんとにそういうオカルトなバグが発生するといううわさがあったため
コレもその類ではないかともいわれていた。
しかし、実際は当時の開発者が仕込んだお遊び要素。
「隠し要素を入れるのが流行ったから入れた」らしい
電源を入れると、1/65536の確率で出る。
しかし最初は1/256で出るようにしたとのこと。
初期ロットが出た、すぐ後に見つかって修正された。

以下開発者の書き込み

懐かしい・・・そろそろネタバレしてもいい時かな。

それを仕込んだの、おれです。もう一人のプログラマとグルになってやりました。
当時、いわゆる「隠し要素」を取り入れるのが流行っていた時代で、
女神転生というタイトルにふさわしいものを、と、メインには黙ってやっちまいました。
最初は1/256に設定していたんですが、
これだと結構な率で発生してしまって面白くない。
そこで1/65536に。初期ロットが出たすぐ後に見つかって修正されましたけどね。
今ではいい思い出です。


●はやとき【早解き】
1)対象となるゲームをさっさとクリアして一応のEDを見ること。
2)発売日に買ったゲームをとっととクリアし、さっさと中古屋に売ること。
3)「やりこみ」の一形態。
大抵のRPGについている「プレイ時間」の表示を、
クリアする、もしくは最終セーブポイントでセーブするまでの間でできる限り少なく抑える行為。
そのゲームの知識、時の運、そして時間との戦いに耐えうる精神力など、
やりこみに対するあらゆる要素を要求される、
各種やりこみの中でもかなりの難易度をほこるやりこみ。
「早解き」とは言っても、「途中のセーブポイントへのタイムが不満→リセット」の行為を伴う事が殆どで、
故に、実質的なプレイ時間は大抵の場合かえって長くなる。
(2)で用いられる意味とは異なり、まさにそのゲームへの「愛」があってこそ為せる業。


●ぱらめーた【パラメータ】
キャラの能力値を示す項目。
STR(≒ATK),VIT(≒DEF),AGI(≒SPD),MIN,DEX,WIS,LUC他。
初期のRPGではこれらが使われていたようだが、DQ以降RPGが主力になるにつれて
ちから、まもり、はやさ、うんのよさなど、子供にも分かりやすい言葉に変えられた。
最近では主流は再び英語の略語になっているようだ。みんな大人になったんですね。

補足:パラメータ略語集
STR(strength)力の強さ・筋力、≒ATK(attack)攻撃力
CON(constitution)/VIT(vitality)体格・耐久力・生命力、≒DEF(defence)防御力
DEX(dexiterity)敏捷性・器用さ≒AGI(Agility)俊敏性・SPD(speed)素早さ・HIT(hit rate)命中率・ER(evasion rate回避率
INT(intelligence/intellect)知能・知性、≒MAT(magic attack)魔法攻撃力
WIS(wisdom)経験知・賢さ、≒piety、MDF(magic defence)/MR(magic resistance)魔法防御力
LUC(luck)運の良さ
CHA(charisma)魅力


●ぱられる-わーるど【パラレルワールド】
並行して存在している世界。全くの異世界とは異なり、
同じ人物や風景で構成されている。しかし、
意思は独立しているので、片方の世界では有名な人物が、
もう一方の世界ではただの人という場合もある。
パラレルワールドをテーマにしたRPGには
『クロノクロス』『SO3』などがあるが、
マルチエンディングシステムを採用したRPGにおけるそれぞれの物語も、
ある意味パラレルワールドと言えるかもしれない。

☆関連語☆
マルチエンディング


●ぱらでぃん【パラディン】
優れた剣技と聖なる魔法を扱う、神の加護を得た騎士。聖騎士、聖戦士、聖堂騎士ともいう。
元ネタはローランの歌をはじめとする中世ヨーロッパの騎士道物語からで、
フランク王国のカール大帝配下の主だった十二人の勇士のことをいう。
また、その語源となった「palatine」という言葉は宮殿の守護者という意味である。
後にTRPGで「神に仕え奇跡の力をふるう騎士」にパラディンという言葉が当てられ、
現在のような騎士の力と僧侶の技能を併せ持つ戦士、もしくは上級の騎士という意味になった。

