×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  つ  
▼つ
【ッ!】
【ツィーゲ】
【追加効果】
【追加要素】
【墜落】
【ツインランサー】
【ツヴァイハンダー/ツーハンデッドソード】
【通貨】
【通行人】
【痛恨の一撃】
【IIコンの一撃】
【通称】
【通常攻撃】
【通常戦闘曲の曲名】
【通信機】
【通信対戦】
【2ヘッドドラゴン】
【杖】
【使い魔】
【使い回し】
【使われやすい横文字術技ネーミング】
【月】
【次どこに行くの?】
【次の町までボスがいない】
【次のレベルアップまで・・・】
【作り溜め】
【作り直し】
【ツクる】
【辻横由佳】
【直立つる身】*
【繋ぎ】
【綱手】
【津波】
【角】
【ツノウマ】
【翼】
【燕返し】
【壺】
【積みゲー】
【爪】
【強くてニューゲーム】
【釣り】
【吊り橋】
【釣りRPG】
【剣】
【ツンデレ】

●っ!【ッ!】
WILD ARMSシリーズのある意味では「本体」。
あらゆる状況説明に必ず付けられ
(例:「アイテム」を入手ッ!・「キャラクター」のSTRがあがったッ!etc)
無駄に熱いテンションをかもし出す。
また、キャラクターの叫びにも同様に必ずこれが付いている。
最初はあまりの多さに辟易するが、最終的にはあらゆる場所で思わず
「ッ!」を使った書き込みや文章を作りたくなってしまうほどの中毒性を持つ。


●つぃーげ【ツィーゲ】
フロントミッションシリーズに毎回登場するライフルのこと。
毎回性能は異なるが概ね優秀な性能を持っている。
中でも有名なのは「1st」のツィーゲで、単発の威力、命中率が最大。
しかも獲得経験値が激増するという、反則的性能。
特定のヘクスを踏まなければ入手できない隠し武器であるにも関らず、
あまりに有名。


●ついか-こうか【追加効果】
特定の武器で攻撃すると、ステータス異常が発生したり、魔法攻撃が追加されたりすること
武器のネーミングで識別できる物(ポイズン〜の類)が多い
追加効果を持つ武器は総じて攻撃力は然程高くはない
しかし力の弱い魔道士系のキャラが、MP温存といった理由で手持ち無沙汰な時に、
沈黙や睡眠の追加効果を持った武器で、敵を攻撃してターンを消化することは多く
上手く効果が現れれば、ちょっと得した気分になれる・・・かも知れない


●ついか-ようそ【追加要素】
リメイクや完全版などが発売される時に追加されるイベントやダンジョン、仲間、敵、アイテム等の総称。
様々な要素が追加されるのは嬉しい限りだが、追加される仲間(武器)は「強すぎてバランスブレイク」もしくは「中途半端でイマイチ」のどちらかである。
また、追加要素が原因でクソゲーの烙印を押される場合も…


●ついらく【墜落】
空を飛ぶ乗り物が高いところから落下すること。
主人公が序盤〜中盤で飛行船や飛空艇に乗れる(乗っている)場合高確率でこうなる。
また、敵の空中要塞や空中戦艦などを攻略した際も墜落することが多い。
原因を大別すると
1外から敵の兵器に攻撃される。(FF4、FF9)
2船内に敵(味方)が乱入しエンジンなどを故障させる。(TOD、ラ・ピュセル、空中ダンジョン攻略後など)
3船に無茶な扱いをし、故障させる。(アークザラッド2) など
修理のための期間やお使いイベントが設定されることもある。
また、天馬やフラミー、飛竜など生物系の乗り物が墜落することは少ない。

☆関連語☆
修理 飛行船 飛空艇 空中ダンジョン


●ついんらんさー【ツインランサー】
FF5に登場した武器。
通常攻撃で2回攻撃判定があるというFFとしては珍しい効果を持っている。
「みだれうち」と「にとうりゅう」を併用して16回攻撃を期待しても
みだれうちでは2回攻撃の効果は発動しないので結局8回攻撃に終わる。

☆関連語☆
多段攻撃


●うヴぁいはんだー/つーはんでっどそーど【ツヴァイハンダー/ツーハンデッドソード】
両手用の両刃の剣で、長さは最大で200cm以上とかなり大型。
RPGではパワー型戦士の武器としてしばしば登場するほか、傭兵の武器としても。
史実ではドイツ傭兵隊ランツクネヒトが好んだことで知られている。
これは敵のパイク(長柄槍)の柄を切り落とすのに最適であったため。

☆関連語☆



●つうか【通貨】
その世界で広く使われている貨幣の単位。
基本的にグローバルスタンダードで、交流のない国家間や違う星系であってもこれだけは同一である事が多く、
そのため流通による貨幣価値の変化は皆無である。
店で売られている商品の価値から、円で換算すると幾らかなどといった考察の対象にもなる。
例として、DQのゴールド、FFのギル、メガテンのマッカ、テイルズのガルドなど。
これらのネーミングは、古来からの貨幣である金(=Gold)のもじりである事が多い。

余談だが、GB用RPGであるアレサというゲームでは他に類を見ないインフレが巻き起こっており、
最初の街で買うべき武器の値段が8000と非常に高価。
雑魚を倒そうにも武具が無いと太刀打ち出来ず、かつ倒せても貰える額は100単位であるために
街に設置してあるキャッシュディスペンサーからの借金を強要されるという、やくざな設定。
普通のRPGの適正な価格設定がありがたくなる一本である。


●つうこうにん【通行人】
1)街の中をうろうろしている。
主人公が行こうとする場所をふさぐ。出ようとする時もふさぐ。
凶悪なモンスターや魔王を倒せる強い力を持った主人公のパーティに
「すいません、ちょっとどいてください」の一言すら言わせない恐るべき存在。
ゲームによっては水が弱点とされ、水鉄砲を使うと飛んで逃げる。

2)3Dが全盛となった昨今ではかつて程の凶悪さは表に出さなくなった。
しかし、一度でもリセットに追い込まれた経験のあるプレイヤーの心には
その恐怖が刻み込まれているという。


●つうこん-の-いちげき【痛恨の一撃】
会心の一撃の敵バージョン。
内容は会心の一撃とほぼ変わらないのに、こう表現されるだけで
途端にものすごく痛い攻撃に思えるのはなぜだろうか(実際食らうとすごく痛いが)

追記:DQ7では防御無視のタイプと守備力考慮・ダメージ2倍のタイプとがある。
当然前者のほうが破壊力ははるかに上。


●つうこん-の-いちげき【IIコンの一撃】
仲良くゲームをしていた兄弟が突然険悪なムードになり、手にしていたIIコンで…
画面やデータが飛んじゃうのでかなり痛い


●つうしょう【通称】
キャラクターに付けられる、名前とは別の呼び名。と言うか、あだ名。
プレイヤーたちにより、主に肉体、性格、名前など何かしらの特徴から名付けられる。
例としては、TOD2の穴子、DODのオナール兄さん等がある。
また、稀にキャラクターではなく武器などにも付けられる事もある。
例としては、SHフロムのアホ毛ブレード等がある。


●つうじょうこうげき【通常攻撃】
単純に剣で切ったり槍で突いたり杖で殴ったりと、必殺技や魔法攻撃とは違う普通の攻撃。ほとんどが物理攻撃に属する。
MPなどを消費せず、攻撃時間も短くてコストパフォーマンスが優秀なのでおそらく最も多く使われる攻撃手段であろう。
ただし、魔法使い系のキャラなんかはこれをやっても大した威力はないので、
MPを温存させたい時は防御させておいたほうがましである。