☆関連語☆
聖騎士 聖戦士 騎士


●ばらもす【バラモス】
ドラゴンクエスト3に登場するボスキャラクターで、冒険開始当初の目標敵。
およそ魔王らしからぬ風貌と、ラスボスであるゾーマのインパクトのせいでイマイチ威厳にかける。
「はらわたをくいつくしてくれる」と言いながらバシルーラで仲間を酒場に送り飛ばしたり
ラリホーで眠る、マホトーンで呪文を封じられるなどの奇行も。
なお、負けてもはらわたをくいつくしてくれない。
SFC版以降は勇者1人で倒すとアリアハンの王様からご褒美がもらえるが、
後の町で市販されている武器なので自己満足でしかない。
しかしターンごとの回復などがあるため一人撃破はかなり難しく、挑戦してみる価値はある。
楽に行くなら賢者と二人で行ってバイキルト他で勇者を強化し、
バシルーラで賢者を飛ばしてもらえばいい(邪道)
そしてアニメ版だと無駄にかっこいい
アニメから入った奴はゲーム版のほうを見て驚愕した

なんだこの「ピアノ」(DB)の親戚みたいなのは


●ばらんす-ぶれいかー【バランスブレイカー】
ゲームバランスが崩れる原因になっているキャラやアイテム、技、魔法などのこと。
場合によっては戦闘システム自体がこれに該当することもある。
何故バランスを崩すかというと、単純に強すぎるからである。
使用しなければ解決してしまう場合も多いが、自分の好きなキャラが
____だったりするとやる気が無くなる。

☆使用例☆
この魔法は____だから使用は控えめにな。

☆関連語☆
ゲームバランス、インフレ


●ばりあ【バリア】
1)敵の攻撃を大幅に削減する障壁。マホカンタ系の反射魔法とは異なり、あくまで軽減するものであるため、多少は貫通してダメージを与える。
基本的にバリアを解除する方法を探り当てるのがRPGのイベントのひとつとなるのだが、上述特徴のため、徹底的に鍛え上げればバリアを解除せずに倒すことも可能である。
バリア使いとして印象に乗るのはドラゴンクエストIIIのゾーマだが、こいつを光の玉(バリア解除アイテム)なしで倒すのがひとつのステータスだった時代もあった。
あくまで、解除方法があることがバリアであることの大前提であるため、単なる耐性とは少し違う。
たとえば、ソウルハッカーズに登場するスナッピーの場合、物理攻撃は耐性(解除不可)で、魔法攻撃はバリア(解除可能=魔法連打すると吸収しきれなくなって自爆)という扱いになる。
・・・もっともスナッピーの場合は、その解除方法がわからなくて物理攻撃でゴリ押しして力でねじ伏せたヤツの方が多かったが。

2)宇宙船などで、イベントフラグの構造上先に進まれたら困る場所に張っているもの。
イベントが進行すると外れる。


●ばりあ-かいじょ【バリア解除】
1)敵のバリアを消滅させること。
・アイテム・技・特技を使用する
・周りにいるバリアの発生源を撃破する
・数ターン経過するのを待つ→第三者が解除
など、方法は様々。基本的にこの行動を取らないと倒せない。

2)敵の本拠地に張り巡らされたバリアを解除するイベントの一種。
発生装置破壊のために、誰かが犠牲になったりするのはお約束。

☆関連語☆
バリア 結界


●ばりすた・かたぱると【バリスタ・カタパルト】
ballista(羅)巨大な弩砲の一種。てこを用いて弦を引き絞り、石や極太の矢を打ち出す。
catapult(英)石などを投擲して敵の人馬もしくは城などの建築物を攻撃する兵器。(Wikipedia)
弩、投石器ともいう。いずれもSRPGに登場する超長距離からの攻撃を可能とする兵器で、
射程と攻撃力は高いが、命中率が低く、機動力は貧弱という極端な性能を持っている。
敵軍が使用する場合は城内や山上、離れ小島など容易に近づけない場所から撃ってきたり、
数台横に並べて、数撃ちゃ当たる方式で連発してきたりと嫌らしい攻撃をしてくる。
しかしこれが役に立つのは防衛する側での話。基本的にプレイヤーは攻め込む側のため、
味方が使う場合は機動性に乏しいバリスタ等は役立たずな印象が拭えない。


●ぱる-しんけんでんせつ【PAL―神犬伝説―】
広大なマップ、あっと驚くイベント、多彩なシステムと謳っている割にはそうでもない。
飼い主の女の子がさらわれた犬が助けたい気持ちで人になり、彼氏や貧乏神、山の神をつれて奪還するお話。
しかし、敵がノストラダムスということもありよくわからないシナリオである。
料理という食材アイテムを掛け合わせることで効果を生み出すシステムがあるが、これを使わないと回復が追いつかないバランス&一人しか使えない。
食材は基本的にスーパー、コンビにでお買い求めを。
個人的にはすごくマイナーな気がするのだがなぜかBEST版が出ている。
製作元:東映ビデオ株式会社


●はるばーど【ハルバード】
長い柄の先端に槍。側面に斧、その反対側に鉤と色々くっつけたお得な武器
戦況に応じて色々な使い方が出来る反面
色々とくっつけているが故に重く使いこなすには相当の膂力と技量が必要となる。
そのデザインの美しさから儀礼のさいの必需品のような扱いを受けていた時代もあり
ゲームでは見た目麗しい女戦士が軽やかに振り回していたりする。


●ばるばとす・げーてぃあ【バルバトス・ゲーティア】
TOD2に登場する敵キャラクター。愛称は穴子。
ゲーム本編の約1000年前に起こった天地戦争にて、地上軍に所属する。
中将・ディムロスと互角と言われたほどの実力を持ちながら、性格の粗暴さゆえに、あまり好まれない人物だったようだ。
後にエルレインにその力を見込まれて転生し、主人公の父である英雄・スタンを殺すなど、時空を越えて暴れ回る。
最終的には、前作TOD1の時間軸において主人公達と対決して劣勢に陥り、
敵に倒される屈辱を嫌ってエネルギー体『神の眼』に突っ込み、自ら壮絶な死を遂げる。

また、彼を最も際立たせているのは、若本規夫氏による名演とツッコミだろう。
戦闘中にアイテムを使うと『アイテムなぞ使ってんじゃねぇ!』、
術を使うと『術に頼るか雑魚どもが!』
などという、理不尽なセリフと共に強力なカウンター晶術を使ってくる。

前作TODのPS2リメイクにも登場。さらに凶暴そうなデザインになっている。
もちろん彼の名物カウンター『アイテムなんぞ使ってんじゃねぇ!』は健在で、
やたら怖い顔のカットインと若本ボイスが追加され、
D2の頃のカウンター晶術どころではなく、数万ダメージを受ける秘奥義へと進化した。

今回新たに彼が加えたヌルプレイヤーへの制限事項は
『難易度を最低にして挑む』と開幕から全滅必至の大技を放ってくることと
『スティックを固定して行うオートレベルアップをする』と、シナリオ進行度に関わらず
無敵状態でフィールドに乱入してパーティーを全滅させてくることの2点。
何とも彼らしいリメイクが施されているものである。

☆関連語☆
穴子 テイルズオブデスティニー2


●ぱるぷんて【パルプンテ】
DQの呪文。
何がおこるかわからない。大抵望んだ効果とは反対になりピンチになる。マーフィの法則がよく似合うにくいヤツ。
似たような効果を持つアイテムがあるRPGが存在する


●ばろっく【バロック,BAROQUE】
知る人ぞ知るSTING製のRPG。
システム自体は、3D視点でリアルタイムという以外特長のないローグタイプRPGだが
登場人物たちの断片的なセリフをつなぎ合わせて、プレイヤー自身が真実を推測するというストーリー提示方法や、
大熱波という災厄によって歪んで(「狂って」とほぼ同義)しまった世界という世界設定を初めとする世界観、
VT回復の「心臓」や自分や装備品に使うことで属性を付加する「寄生虫」「焼印」など一風変わったアイテム群、
「おわぁ」「〜しやがってください」「狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで 狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで 狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで」という独特なセリフなどから、一部でカルト的人気を誇っている。
ちなみにこのゲームのスレッドでは、住民の書き込みと荒らしとが区別つかない程に、
歪んだ文章で埋め尽くされているという。