☆関連語☆
攻撃 物理攻撃


●つうじょう-せんとう-きょく-の-きょくめい【通常戦闘曲の曲名】
何故かこれを見るだけで、大体どんな雰囲気のゲームかわかる。
特にMOTHER、ポケモン、FF10-2あたりは個性的。


●つうしんき【通信機】
SFRPGにおける無線機や携帯電話、ファンタジーRPGにおける水晶玉、ドラゴンクエストにおける王女の愛。
遠く離れた人と会話をする機械。
冒険の途中で本国のオペレーターから緊急連絡が入るイベントには不可欠。
作品によってはセーブ装置だったりもするが、いくらパーティに腕利きの盗賊がいるからといって盗んではいけない。
なお、相手側からは通信がよく入るのに、こちらから通信したい時に限って壊れてたり
電波が届かなかったりすることもあるが怒ってはいけない。


●つうしん-たいせん【通信対戦】
本体を持ち寄ってケーブルで繋ぎ、相手側のデータと対戦するという携帯機の利点を生かした遊び方。
RPGは据え置き機で一人でじっくりプレイするスタイルのものが多いため、対戦とは縁が遠いものだったが
ポケモンを筆頭とする『育てて戦う』タイプのRPGが登場したことにより、爆発的に広まった。
現在では、据え置き機にも通信機能が搭載されるようになり、ネットを介して対戦したり、
一緒になって冒険することができるようになった。便利な時代になったものである。


●つーへっどどらごん【2ヘッドドラゴン】
FF3のラストダンジョンである闇の世界にて、火のダーククリスタルを守護するボス。
攻撃パターンこそ通常攻撃だけであるが、その通常攻撃が問題で
攻撃力255、攻撃回数32回という狂った火力。
なんらかの対策を施していないと、まず間違いなく1ターンごとに一人ずつ殺され
なし崩しに全滅してしまい、数時間のプレイが水泡に帰す。
当時のプレーヤーにとってはなかばトラウマと化している。
FF1アドバンスにて追加ダンジョンのボスとして復活したが、こちらは大して強くない。

☆関連語☆
クリスタルタワー


●つえ【杖】
主に木製で出来ている、柄のほうが細く、先端が太めの武器。
殺傷力はあまりなく、どちらかというと魔力などを十分に引き出すために用いられることが多い。
また、脚の弱った年寄りが体を支えるために、これを持って行動することも多い。
その場合は要するにつっかえ棒みたいなもの。

☆用例☆
わしはあの_がないとろくに歩けんのじゃ。


●つかいま【使い魔】
1)魔術師が雑用や戦闘目的で証する悪魔。小型のものから大型のものまでさまざま。
敵として登場する場合、大抵は弱いがすばやくて補助魔法を乱発するのでかなりウザい。

2)主人公のサポート役のマスコットキャラ。
たいてい女性型でかなり小さい。説明役。露出度は作品によってさまざま。
エンディングで人間大に巨大化して主人公の愛人化するパターンは大抵嫌われる。

3)スタンド。ジョジョ第三部世代で、自分もスタンドバトルを書きたいと思いながらクリエイターになった人は、著作権の問題でスタンドと表記できないので、とりあえずスタンドのことを使い魔と称する。

4)女神転生における仲魔のうち、小型女性悪魔を指す。2の派生か。


●つかい-まわし【使い回し】
1)色違いも反転も無く名前とステータスを変えただけで
  別物だと言い張るキャラクターまたは町などにいる一般市民。

関連用語:色違い

2)主に続きモノなどでシステムやグラフィックを変えずにそのまま使うこと。
元になった物の出来如何で評価は激しく割れる。

関連用語:続編、番外編


●つかわれやすい-よこもじ-じゅつぎ-ねーみんぐ【使われやすい横文字術技ネーミング】
・ファイアボール  ・ファイアストーム   ・エクスプロード   ・ビッグバン
・タイダルウェイブ ・メイルシュトローム ・ライトニング    ・サンダーボルト
・サンダーストーム ・ウインドカッター   ・サイクロン     ・トルネード
・アースクエイク  ・ロックブレイク     ・ブリザード      ・ダイアモンドダスト
・ポイズンミスト   ・サイレンス      ・アシッドレイン    ・エナジードレイン
・ダークフォース  ・ブラックホール    ・ヒーリング      ・リカバー
・キュア        ・リバイブ        ・プロテクト       ・リフレクション
・レジスト      ・テレポート
etc・・・