☆関連語☆
米光一成、STING


●ぱわーぷれい【パワープレイ】
1)2周目や過剰なレベル上げなどで味方を圧倒的に強くした状態でプレイすること。
大抵の敵を一方的に叩きのめすことができるため爽快感は抜群。
しかし戦闘が単調になりがちなため人によってはつまらなくなる恐れがある。

2)とにかく力押しでプレイすること。
(1)のような状態でプレイすると戦闘法が力押しになりがちなため意味が転じたと思われる。
SRPGや不思議のダンジョンなど、頭を使うことが前提のゲームでこれをやるのはお勧めできない。

☆関連語☆
2週目 レベル上げ 力押し


●ぱわーれべりんぐ【パワーレベリング】
強ユニットにより、弱ユニットを「短時間で大幅に」強化するプレイ方法。
古くはWizardry#1におけるグレーターデーモン養殖、ウィル・オ・ウィスプ虐殺に始まり
現在ではその行為が普遍化したことにより問題が顕在化しているゲームまで存在する。

この手法をプレイヤーが好む理由としては
「ファーストキャラの苦労をセカンドキャラでまでつがせたくない」
「特定スキルを持つキャラクターをお手軽に作りたい」
「何日でレベルがカンストできるか限界を試したい(たまに普通の人の一年半を
二週間に圧縮する廃人もいる)」
など、ネガティブな理由からポジティブな理由までさまざまである。

☆関連語☆
養殖、グレーターデーモン、セカンドキャラ、ゲームバランス、インフレ


●ぱわぷろくん-ぽけっと-ふぉー【パワプロクンポケット4】
パワプロシリーズのGB版、パワポケの4作目。
もちろん野球ゲームなのだが、おまけサクセスにRPG風ファンタジー編というものがある。
これは勇者である主人公(野球帽にユニフォーム姿)が『野球人形』を完成させるため旅をするというストーリー。
北朝鮮やブッシュ大統領をもネタにするパワポケスタッフが作っただけあって、部下を粛清しすぎて人手不足に陥る魔王が登場したりする。
RPGとしての難易度はクリアするだけなら大したことはないが、能力の高い野球人形を作ろうとするとそれなりである。


●はんい-こうげき【範囲攻撃】
通常、対象は単体である事が多い攻撃や魔法だが、ある一定範囲全てに効力が及ぶものを指す。
RPG、シミュレーション等によって若干の差異はあるが、雑魚の掃討等に便利なのは間違いない。
範囲とは、ある地点からの円形○、拡散▽、直線‖等様々で、更に自軍に効果が及ぶか否か、
支点から遠ければ効果が薄まるか否か等によって利便性が大きく変わる。
余談だが一昔前の範囲攻撃は敵を指定してそこからの円形というものが多く、∵←このような布陣だと単体にしか届かない事が多かった。
今では地形そのものを支点に指定できる物が多いので更に便利になっている。
また、シミュレーションでは通常戦闘画面は別個に用意されているが、範囲攻撃の場合MAP画面で直接かつ一方的に攻撃できるのでMAP兵器と名を変え、
現在では定義が曖昧になり、範囲攻撃+一方的攻撃ならばMAP兵器と呼ぶ輩も増えてきている。RPGでも同様。
ちなみに範囲魔法を上手く使い敵(味方)全員を対象にするのと、範囲=全体である全体攻撃(全体魔法)では意味が違うので注意。

追記:聖剣伝説LOMにはドーナツとかサークルとかランダムとかコーンとかいろいろな形があり、
さらにロックするか、しないかの区別がある。
アクション戦闘でコマンド入力から魔法発動までタイムラグがある。
ロックすると入力時に範囲に入っていた敵が外へ出ても効果アリ、ただし
入力時に範囲外だったものが入ってきても効果なし。
ロックしないタイプはその逆。