FFの四文字魔法やDQ、メガテンなどの独自のネーミングを持つRPG以外で特に使われやすいようで
いろんなゲームで見かける。FFあたりは魔法以外の特技などで見かけやすい。
それ以外では、FF以外のスクウェア作品やテイルズ、AAA作品などが顕著。
とりあえずどんな効果か名前だけでだいたいわかる。


●つき【月】
地球の唯一の衛星。約29.5日で地球を一周する。
RPGの世界でも主人公達の住む星の衛星としてまれに登場する。
数はおおむね一つだが、二つの事もある。
ストーリー上特殊な意味を持って登場する事が多い。例としては
・FF4→中盤までの敵が月の民で最終決戦の舞台になる
・WA→対地用の攻撃衛星、最終決戦の舞台になる
・SO3→軌道上に巨大コロニーがある、地球滅亡が見られる     など。
また、たとえストーリーに月が登場しなくても
ルナ〜、ムーン〜という魔法がある場合は同様の星が存在すると思われる。


●つぎどこにいくの【次どこに行くの?】
次の目的地を訪ねる語。
他のゲームと違って目的地の到着に頭を使う機会の多いRPGならではの質問。
RPGやってれば誰でも一度は使ったことがあるだろう。
昔のRPGは説明が不十分なことが多かったので、この手の質問は多かったが、
最近は減少している。

☆使用例☆
「○○するところまで進んだんだけど、次どこ行くの?」


●つぎ-の-まち-まで-ぼす-が-いない【次の町までボスがいない】
こんな町で武具を買うな。
次の町でもっといいのが売ってるかもしれないぞ。


●つぎ-の-れべるあっぷ-まで【次のレベルアップまで・・・】
目的のキャラのレベルが上がる→別のキャラがもう少しでレベルアップ→やめられない止まらない
早く寝ないとママンにしかられますよ?


●つくり-だめ【作り溜め】
消費アイテムをダンジョン探索・ボス戦などの前に大量に作ること。
アトリエシリーズやSO、VPのようにほとんどのアイテムが自前で作れるゲームで多く採られる行動。
壁ボス戦や長いダンジョン、後戻りができないイベントの前には必須。

☆関連語☆
買い溜め 補給 アイテム合成 アイテムクリエイション


●つくりなおし【作り直し】
今まで作ったものを一部、または大幅に破棄し、新しく作り直すこと。
開発中のゲームにまれに見られる現象で、これをすると大抵ゲームの
質は上がるのだろうが、大幅な延期やゲーム規模の縮小を余儀なくされることも


●つくる【ツクる】
RPGツクールでゲームを製作すること。
言うまでも無いことだが、製品名に合わせてカタカナで書くのがポイント。

☆同義語☆
ツクツク(する)


●つじよこゆか【辻横由佳】
以前インテリジェントシステムズに在籍していた作曲家。旧姓番場由佳。
任天堂関連のゲーム音楽を作曲しており、ファイアーエムブレムシリーズやマリオストーリー
などが代表作。
特にファイアーエムブレムのテーマはその雄大な音楽性ゆえにファンから絶大な支持を受けており、
タイトル場面でこれが流れないと不満を感じるプレイヤーもいるほどである。
現在はインテリジェントシステムズを退社しているものの、依然として任天堂のゲーム音楽を手が
けている。

☆関連語☆
任天堂 インテリジェントシステムズ ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムのテーマ


●つったつるみ【直立つる身】
背筋を伸ばしたまま剣を構える事。
左右への流れるような動きが可能でRPGの剣士の大半が直立つる身の構え


●つなぎ【繋ぎ】
より強力なものが手に入るまでの間に使うキャラや装備品のこと。
キャラの場合はEXPを与えなかったり、捨て駒にされたりと散々な目にあう。

☆使用例☆
1、「アイアンソードはミスリルソード買うまでの繋ぎに最適。」
2、「アグリアスはオルランドゥ手に入れるまでの繋ぎだな!!!」


●つなで【綱手】
「天外魔境 ZIRIA」に登場するキャラクター。
火の一族の勇者の一人で、ナメクジ族の末裔の女の子。
由来は日本の古典「児雷也豪傑譚」に出てくるナメクジの妖術使いの女「綱手」だと思われる。
勇者と言ってもまだ子供だが、人外の血筋からくる怪力を生かし大きな斧を振り回して戦う。
おっちょこちょいでおてんばで思い込みが強いが根は優しく、とびきり明るい。
設定的には美人じゃないけどファニーフェイスってやつでかわいいらしい。
同じく火の勇者であるヘビ族の大蛇丸に惚れてつきまとうが、ヘビは
属性的にナメクジを苦手とするため大蛇丸も綱手が苦手で、逃げ回られている。
本編後の消息として、外伝的作品「風雲カブキ伝」にもちょっと登場したが
めげずに大蛇丸を追いかけ回しているようだ。

しかし、ゲーム版ではそういう天真爛漫な綱手だが角川スニーカー文庫で出た小説版では少し趣が違う。
大蛇丸にさんざん逃げられることにだんだん悲観し始めたり、大蛇丸が力をつけて
自分を恐がらなくなっても結局自分にかまってくれなくなったことに愕然としたり、
大蛇丸が好きだけど自分が近づくと苦しそうな大蛇丸の顔を見るのが辛いと感じたり、
結構いろんな事に心を痛める繊細なところのあるキャラとして描かれている。

ちなみに天外魔境の外伝的格闘ゲーム「天外魔境 真伝」での綱手は
ドット絵の動きがやたらとかわいかったという。
その原因として「このゲーム全体として、本編の設定をよく理解していない節があるからそのせいだ」とか、
「ドッターがロリコンだったからだ」などの無駄な憶測が流れている。

☆関連語☆
斧っ娘 三すくみ 小説版


●つなみ【津波】
ドバーってきて全てを飲みこみ攫って行く海の猛威。
戦闘での技・術では水属性でその中でも強力な部類になる事が多い。
英語名だとなんたらウェイブとかフラッドとかがよく使われる。水の龍とか神の必殺技である。
イベントとしてこれが発生した場合はたいてい
船に乗る→雲行きが怪しい→嵐だ→津波だ→ここはどこだ、とか
海岸の町→いつもより海が静かだ→ずごごごご→ここはどこだ、とか。
イベントでも発動者は水龍だの海神だのの場合が多い。
たまにみつめあうとお喋りできなくなる。

☆使用例☆
「ちょwwwwwwダイダリアサン___連発しすぎwww死んだwww」

☆関連語☆
海 嵐 リバイアサン 水属性


●つの【角】
>動物の頭部に長く突き出ている骨質または角質の硬い突起。(goo国語辞典)
モンスターや、魔族・獣人などの人外系キャラの身体的特徴として使われる。
モンスターの角は武器として使われたり、威嚇に用いたりするが、
人外系キャラの角はそういった使われ方をすることはあまりない。
彼らの角は力の源だったり、何かと意思疎通するためのアンテナだったり、
種族の誇りの象徴だったり、単なる萌え要素だったりする。
また、アイテムとして登場することも多く、角を持ったモンスターが落とすことが多い。
その場合、別のアイテムや武器の原材料として使われることが多い。

☆関連語☆
材料アイテム


●つのうま【ツノウマ】
『幻想水滸伝IV』外伝こと、『Rhapsodia』に出てくる騎獣。
これに乗ると移動力が上昇するが、その代わり一部のスキルが封印される。
「ウマ」と名の付く生き物だが、その形状はどう見てもカンガルー。
裸馬と馬甲を付けたものとがある。

☆使用例☆
____の毛が……ゴホッ!(咳き込む)


●つばさ【翼】
背中に生えるもの。主にラスボスが変身形態になると大概生える。
ラスボスグラフィックのステータス。
ちなみにFFは天使のような翼、ドラクエはドラゴンや悪魔が有する翼が多い。

追加:無闇に乱用すると「厨臭い、腐女子臭い」と言われる


●つばめ-がえし【燕返し】
剣(刀)技の一種。その由来は、かの佐々木小次郎の秘剣。
水面近くを翔けるツバメを、鋭い太刀(二段攻撃)で切り落とした、
という話が有名だが、実際にどのような技で、どのように編み出されたかは
今でも謎(様々な説がある)が多い。
RPGの世界では、その由来やネーミングが格好いいため、
威力、命中率、美麗なエフェクトと、総じて高レベルな技として登場する。
数ある技の中でも、結構な人気を誇る技ではないだろうか。
だがこの秘剣を編み出した小次郎は、
宮本武蔵の、小次郎の長剣よりも長い「船の櫂」による一撃に果てたのだが・・・


●つぼ【壺】
1)粘土などを成型し、竈に入れ固めたもの。
入れ物状になっていて、主に液体を入れておくことが多い。
強度は基本的にあまりなく、硬い地面に取り落としたくらいで割れることも珍しくない。
大抵のRPGで町の中や家の中にあるもので、たまにアイテムが入っていることがある。

2)現実世界ではただの骨董品だがRPGにおいては
持ち上げて壊したり、置いたりとさまざまな用途に使う

☆使用例☆
〜を置いてスイッチを固定する


●つみ-げー【積みゲー】
買ったはいいが、途中で飽きた、リアル社会で忙しい、
難易度に苦しみ挫折した、等等何らかの理由で
プレイするのを中断し、部屋の片隅に放置するさま。


●つめ【爪】
ここでいっているのは、手や足の爪ではなく、
手に装着する金属製の爪型武器のことを指す。
素早さに自身あり系のキャラの装備。二刀流の場合もあり。
特殊攻撃として、ガラスを引っ掻いて音攻撃を仕掛けることができる。

☆関連語☆
猫の爪、バグナク、タイガークロー、バルログ、張コウ


●つよくて-にゅーげーむ【強くてニューゲーム】
1)RPGなどにおいて、ゲームクリア後にクリア時の強さのまま、
最初からゲームを始めることができるシステム。
初回プレイで苦労したボスキャラなども簡単に倒せるので、さくさくストーリーを楽しめる。
SFCソフト「クロノトリガー」などで有名。
同ソフトでは、いつでもラスボスと戦える上に、倒すタイミングでEDが変わる
マルチEDが採用されていたので、このシステムはまさに最適なものと言えた。
なお、二週目に引き継がれる要素は、レベル・アイテム・仲間・クリアフラグなどソフトによって様々。

2)プレイヤーの知識増・技術上達による擬似的な「強くてニューゲーム」現象。
シミュレーションRPGなどでよく見られる。早解きのやりこみなどにも必須。
昔は攻略情報など無くてもみんなこうなってたもんだ。

☆類義語☆
二週目、引き継ぎ


●つり【釣り】
釣り餌や釣竿、ロッドアクション、ボタン連打を駆使して魚を釣るシステム及びミニゲーム。
ミニゲームの場合、釣り上がる獲物の大きさや種類に優劣があり、
それに応じたポイントや景品、または魚そのものを得ることができる。
また、ポケモンでは水属性ポケモンを釣り上げて戦闘・捕獲することができる。
たまにゴム長靴や人面魚、怪生物が釣り上がるのはお約束。