追記2:範囲魔法は分散させるから威力が落ちると解釈できる場合と、
威力が高いから周りにもダメージがいくと解釈できる場合とがある。

☆関連語☆
全体攻撃、MAP兵器


●ばんがい-へん【番外編】
サイドストーリーという言い方もされる。
本編で人気のあった脇キャラが主役で活躍する。
キャラ萌えするユーザーに人気があるようだ。

☆関連語☆
本編、続編


●ばんがぞく【バンガ族】
イヴァリース世界に登場する種族の一種。
トカゲをそのまま大きくしたような風貌と硬い皮膚が特徴。
ただ彼らは「トカゲ」と呼ばれることを大変嫌っている。
大柄な体を生かした攻撃がメインで、
FFTAでは打撃攻撃に関して右に出るものはいないといわれている。
また彼らの話し言葉の中に「ん」が入っていると必ず「ン」とカタカナになるのも特徴。
製作者の趣味なのかそれとも訛りを表現したいのかは定かではない。


●はんしゃ-まほう【反射魔法】
主に魔法を反射し相手に返すバリアや壁を作る魔法。
女神転生のテトラカーン等の物理攻撃反射は少数派。

魔法反射は結構多く登場するもののシリーズによって仕様が異なるので
特性を理解していないと回復等できなくなったりするはめになる。
例えばFFのリフレクは魔法をかけられた方の相手方に反射し、
DQのマホカンタは術者に反射される。
また、女神転生のマカラカーンは攻撃魔法のみ敵方に反射する。

うまく理解して使えば敵の攻撃を完封できるものの
反射魔法を無視する魔法が存在したりすることもあるので
やはり使いどころを選ぶ魔法である。


●はんじん-はんじゅう【半人半獣】
体の一部が人間で体の一部が獣。総称してケンタウロスとも呼ぶようだ。
上半身人間で下半身獣の場合の方が何だか話が通じそうな気もするが、
実際のRPGでは襲ってくる人魚もいるし話せる魚人もいる。
人を見た目で判断するのはやめよう、ということかもしれません。


●はんだくてん【半濁点】
1)パ行の音に付く丸の事。「プ」だったら「゚」の部分。
2)RPGに限った事ではないが、
発音した時の雰囲気からネタキャラの名前に多用される。
濁点を半濁点に変えるだけで途端にアホっぽい発音になったりするため、
偽者、パチモノに使われる事も。


●はんち【ハンチ】
簡単に言えばDOD2の中ボス。
「契約者」である若い女性で、水の魔物ケルピーの力で攻撃をしてくる。
しかしそんなことより戦闘中に気になるのは彼女が断続的に投げかけてくる言葉である。
「小さい……小さいですねぇ。竜の子ってこんなものですかぁ?」
「あははははぁ、ちっちゃぁ〜い」
「あはは、あはは、あは…はぁんん…」
「ああんっ…さすがは竜の子…」
「んっ…こんなにいじめてどうするつもりですぅ?」
「私を見て感じてるんですかぁ?」
「ここがいいんですかぁ?」
「はやくいって!いってくださいよぅ!」
といったような、やらしい感じの台詞の数々をボイスつきで叫んでくれる。
家族と同居している青少年がプレイしていたら音量を小さくしたくなることうけあい。
ついうっかり家族も居るリビングのTVなどでプレイしていたならなんとも微妙な空気が漂うだろう。

一応ただの色物キャラではなく悲しい過去が設定されているからなのか、
一部にはこのキャラのファンもいてキャラスレもある。
死に台詞:
「昔はこうじゃなかった……。毎日が楽しかった。
みんなが、私を可愛がってくれた。どうして、どうして……」


●ぱんちら【パンチラ】
大っぴらにではなく、何らかの拍子で少しだけパンツがちらりと見える状態。
穏やかなお色気シーンとしてあらゆる創作物においてたまに使われる表現。
ただし規制を避ける意図で、またはチラリズムを効果的に想起させるなどの理由で、
よほど特殊な状況下でない限りこの現象を見ることができないケースもままある。
なお、パンツではなくただのテクスチャーの場合もあるので注意。