☆釣りが楽しめるRPG☆
ぬし釣りシリーズ、BOFシリーズ、サモンナイトシリーズ、ポケモンシリーズ など

☆関連語☆
釣りRPG ミニゲーム


●つりばし【吊り橋】
地上数百メートルの高さの断崖絶壁などに架かっている、腐ったロープと板のこと。
上に乗る→ロープを切る→落下する→崖下になぜか流れている川へダイブ、という手順で
主に川下に存在する辺境の村や一軒家等へのワープポイントとして使用する。
これを見つけたら、まもなく新たな町で新たな出会いの予感。
また逆に、最初から切れた状態で登場し、
それを補強修復する事でプレイヤーの行動範囲を広げるケースもある。

☆使用例☆
と、とんでもねえ高さだ…!この____から落ちたら一巻の終わりだな…!


●つり-ろーるぷれいんぐげーむ【釣りRPG】
パックインソフトのぬし釣りシリーズを指すジャンル。
曰く「釣りゲームとRPGの融合」らしいのだがRPG的な要素はおまけ程度。
動物などと戦って経験を増やし、体力を増やすことができるのだが、
あまりに殺しすぎるとその動物が絶滅してしまったりする諸刃の剣。
ランダムに移動する攻撃箇所を選択し、弱点箇所を攻撃できるという
システムはなかなか面白いが、これでしっかりRPGをされたらやはり不評に終わっていたか。
PS番やアドバンスなどでは魚を釣っても経験値がもらえるシステムに変更。
「釣りRPG」の文句に相応しくなったが、戦闘要素が薄くなってしまった。
酷評しているように見えるが、ライトな釣りゲームとしては優秀なぬし釣りシリーズ。
まったりと川釣りor海釣りを楽しみたいなら買ってみてはいかがだろうか?

追記:カプコンのブレスオブファイアシリーズを指す事も。
1では重要アイテムを手に入れるための行為でしか無かったが、2でミニゲーム化。
3でロッドアクションの要素が追加され、4では釣りコンに対応するまでになった。
プレイヤーは大物・レア魚をゲットするためにシナリオそっちのけで釣りに勤しみ、
プレイ時間の半分以上は釣りをしていた時間だ、という者も少なくない。
因みに5ではその世界観にそぐわない為か釣りが一切無くなり、大顰蹙をかったこともある。


●つるぎ【剣】
RPGで広く普及している武器。
RPGでは他の種類の武器をさしおいて最強の場合が圧倒的多数。
見栄えがよいのはわかるが、超接近戦では短剣、開けた場所では槍や弓のほうが強い。
場所を選ばず使えるから強いのだろうか?
祭器としても使われていた経緯からか特殊能力が他の武器に比べて付加されていることが多い。

☆関連語☆
武器、アイスソード、村正


●つんでれ【ツンデレ】
>エロゲーヒロインの属性のひとつ。
>ストーリー開始時は主人公にツンツンした態度を取るが、なにかの
>きっかけでツンツンの中にも隠し切れない照れを見せる、あるいは
>反転して急速にデレデレするようになる女性。 あるいは、そのさま。
上記引用元・2典(http://www.media-k.co.jp/jiten/)

最近ではエロゲに限らず、普通のまともなRPGにおいても普通に登場する事になったヒロイン属性。
よくあるパターンとしては、主人公と同じ職場のライバルとか、
貴族or王家のお姫様とか、敵の暗殺者とか・・・なぜか幼馴染なのにツンデレとかいうのさえある。
メインヒロインではなく、サブヒロインにつく事が多い。
攻略不可の女性キャラにツンデレ属性がついていると・・・デレになった瞬間に死亡フラグが立つケースが多い。
なお、テイルズオブリバースにおいて年齢差25歳(男40歳・女15歳)という犯罪的ツンデレシナリオが出されたが、おそらくこれ以上の年齢差ツンデレは全年齢シナリオではないのではなかろうか・・・


戻る