なお、TOAでは衣装を変えると男(35歳・大佐)がパンチラ…正確には、バスローブからビキニの水着がチラリと見える。戦闘中はモロに見える

参考サイト ttp://www.geocities.jp/pantser_higher/main.html

☆関連語☆
ちょっとエッチなイベント 色気 黒いパンツ  パンツ


●ぱんつ-みえないかなぁ【パンツ見えないかなぁ】
最近のフルポリゴンの映像でちょっとは気になる男心


●ぱんどぅーら【パンドゥーラ】
Wizardry XTH2に出てくるキャラクター。
ディアブロ軍四天魔の一人で毒婦の異名を持つ。
謀略を好み、また無数の死者を使役する術を得意としている。
しかし彼女の真の恐ろしさは自ら戦う際の過激な攻撃の数々にある。
プレイヤーが創り,愛着を持って育ててきたであろうキャラ達にたいして
通常攻撃として幻惑しつつ腕を挿入しようとしたり(どこに?)
口づけをして舌を引き抜こうとしたり、悩ましげに抱きつきながら局部をもてあそんできたりする。
これが特殊攻撃になると
めくるめく快楽の夢、あまりにも深すぎる口づけ、魔触手の大陵辱、魔触手の三つ穴責め
などさらに際どいものになる。
うっかり男性ばかりのパーティで挑んでしまったりすると
魔触手の〜などを受けた際に阿鼻叫喚の地獄絵図と化すので要注意。


●ぱんどら-の-はこ【パンドラの箱】
1)ギリシャ神話に登場する、神々に作られ、人類の災厄として
地上に送り込まれた女性の名前がパンドラであり、その女性が空けた箱。
決して空けてはならない物の例え。
元ネタとして、シナリオ・モンスターの名前など広く使われている。

2)開発者という神々に作られ、災厄として市場に送り込まれた
クソゲーの数々であり、それを買ったユーザーが空けた箱。
決して空けてはならない物の例え。


●ぱんどら-まっくす-しりーず【パンドラMAXシリーズ】
良くも悪くもチャレンジャー的存在だったクリエイター・飯島健夫率いる
ソフトメーカー「パンドラボックス」が、
「RPGやアドベンチャーの新作を低価格で発売する」
という主旨のもとに打ち出したシリーズ。
1999年11月、正統派の中世ヨーロッパ的ファンタジー世界を元にしたRPG
『ドラゴンナイツグロリアス』を第一弾に、以降、計6作が発売された。
価格はいずれも1980円と、PSの新作RPGとしては破格の値段で、
シリーズ作品のセーブデータがあると
別のシリーズ作品にオマケ的な隠し要素が表われるという、
メモリーカード連動システムで注目を集めた。
しかし、その6作の内訳は、正統派ファンタジーのほかは
「ホラーアドベンチャー」「ギャルゲー」「意味不明ドタバタミニゲーム集」
「和風RPG」と、まるで節操がなく、値段に比例した中身の薄さも相まって、
第一弾で注目したユーザーも、シリーズ全作を集める気分にはならなかった。
そしてシリーズはメーカー自体とともに立ち消えとなった。
『ドラゴンナイツ〜』と、同じ世界を舞台にした『ラビッシュブレイズン』に絞って、
ずっとこの路線で続けていれば、もっと長く支持されたと思う。


●ばんのう-ぞくせい【万能属性】
女神転生の攻撃属性の一つ。
威力自体が他の攻撃属性より高めに設定されている上、テトラカーン(物理反射魔法)、マカラカーン(魔法反射魔法)によって反射されないので非常に便利。
他のシリーズでは凶悪な強さを誇る万能属性だが、真・女神転生3では万能属性に耐性のあるボスが登場、魔法衰退化バグで十分な威力が出ない、プレスターンアイコンが増えないなどの理由で使う人が激減した。
メギドラオンがその代表例。


●ばんのう-やく【万能薬】
あらゆる異常に効果がある薬。その割に意外と価値は低い。
またイベントでも登場することもあり、 その場合は一転して貴重品となる。


●はんぱつ【反発】
1)家族や親友、恋人などの考えが嫌で反対すること。
そういうイベントが起こった場合、反対された側は大体死にます。
また反対した側は、反対された側が死んで初めて間違いに気づく。(=主人公たちが正しいことに気づく)
そしてその後のイベントで自らの罪償う為、仲間になったり、死んだりします。

2)ダンジョンの罠で近付くと見えない力等で吹っ飛ばされること。
力じゃどうしようもないので、ほかの方法でどうにかする。
その方法は単純にスイッチを切ったりするものから、
術者を倒す、もっと大掛かりな装置を破壊する(ボス戦の可能盛大)等がある。

3)「冗談じゃねぇ!俺はそんな奴ら信用できないぜ!俺は一人で行くからな!」
どうやら彼が最初に死ぬ人のようです。

4)「はっはっは、心配性だな。俺が簡単に死ぬと思うのか?大丈夫だ、任せておけ。お前にはそっちを任せた。」
さよなら兄さんor父さんor師匠。貴方の運命もこれまでのようです。


●はんまー【ハンマー】
鎚。打撃武器のひとつ。ウォーハンマーとも。
古代フランク王国の王カール・マルテルが愛用したように、古来より武器として使用され、RPGでは僧侶が装備することが多い。
イメージとして、重くて、高い攻撃力の反面で敏捷度や命中率にマイナス補正がつくこともある。
ただしこれがトールハンマー、あるいはミョルニルと呼ばれる場合は必中の投擲武器として扱われることもある。
もっとも、見た目のせいか「武器として」の登場頻度は少ない。
どちらかというと「ボケに対するツッコミ」でデフォルトキャラ(女)が使うことが多い。シティーハンターの100tハンマーのような扱われ方である。
「お前どこに持ってたんだよ!」
「つかそれ、当たったら普通に死ぬ!」
などとツッコミを入れるのもお約束。


●はんよう-きゃら【汎用キャラ】
キャラメイクが可能なゲームで、製作可能なキャラのこと。
ストーリーには殆んど関係がなく、セリフも無いことが多い。
ただし、汎用キャラといわれるだけあり、メインキャラたちに比べると
グラフィックが選べたり、転職(転生)し放題だったりして育成の自由度が高い。
最初は弱くとも最終的にはメインキャラを凌ぐ能力になることも。
大抵、強力な汎用キャラ程、製作するための条件が厳しい。
お金で雇うか、ノーリスクで作りたい放題などのパターンも多い。
作りたい放題だといい加減な名前を付けられ、身包み剥がされ、
危険な実験に付き合わされた挙句、解雇処分という悲惨な末路を強いられるキャラもいる。

☆関連用語☆
あ ああああ キャラメイク


●はんらん-ぐん【反乱軍】
政府に背く事(清水国語辞典)
最近のRPGではレジスタンスなどの意味も混同して使われる事が多く、組織単一で活動している。
仲間がこの組織に属している事もある(ガンハザード)。
反乱の対象物としては主に自国の中央集権的政府による圧政、政府の目を逃れての地方領主の横暴、他国からの軍事侵攻などが挙げられる。
反乱軍の主体をなすのは地方の民衆の場合が多く、動機も同胞殺し(FF2)、思想(FF7、TOE)、貧困(FFT)など多岐にわたる。
殆どの反乱軍は主人公サイドに付くことが多く、味方になった時(またはなったため)は大規模な作戦が決行されることが多い、
作戦は失敗することも多く、手痛いしっぺ返しを喰らい(本部が狙われることが多い)組織は多数の死傷者を出し、最悪場合組織自体が壊滅する。
RPGに於いては主人公達の冒険の動機付けやストーリーの盛り上げ役に一役かっているイメージが強い。
西洋史に於いて反乱はは古代史はともかく中世史中頃からは成功し難い状態になり、大抵の活動は潰される。
数少ない成功例で且つ有名なものでは13〜14世紀のスコットランドの反イングランド活動が挙げられる。


戻る